大谷衝撃の2勝目 7回1安打無失点毎回12K快投
日刊スポーツ

<エンゼルス6-1アスレチックス>◇8日(日本時間9日)◇エンゼルスタジアム

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が衝撃の2勝目を挙げた。本拠地で投手デビューを果たすと6回までパーフェクト。7回1死後に初安打を許したが7回を1安打無失点、毎回の12三振を奪った。

 敵地で初登板初勝利を挙げたアスレチックス戦にホームのロサンゼルスで初登板。1回の立ち上がり、3者連続三振に仕留め地元ファンを熱狂させた。

 2回も1三振を奪い3者凡退。3回も2三振を奪い3人で料理。4回も三振を奪い3者凡退。5回は3者連続三振の快投。6回も1三振を奪い3者凡退。6回まで1人の走者を許さず11三振を奪うあっぱれな快投。

 7回1死から2番セミエンに左前に初安打を許すと、ここまでの快投をねぎらいファンから拍手。続く3番ローリーに四球を与え初めてピンチを招いたが最後は5番オルソンを142キロのスプリットで空振り三振に仕留めガッツポーズ。7回を1安打無失点に抑えた。

 1930年に投手で1勝、打者で3試合連発を記録したベーブ・ルースをも超えた。大谷フィーバーはさらにヒートアップしそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00174241-nksports-base

 1日1クリックで応援してね → 

他サイト最新ニュース



▼韓国人の反応

[今日のMLB】(4.9)大谷12K1被安打無失点2連勝

http://sports.news.naver.com/mlb/news/read.nhn?oid=224&aid=0000004025&m_view=1&sort=LIKE

100年に一度出てくる天才だ。



オープン戦とは完全に違う状況だね(笑)



私たちは大谷の時代に生きている



ゲソムンやガセンギのグクポンが最も嫌がるニュース
(※ゲソムン、ガセンギ:海外の反応を翻訳する韓国サイト。主に日本のニュースを扱う)



ファンとして今年の大谷の記録が本当に気になる 10勝10本塁打は無難にいきそう



グクポンたちは今度は何て言うんだ?「ノーヒットノーランできなかった」か?(笑)



1ヶ月前の大谷記事についたベストコメント
「一度マイナーリーグに送って、お前をメジャーに上げるべき理由をプレゼンテーションしろ」



日本は当然で、米国でも今大騒ぎだ。



体型からアジア人という感じがしない。白人の中でも最上級の体型である。



神日本>>>>>>>>朝鮮人



国籍を問わずリーグ問わず、野球ファンとしてこのような大谷の活躍を見ているだけでも楽しい〜



漫画メジャーの「茂野吾郎」もメジャーリーグでは投手のみだった。これはナンセンスなキャラクターだ



大谷「リュ・ヒョンジン、自ら克服しなければ...」(笑)
(※オープン戦で不調の大谷に韓国人メジャーリーガーのリュ・ヒョンジンが「大谷、自ら克服しなければならない」と助言したことをネタにしている)



この子の記録と比較するには、1910年代の野球草創期の時に戻らなければならない。


 
キム・テギュン年俸>>>>>>>>>>大谷年俸



オープン戦の時批判してたグクポンたちはどこ行ったの?大谷はバブルと書いてた奴らはどこ行った?



ルースの再臨



ルースはただ象徴に過ぎず、現代野球で投打に活躍するというのはナンセンスだ
10-10を達成すれば無条件でMVPを与える必要があります



日本より私たちが優れているもの 私たちにはサムスン電子がある



監督はどれくらい嬉しいだろうか(笑) 値段は安く上手で人気も凄く



ゴッド谷そのもの