1:ななしさん 2019/02/05(火) 12:02:46.33
米州韓国日報(韓国語)

『統一韓国を現わす巨大な図版や、6.25(朝鮮戦争)で犠牲になった参戦勇士を称える象徴物を目にすると思っていた。しかし、代わりに目に入って来たのは巨大な独島(トクド)の写真だった。韓国と日本の領有権紛争の中心にある島である」

国際戦略研究所(IISS)のアレックス・ニール研究員が大韓民国の国防部庁舎を訪問した。その時に出くわした光景に対する描写である。驚きを超えて当惑したというのが彼の隠しきれない表現である。

北韓(北朝鮮)の核の脅威が高まり続けている。そして腕力を誇る中国はさらに大きな脅威である。その北東アジアで韓国と日本は市場経済を追求する自由民主主義体制である。共にアメリカの同盟国である。そのため期待する事はより緊密な2か国間の安保協力である。

ところが韓国の国防部で目撃したのは、日本との一戦を辞さないという臨戦態勢の雰囲気である。文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする政治リーダーシップは公然と、『抗日意志』を燃やしている。大韓民国の主敵は北朝鮮ではなく、日本になったという事だろうか。

野戦ジャンパーを着て隷下部隊を訪問して、日本が挑発すれば強力対応するという韓国国防部長官の姿もそうである。その言葉は、『大韓民国の主敵(日本)』との『交戦不辞』と映るのである。

韓国の久しい友邦だった日本が背を向けている。時期が来れば政治的便宜(?)によって発生していた過去史(歴史)紛争のレベルではない。軍事安保関係さえも揺らぎ、両国の軍事関係は今やレッドライン(red line)に立っている危険な状態である。一歩前に出れば戻る事ができない状況である。

いつから始まったのだろう。昨年末に東海(トンヘ=日本海)で低空飛行した日本の海上自衛隊哨戒機に対し、韓国海軍の駆逐艦である広開土大王艦(クァンゲトデワンハム)が射撃統制用レーダー波を放った。日本は韓国駆逐艦が自国の哨戒機を威嚇したと主張、韓国は否認した。結局、真実ゲームに入ったが、究明は容易でなかった。

実際に以前は特に問題でもなかった。そのような偶然の単純事件がこのように大きくなったその水面下では、さらに大きな要因が潜伏している。その要因を韓国はこのような形で解釈している。「日本の指導者が国内の政治的目的のため、自国民の反韓感情を刺激して利用しようとしている」。間違った指摘ではないようである。「韓国を犠牲(生贄)にして軍備増強の名分を確保したい」、「哨戒機問題の背景には安倍総理の宿願である改憲問題がかかっている」などの言葉が日本からも出ているからである。

しかし、彼よりも根本的な原因は、文在寅政権のマイウェイ式安保政策と意図的な反日感情の助長から見いだせるというのが観測筋の指摘である。

「韓国社会にはただでさえ反日情緒が蔓延している。そのような場所に文在寅政権は、その反日感情を刺激するポピュリズム戦略を駆使してきた。その結果と見られる」。アメリカの国際問題専門家であるダニエル・ピンクストン(Daniel Pinkston)の言葉である。

経済は火の車である。微細粉塵で環境安保も危機に直面している。これと共に文在寅大統領の支持率は下がり続けている。その打開策として文在寅政権は反日感情を煽り立て、日本を贖罪羊(スケープゴート)にしているのである。問題はこれは近視眼的な上に、韓国の国家の理解には全く役立たないというが数多くの説明である。

亜洲(アジュ)大学校の国防問題専門家であるヤン・ウク教授も同じ指摘をしている。国内の支持率を上げるために日本問題を利用しているというのである。言い換えれば、日本を大韓民国の生存を脅かす存在であるかのような『敵作り』に没頭しているという事である。 続く

http://www.koreatimes.com/article/1229177





2:ななしさん
>>1の続き

韓日軍事安保関係が破局直前まで進んだのには、さらに根本的な理由がある。戦略設定の方向性で韓日両国は正反対を志向しているのである。日本はアメリカ主導のインド-太平洋戦略に積極的に参加している。一方で韓国は中国を意識してインド-太平洋戦略に参加せずに、中国の一対一路に参加するという方針である。

このような方向設定で文在寅政権は、北朝鮮政策を従来の韓米日の三角同盟の構図から脱し、南北中3角軸に向かっている。その状況で日本が両国の安保を威嚇する北朝鮮の中・短距離ミサイルに対する韓日協力を提案すると、すぐに拒否をした。日本は結局、『衛北斥日を文在寅政権の路線と認識』、韓国との安保軍事努力を事実上放棄しているという事である。

ではここで韓日両国の安保戦線の貸借対照表(バランスシート)を検討してみよう。韓国に背を向けた事で日本の同盟戦線に異常が発生したのだろうか。アメリカとの同盟関係はさらに仲が良くなった。それにがオーストラリアやイギリス、EU、インドなどで同盟戦線の外縁はさらに広がった。

韓国は唯一の同盟であるアメリカとも外交的対立をもたらしている。アメリカが要求する10億ドルの防衛分担金をあくまで拒否し、1兆ウォン(8億9,400万)だけ出すというのである。その姿勢がいかにも傲然である。そのためこのような疑心も過る。文在寅政権は防衛費分担対立をきっかけに、在韓米軍撤収を内心望んでいるのではないのか。

「全ての戦略には “出口戦略(exit strategy)”というものを備えている。文在寅政権の政策ではそういうものが見えない」。アジアタイムズの指摘である。

よく強迫症状と民族共助の幻想の中で、孤立を自ら加速化させている文在寅外交。その究極の終着地は一体どこになるのだろうか。

<オク・セチョル論説委員>


8:ななしさん
韓国の久しい友胞とかキモい

17:ななしさん
何もかも手遅れw

19:ななしさん
全て韓国が自ら招いたことだから気にするなよ

25:ななしさん
>>1
時既に遅し

27:ななしさん
世界が韓国から孤立しているんだ。
気にするな。

30:ななしさん
日本が孤立言いまくって実は自分達が孤立してたというオチ

160:ななしさん
メルケル南朝鮮に行かないの?(笑)

182:ななしさん
韓国に対する愛はないのか!

256:ななしさん
ムンくんを信じてあげて!

300:ななしさん
反日が足りない

50:ななしさん
外交の天才なんだから大丈夫だ信じろ