2017090801622_01: ねこ名無し ★ 2017/09/10(日) 15:33:52.31
慰安婦映画『鬼郷』監督「知らなかった罪、映画で償わなければ」
朝鮮日報 9月10日

「米国、日本、ドイツ、フランス、カナダ、インド、香港…10カ国61都市を回り、米議会を含め約1500回上映会を開きました。行く先々で『本当にこれはすべて事実なのか』『後続作はないのか』と聞かれました」


日本による植民地支配時代に従軍慰安婦だった女性たちの物語『鬼郷』(2015年)を手がけたチョ・ジョンレ監督(44)は「そのたびに言葉で説明するのには限界があった」と言った。

「知識人たちでさえ従軍慰安婦制度を戦時集団性的暴行程度の偶発的・付随的損害だと誤解していました。自然な流れで、映画の中の少女たちの話や、その土台となったおばあさんたちの証言をまとめてドキュメンタリーとして再構成することになりました」。

その結果が14日に公開される『鬼郷:終わらない物語』だ。監督は「映画よりも現実の方がはるかに残酷だったことを知らしめる『映画で作った証言集』です」と言った。

『鬼郷』を359万人の観客が見たのは、いわば奇跡だった。テーマが重く、当初は投資が受けられなかったが、市民約7万5000人が少しずつ出し合って製作費を補った。広報にも困難があったが、観客たちが立ち上がって映画館側にスクリーンを確保するよう訴えた。

チョ・ジョンレ監督は『草の根の支援がすごかった。韓国国民の力でした」と言った。

ヒット映画の監督になり、少しはもうるかと思っていたが、そういう訳でもない。制作会社に入った収益は約100億ウォン(約10億円)。そのうち80億ウォン(約8億円)を小額投資者たちに投資額に応じて分配した。

ノーギャラで出演した俳優たち、苦労したスタッフたちにインセンティブを渡し、元慰安婦たちが暮らす『ナヌムの家』にも5億ウォン(約5000万円)寄付した。全部配り、残ったお金で世界中を回り、無料上映会を開いた。今残ったのは3000万ウォン(約300万円)くらいだという。

隣にいたノ・ヨンワン制作室長(28)に「社員たちのことも少しは考えなければならないのでは」と言ったところ、「もともとこういう会社だと分かっていて入りました」と笑った。

ノ・ヨンワン室長は大学生の時に慰安婦を描いた舞台公演を手がけ、集まった寄付金5万ウォン(約5000円)を映画『鬼郷』に投資した縁でチョ・ジョンレ監督と一緒に仕事をするようになった。

チョ・ジョンレ監督は「2002年にナヌムの家に初めてボランティアで行く前まで、私は何も知りませんでした。慰安婦という言葉も聞きたくなかったし、避けたかったし…。

ところが、おばあさんたちの言葉を直接聞いてがく然としました。病魔と闘いながら自身が経験した悲劇を繰り返し話すおばあさんたちがどれだけつらいことか。私も無知だったという罪を償おうと努力しているが、おばあさんたちの使命感には足元にも及びません」と話す。

また、監督は「女性の体を加虐的にさらし、民族感情を商業的に利用している」という批判にも答えた。「まず、おばあさんたちの証言集を読んだり、ナヌムの家で直接聞いたりしてほしいです。それでも同じ考えならば、その責任と非難は私が生涯、抱えていかなければなりません」。

元慰安婦たちの話をさらに世界に伝えることに最大のやりがいを感じるという。「売国奴と言われながらも日本での巡回上映会を手配した日本の市民運動家たちも尊敬に値します。『日本の将来のためにもおばあさんたちの前で謝罪せよ』と言う方たちの声に、日本政府も耳傾けるべきでしょう」。

『鬼郷』ヒット後、商業映画の監督になってほしいというオファーもあったが、断った。次の作品も元慰安婦たちのドキュメンタリー映画だ。「実は私はナヌムの家のボランティアの1人に過ぎません。できることと言えば映画しかないから、おばあさんたちの『恨(ハン=無念の思い)』が晴れるまでずっと、映画でおばあさんたちの話を伝えたいです」。

 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/08/2017090801726.html
 

1日1クリックで応援してね →

他サイト最新ニュース



2: ねこ名無し ★
>>1の続き)

韓国映画『鬼郷』の監督「日本で上映、多くの日本人が泣いた」
中央日報 9月6日

慰安婦を扱った韓国映画『鬼郷』のチョ・ジョンネ監督が日本で映画を上映した経験を明らかにした。

チョ・ジョンネ監督は5日午後、ソウル龍山(ヨンサン)CGVで行われた『鬼郷:終わらない物語』(原題)のメディア配給試写会および記者懇談会で「本作を一度上映するたびに一人の魂が故郷に戻っていくと考えた。日本で上映する時、多くの日本人が泣いた。反省する日本人にもたくさん会った」と話した。

続いて「青い目の外国人は映画を見て強い衝撃を受けた。『果たしてこれは事実なのか』という質問をたくさん受けた」と付け加えた。

また、チョン監督は「その時から今回の映画をすぐに準備し始めた。まだ解決されていない問題を明らかにし、悲惨な苦難が事実だったことを改めて世界に伝えようと思った」と述べて、今回の作品を制作することになったきっかけを明らかにした。

『鬼郷:終わらない物語』は、昨年公開されて17日間ボックスオフィス1位、358万観客を動員した『鬼郷』にビハインドストーリーと旧日本軍慰安婦被害者の証言を加えたディレクターズ・エディションだ。今月14日公開。

映画『鬼郷:終わらない物語』(原題)のポスター
20170906102311-1


http://japanese.joins.com/article/105/233105.html
 

元スレ:・【韓国】慰安婦映画『鬼郷』監督「『恨(ハン=無念の思い)』が晴れるまで映画で話を伝えたい」「日本で上映、多くの日本人が泣いた」

4: 東亜のななし
だが観客動員数は内緒

7: 東亜のななし
単にこの手の話を聞いて泣きたい連中が観に行って泣いただけ

8: 東亜のななし
嘘ばっかりの映画な

9: 東亜のななし
ドラム缶につめて米軍基地まで運ぶシーンで泣いたわ

10: 東亜のななし
×多くの日本人が泣いた
○多くの日本市民が泣いた

13: 東亜のななし
証拠は自称慰安婦の証言とこの映画ニダ!

17: 東亜のななし
キムチ悪い

19: 東亜のななし
馬鹿馬鹿しさに笑って涙が

21: 東亜のななし
息をするように嘘を吐く朝鮮人

25: 東亜のななし
多くの日本(風な苗字の)人が泣いた

27: 東亜のななし
戦時でもなく強制されてもいないのに外国で働いてる現代の慰安婦のこともたまには思い出してください

30: 東亜のななし
すげーなw
全然知らないわwww

33: 東亜のななし
この国はこんなことやってる場合じゃないんだが

34: 東亜のななし
多くの日本人?
韓国人のいうところの300人くらいか?

38: 東亜のななし
恨?
きっしょ

43: 東亜のななし
在日チョンね。

52: 東亜のななし
滅ぼそうヒトモドキ

77: 東亜のななし
慰安婦を強制連行もしていないし、虐殺もしていない
完全にでっちあげ映画

78: 東亜のななし
恩は3秒くらいで忘れるくせに

67: 東亜のななし
ヘリコプターとジープで連れ去られたシーンに泣いた