1:ななしさん 2019/04/04(木) 18:02:27.78
2019-04-04 16:03  [イーデイリー]

国際連合(UN)傘下の世界食糧計画(WFP)のデビッド・ビーズリー事務総長は、西側諸国が対北朝鮮制裁とは別に人道的次元の対北支援に乗り出すと訴えた。

ビーズリー事務総長は3日(現地時間)、英国ガーディアンとのインタビューで、専門家を派遣し、北朝鮮の農村の状況を調査した深刻な食糧難に直面していると明らかにした。 WFPの調査結果によると、昨年の洪水と猛暑で、北朝鮮は、小麦、米、ジャガイモ、大豆など約140万トン(t)に達する食糧不足の事態を経験している。 先に国連の対北制裁委は、北朝鮮の人口の40%に相当する1100万人の人々が栄養失調状態で、子供5人に1人が発達障害を抱えているという報告書を発表している。

ワシリー事務総長は「6月に飢饉が開始されるまで、私たちが何をしなければ、子供たちが飢え死ぬことになるだろう」とし「ロシアは小麦5万tを送ることにし、中国も食糧支援を準備中」と説明した。 彼は続いて「西側の多くの篤志家も北朝鮮を助けることができるように制裁が解除願っている」と付け加えた。

ビーズリー総長は「政治を離れ子供の命の問題にホワイトハウスと西側世界が関心を払う必要があり」とし「私たちがしようとするのは、(北朝鮮)体制を助けようとするのがなく、ただ政治のために飢え罪のない子供たちのためのもの」と付け加えた。 彼はこの問題と関連し、北朝鮮の指導部と率直な対話を交わした支援を受けるためには、独立した評価が必要であること、北朝鮮指導部も納得して自分たちが要求したすべての資料を公開したと述べた。

国際社会は、北朝鮮に対する軍事・経済的な制裁とは別に、インド的な支援は許容している。 しかし、北朝鮮との非核化交渉に乗り出している米国は、事実上、人道支援を遮断して、北朝鮮に圧力を強化している。 ビーズリー事務総長は、「北朝鮮が制裁緩和を求めていることは疑う余地がない」とし「もし制裁緩和を行うことができない場合は、国境の産業地帯など中立地帯でもサポートをしてくれる方法を検討しなければならない」と述べた。 米国サウスカロライナ州知事出身のビーズリー事務総長は、ドナルド・トランプ、米国大統領の支持者として知られている。 「

トランプ大統領がこの問題に介入すること思うかという質問に、ビーズリー事務総長は「寄付国に状況を認識させている。 私たちは、今の状況把握の過程中にあることを発表した」とだけ述べた。 WFPは、北朝鮮の児童を支援するために、最近、米国のドナルド・トランプ政権、北朝鮮の児童への食糧支援を要請したことが分かった。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=018&aid=0004346178&date=20190404&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=104




2:ななしさん
豚食え豚

7:ななしさん
まず、指導者に言うのがよろしい。

9:ななしさん
ミサイル食えばいい

10:ななしさん
指導者は肥満で困ってそうだが…

12:ななしさん
南朝鮮から支援して貰え
ムンムンならメシも金も女も国籍もくれるぞ

14:ななしさん
統一しろよアホ

18:ななしさん
>>1
ミサイル打つ金あるんだから支援しなくていいの

23:ななしさん
>>1
'`,、('∀`) '`,、

28:ななしさん
まーた核開発費ガメようとしやがって

32:ななしさん
ムンおじさんがトラックで駆け付けるぜ

35:ななしさん
南進で解決

37:ななしさん
核兵器やミサイル作る金はあるんだろ
それを民衆を食わせるために使えば済む話やん

39:ななしさん
子供の命を盾にしてんのはどっちだよ(嘲

42:ななしさん
知らん振りの左巻き。何か言えよ

58:ななしさん
でもリムジンを買う金はあるんでしょう

67:ななしさん
>>1
あえて言おう

知らんがな(´・ω・`)