8e0efa091:話題のニュース 2018/09/09(日) 07:33:43.27
産経新聞

ウェブサイト「朝日新聞デジタル」の慰安婦問題に関する英語版記事2本がインターネット検索できない設定になっていた問題で、同じ内容の日本語の記事1本にも、利用者が特定ウェブページを訪問することを防ぐようにする「メタタグ」が埋め込まれていたことが分かった。この記事は公開当時は検索可能な設定だったが、後からメタタグが埋め込まれていた。

朝日新聞広報部は「8月23日に英語版のタグについて産経新聞の取材を受けた際、日本語版の記事についても確認作業をした。その際に配信システムの操作を誤り、記事の設定が変わっていたことが分かった」と説明した。すでにメタタグは削除され、検索できるようになっているという。

新たにメタタグが見つかったのは、平成26年8月5日付朝刊の特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載され、同日中に朝日新聞デジタルで公開された「『挺身隊』との混同 当時は研究が乏しく同一視」という記事。過去の記事で慰安婦を「『女子挺身隊』の名で前線に動員された」などと説明した部分について「全く別」とした上で、「当時は慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから誤用しました」と説明していた。

過去のウェブサイトを自動的に保存するサービスでの確認によると、検索回避のメタタグは昨年9月10日までなかった。

また、この記事は「2019年4月30日16時23分」に公開が中止される設定になっていた。朝日新聞広報部は「朝日デジタルの記事の大半は一定期間を過ぎると公開されなくなる。慰安婦問題の記事は長期の公開が必要と考え、2016年4月に仮の設定として公開期限を2019年までとした」と説明した。

一連の記事にメタタグが埋め込まれていたことは、AJCN代表の山岡鉄秀氏が見つけた。慰安婦関連の英語版記事の修正を求める活動を、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏らとともに行う中で、検索を回避する設定の存在に気づいたという。

メタタグは、ウェブページの情報をグーグルなどの検索エンジンに提供するキーワード。検索しにくくしたり、逆に検索されやすくすることができる。通常はウェブページ上には表示されず、第三者が書き換えることはできない。

 問題の記事はいずれも「noindex」「nofollow」「noarchive」の3つのメタタグが埋め込まれ、検索できなくなっていた。




3:ネットの反応
姑息

5:ネットの反応
設定ミスってのが嘘だった可能性が濃厚ってことだね

52:ネットの反応
>>5
濃厚ではなく100%

7:ネットの反応
意図的だったと

8:ネットの反応
つまり朝日新聞の説明はウソであると

9:ネットの反応
ひでーな。クソ朝日新聞。
新聞って名乗るのやめろよ。

10:ネットの反応
あら、これで
社内チェックのために最初は検索回避して公開して後から外すつもりだったのを忘れてた
って言い訳も使えなくなったのか

171:ネットの反応
>>10
使えなくなったというか、嘘吐いたことに対する謝罪と改めて説明する必要が出てきた。

11:ネットの反応
英語版の言い訳は真っ赤な嘘だった

13:ネットの反応
産経しか載せないな
情けないな
まぁネットがあるから拡散はしてるが

16:ネットの反応
報道機関の挟持はある訳無いよな

21:ネットの反応
社長の謝罪会見はまだですね

22:ネットの反応
嘘しか言わないってのも立派な芸だわ朝日さん

25:ネットの反応
朝日新聞は、国民の敵

26:ネットの反応
>>1
わざとだな。

27:ネットの反応
卑怯者朝日新聞

33:ネットの反応
こんな事やってるから信頼されなくなっていくというのに

34:ネットの反応
そもそも故意であったことが証明されたな

37:ネットの反応
どこまでも下種な朝日新聞

38:ネットの反応
第三者委員会を立ち上げて、責任の所在をはっきりさせろ。

42:ネットの反応
とことんクズな奴らだな。

44:ネットの反応
言い訳が苦しすぎるわ。いい加減認めろ糞新聞

45:ネットの反応
姑息とは、こういうことを言うのだな

57:ネットの反応
つまりは嘲日もネットの影響力におびえてるってことだな。

60:ネットの反応
アカヒは日本国民の敵です