857592e11:ななしさん 2019/05/06(月) 18:37:52.95
機械翻訳

2019.05.06 午前11:43

危機の小商工人である。 1年間の売上高は、平均30%以上下落した。 小商工人の3人に1人の割合で、最近1年間の間に休業や廃業を考慮したことがあり、これらの80%近くは老後の対策もしっかり用意されていないことが分かった。


中小企業中央会は6日、小商工人500社を対象に「小商工人の経営実態と政策課題調査」を実施した結果、調査対象の33.6%が、最近1年以内に休業・廃業を考慮したことがあると答えたという。 考慮したことがないという回答は66.4%であった。

休業・廃業を考慮したことがあるが、実際に廃業をしていなかった理由(複数回答)としては、「買い手なし」が63.1%で最も多かった。 続いて「廃業後の負担」58.9%、「権利金回収の難しさ」41.1%などの順だった。

このように廃業が近い中で、廃業または退職後に備えた事業回復・老後の生活の安定のための準備ができている企業は18.0%に過ぎず、小商工人廃業後のためのサポートが必要であることが分かった。

今年の体感経営収支については、全体の80%が悪くなったと答えた。
「非常に悪化」が48.2%、「やや悪化」が31.8%であった。 「良くなった」という回答は2.2%に過ぎなかった。

小商工人77.4%が売上高が減少したと答え、これらの平均売上高の減少幅は32.6%に達した。経営収支悪化の原因(複数回答)としては、「消費心理の萎縮に伴う販売不振」を挙げた回答が83.5%で最も多かった。 続いて「材料費原価上昇」27.8%、「同じ業種の小商工人間の競争激化」27.3%、「人件費の増加」22.3%などであった。

第二4四半期以降の見通しについても「悪くなる」という否定的展望が59.6%に達した。 好転時期についての質問には、「好転不可」という答えが53.4%を示し、
「2022年以降」が21.1%、「2021年以降」が14.4%を占めた。 今年の人材運用計画と関連し「増員する」という回答率は1.4%、「減らす」は、回答率は3.4%と分かった。




一方、ほとんどの小商工人は、1週間に6日以上営業していることが分かった。 「6日の営業」が47.6%、「7日営業」が30.8%であった。 一日の平均営業時間も'11時間以上」という割合が40.4%に達した。

小商工人・自営業の経営活性化と競争力の確保のために必要な支援策では、「資金調達の拡大と税負担軽減」という答えが51.8%であり、続いて「大企業の小商工人の領域への進出制限」が25.2%であった。

キム・ギョンマン中期中央会の経済政策本部長は、「我々の経済の根幹である小商工人が思ったより困難な状況に陥ったことが分かった」とし「消費萎縮と内需不振を克服し、経済活力を回復するための根本的な対策が必要だ」と述べた。

http://www.fnnews.com/news/201905061128261202

2:ななしさん
廃業 はいぎょう らら~ら~ら

10:ななしさん
まさに天災!

12:ななしさん
ムンを信じなさい

14:ななしさん
文大統領を信じれば大丈夫
そのうち上向く
死ぬまで信じろ

16:ななしさん
爺さんが徴用工だったとかが激増するな。

17:ななしさん
財閥あるから平気平気

20:ななしさん
支持率50%だからまだまだ大丈夫

23:ななしさん
ムンってまだ任期3年くらいあるんだっけ?w

もう何やってくれるか楽しみでしょうがないwww

24:ななしさん
反日があれば幸せだから問題ない

30:ななしさん
まだこれ始まりでしかないんだけど

31:ななしさん
>>1
頑張れ
自分たちで選んだんだロ???

38:ななしさん
経済の天災ムン とどめの逆噴射 はよ

42:ななしさん
まるで民主だ
まだまだ続きます