no title話題のニュース 2018/08/21(火) 20:50:24.23
ハンギョレ新聞(韓国語)

「私たちはどこでも『ファイティング(Fighting)』と叫ぶが、それは日本軍国主義時代の残滓です。戦おうという日本式英語『ファイト』からきた言葉なのでスポーツに似合いません」

去る19日、2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会参観のためにインドネシアを訪れたチョ・ジェギ国民体育振興公団理事長は国内取材陣と会ってしばらくこの様な趣旨の話を熱弁した。

1976年モントリオールオリンピック柔道男子無制限級銅メダルリストで、その後、永く故郷の釜山(プサン)東亜(トンア)大でスポーツに関する研究をしてきた彼は「日本ではファイトという言葉は1964年の東京オリンピック以後、無くなったが私たちはまだ使っている」と主張した。

チョ理事長はさらに国民体育振興公団といわずにそのまま体育振興公団といわなければなければならないと強調した。国民という言葉は日帝強制支配期の「皇国臣民」からきた言葉だからという。





とにかくファイティングは実際スポーツには似合わない言葉だ。英語式表現としても適していないが、韓国選手は国際大会に出場する前にメディアのイベントや試合に先立って善戦を祈ってファイティングと叫ぶ。酒の席で乾杯する時もファイティングがしばしば登場する。

私たちにはこれに代えるすばらしい言葉がある。たとえば「ウラチャチャ」の様な言葉だ。国語辞典には「頑張ろう」という意味の感歎詞とされている。これと似た言葉に「アジャ」がある。

スポーツ用語の中には日本残滓が少なくない。たとえばワールドチャンピオンシップを意味する世界選手権大会も日本式表現だ。選手権という表現は本当に気に障る。全国体典も日本式表現だ。大韓民国体育大会がさらに似合っているといえる。

中国人は競技場で応援する時、油をぶっかけろという意味の「加油」を叫ぶ。純粋な中国式表現だ。試合団体を管掌する大韓体育会次元でファイティングなどの用語に対する整理が必要なようだ。

チョン・ヒドン韓国体育記者連盟会長はこれと関連して「アジア大会後、体育会、体育振興公団とフォーラムを開いて議論してみる」と話した。

ジャカルタ/キム・ギョンム選任記者
http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/858587.html

ネットの反応
はいはい、なんだっていいからさっさと全ての「日帝残滓」を消し去って
原始人の生活に逆戻りしてくれ

ネットの反応
日帝残滓とか言ってたら語彙の8割くらい消えるだろ

ネットの反応
< `∀´> パイテン!!!

ネットの反応
なんで敵性言語を日本軍が使うんだよアホかw

ネットの反応
いちいちうるせー

ネットの反応
ムンムン!ファイティン!

ネットの反応
日本でそんな敵性語を使ったら非国民とみなされて特高に連れてかれたんじゃ

ネットの反応
英語は韓国が作ったからセーフだろ

ネットの反応
デーンパミンジョク ドドンガドンドン

ネットの反応
完全に病気ですね (呆)

ネットの反応
ヘッディーン
シューティーン
イーチャンスだ~

ネットの反応
空手から生まれたテコンドーも日帝の残滓だろ 

ネットの反応
朝鮮人はテーハミングでおk
no title

ネットの反応
それ言ったらマンセーも残滓じゃね?

ネットの反応
パイテング原田

ネットの反応
言葉を棄てていくスタイル

ネットの反応
ファイティング原田も軍国主義のたまものだったのか。
全くの初耳だわw

ネットの反応
わけがわからない