1:ななしさん 2019/10/10(木) 23:46:46.35
news1(韓国語)

80代の日本のお婆さん、日本軍 “慰安婦” ハルモニに「すまない」
彫刻家のキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻、作品の意図・企画展再開の感想を明らかに

「私は82歳の日本のお婆さんです。韓国で(日本軍 “慰安婦” )ハルモニに会ったら伝えてください。“申し訳ありません、許してください” と。これが日本のお婆さんの気持ちです」

9日の午後、愛知県文化芸術センター12階のアートスペースAで行われた『平和の少女像』の作家、キム・ソギョン(54)、キム・ウンソン(53)彫刻家の講演が終わると、すぐにあるお婆さんが近付いてこのように語った。

▽ある日本のお婆さんが、あいちトリエンナーレ企画展『表現の不自由展・その後』関連の講演に参加して、『平和の少女像』の作家であるキム・ウンソン、キム・ソギョン彫刻家に、日本軍 “慰安婦” ハルモニに申し訳ないと涙を流している
no title

車椅子に座っていたお婆さんは二人の彫刻家に近付いて、「申し訳ない」という言葉を繰り返して頭を下げた。キム・ソギョン作家はお婆さんをぎゅっと抱きしめ、キム・ウンソン作家は一緒に頭を下げて手を取り合い、「必ず伝えます」と話した。

このお婆さんは言葉を終えると車椅子に戻って座ったが、再び立ち上がってキム・ソギョン作家に(日本軍 “慰安婦” )ハルモニに対する謝罪を伝えた。

9日、講演は8月1日開幕したが3日後に中断された後、去る8日の再開されたあいちトリエンナーレ企画展『表現の不自由展・その後』と、『少女像』の製作意図などについて話した。

講演には、キム・ソギョン、キム・ウンソン彫刻家と企画展の実行委員である岡本有佳、会田大也キュレーターが参加して、約150人の観客と取材陣が集まった。

二人の作家は、「表現の自由の不当性ついて知らせるために美術館前で展示を再開セヨと言ってデモしてくれた方々、自分の展示を中断してくれた作家、声明書を渡した作家と日本の多くの良心的な知識人に感謝する」と講演を始めた。

これらは中央(チュンアン)大学校・芸術大学の在学当時から、全斗換(チョン・ドゥファン)軍事独裁政権時代以降様々な学生運動を行い、「社会で扱いたくない話を直視して、公論化する作業を粘り強くしてきた」と話した。

『平和の少女像』もその作業の一つだという。






二人の作家は少女像が作られた背景と意味、その後社会的に変わった様子と日本政府の圧力などに関しても打ち明けた。

講演に来た人々は二人の言葉に耳を傾け、写真を撮った。しばらく目を閉じて少女像の痛みについて考える70代年の高齢者もいて、紙に講演内容を書く人もいた。

二人の作家は日本軍だけでなく、韓国軍も過ちを犯したことがあるとし、単なる反日感情のために少女像を製作したのではないという立場も明らかにした。

キム・ソギョン作家は、「韓国軍がベトナム参戦当時に民間人を虐殺した事件があったが、彼らに謝罪するために個人的に “ベトナムピエタ” の彫刻を作った」と言いながら、「彼らを記憶して記録する活動を行う計画」と話した。

キム・ウンソン作家は、「(日本軍慰安婦被害者の)ハルモニが(日本から)聞きたい言葉は一つ」と言いながら、「あなた方は間違っていない、我々が間違っていた。この言葉を聞きたいだけだ」と強調した。

一方、企画展『表現の不自由展・その後』は、あいちトリエンナーレの閉幕日である14日まで展示される。8日の再開日には抽選を通じて計60人だけ観覧して、9日と10日現在は一日に210人ずつ観覧が可能な状態だ。

10日の午前、70人の観覧客を選ぶ抽選にも500人に近い人々が集まった。

この前の8日には1300人余りが集中して、9日には1500人に達する人員が観覧を希望した。

http://news1.kr/articles/?3740066


9:ななしさん
>>これが日本のお婆さんの気持ちです

ほんとこういう連中って主語デカくするの大好きだな

40:ななしさん
そんなババアがいるか!

48:ななしさん
はいはい日本市民

49:ななしさん
韓流ババア

51:ななしさん
完全に仕込みです

57:ななしさん
アホ草

59:ななしさん
「日本のおばあさんです」と自己紹介する日本人なんかおらんわw

74:ななしさん
在日のおばあさんだろうね