14532735379191: 鴉 ★ 2017/11/19(日) 18:22:49.97
読者の提言:在外同胞を一つにする施設を建設しよう
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

韓国には在外同胞のための共用の宿泊・接待用施設、あるいは適応のための研修施設といった空間がない。そのため毎年定期的に開催される「韓人大会」や「韓商集会」はホテルなど一般の施設を利用している。これでは在外同胞の愛族心、愛国心、愛郷心が弱まるとの懸念や不満も相次いでいる。しかも在外同胞第1世代は「お客さん」ではない。彼らの多くは血の涙を流しながら故郷の田畑と血肉の懐を離れざるを得なかった。いわば時代の犠牲者たちだ。

ところが祖国である大韓民国は彼らをぞんざいに扱っている。1986年のアジア大会や88年のソウル・オリンピックなど大きな国際大会が開催されるたびに、韓国は在外同胞から非常に多くの支援やサポートを受けてきたが、今はこの事実も忘れ去られようとしている。彼らはたとえ異国で息絶えたとしても、心は常に祖国にいたいと考えている。彼らのための「望郷の園」も、実は在外同胞の献金と奉仕によって建設されたものだ。

これまで在外同胞関連事業は一部の政治家や政府傘下の団体などによって行われたイベント中心のものばかりだったが、今後は世界の韓国人を本当に一つにするものへと生まれ変わらねばならない。そのために仮称「在外同胞母国本部」あるいは「在外同胞祖国憩いの場」の建設を提案したい。
韓国5000万人、北朝鮮2500万人、海外700万人の合計8000万人以上の韓民族の自信や誇りも、これによって一層具体的な形となって表されるだろう。

リュ・ギルスさん(小説家)

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2017111701913


元スレ:・【韓国】本国民が提言「祖国である大韓民国は海外の同胞をぞんざいに扱っている。韓国に同胞のための施設を建設しよう」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 鴉 ★2017/11/19(日) 16:20:06.75
「私も“慰安婦”にさせられていたかもという気がして…」
11/17(金) 8:13配信  ハンギョレ新聞

慰安婦ドキュメンタリー『沈黙-立ち上がる慰安婦』 

在日同胞 朴壽南監督
「1994年、韓国被害者20年の闘争史」
12月、渋谷を皮切りに日本全国巡回上映
1991年「ペ・ポンギさん初めての証言」ドキュメンタリー製作
「映画の上映さえ難しくなり故国の支援が切実」


「慰安婦被害者が12歳、13歳の時に連れて行かれたという証言を聞いて、もしかしたら自分も被害者になっていたかもしれないという気がした」

日本軍「慰安婦」被害者の1990年代の闘争と、現在の生き様を扱ったドキュメンタリー映画『沈黙-立ち上がる慰安婦』(『沈黙…』)を作った在日同胞の朴壽南監督(82)は20年余りにわたり慰安婦問題を深く掘り下げてきた理由について質問を受けるたびに、ほとんど同じ返事をする。


9日、東京で会った朴監督は、「慰安婦被害者の中には私と年齢が2~3歳しか違わず、同じ歳かほぼ変わらない年齢の人も多かった。もしかしたら、私自身もそうなっていたかも知れないと考えた」と話した。朴監督は1935年に日本の三重県で生まれた在日同胞2世だ。

『沈黙…』は昨年、韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭で初めて公開され、追加編集を経て来月12月に東京の渋谷で封切りした後、日本全国で巡回上映する予定だ。

朴監督が慰安婦被害者関連映画を作り始めたのは、26年前に遡る。朝鮮半島出身「慰安婦」被害者として初めて被害の事実を知らせた故ペ・ポンギさんのインタビューを扱ったドキュメンタリー『アリランのうたーオキナワからの証言』を1991年に発表した。日本で20万人の観客がこのドキュメンタリーを観た。キム・ハクスンさんが韓国居住慰安婦被害者としては初めて実名で証言したときよりも前のことだった。

最近作『沈黙…』は、1994年慰安婦被害者14人が日本に来て日本政府の賠償と謝罪を要求する活動をした際の記録と、生存被害者であるイ・オクソンさん(90)の最近の様子を見せ、慰安婦被害者の長く厳しかった闘争の歴史を再確認する。

朴監督は2015年の韓日政府による慰安婦合意以後、日本社会で慰安婦問題の話をすることが一層難しくなっていると話した。最近、福井県で『沈黙…』を上映しようとしたところ、「慰安婦問題は韓日合意で解決されたのに、どうしてこのような映画を上映するのか」という抗議が上映館に寄せられたという。

彼女は「『アリランのうたーオキナワからの証言』を上映した時にも『慰安婦問題は存在しない』と主張する人々はいたが、今ほど雰囲気が深刻ではなかった」と話した。彼女は「日本の社会全体を見ても、私が幼い頃に『朝鮮人は臭いから朝鮮に帰れ』という暴言があったが、今のヘイトスピーチのように『朝鮮人をぶっ殺せ』とまで言いはしなかった」と憂慮した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00028993-hankyoreh-kr


元スレ:・【話題】元慰安婦が憂慮「幼い頃『朝鮮人は朝鮮に帰れ』という暴言があったが、今のように『朝鮮人をぶっ殺せ』とまで言わなかった」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

9291: 鴉 ★2017/11/19(日) 15:00:13.40
内田樹「日本の教育は手遅れだが、韓国はまだ…」
連載「eyes 内田樹」
2017.11.18 07:00 
※AERA 2017年11月20日号

哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

*  *  *
いま光州のホテルでこれを書いている。韓国に講演旅行に来るのはこれで6年目。ここしばらくはいくつかの自治体の教育監(日本の教育長に当たる)の招待で来ている。

韓国は日本とはシステムが違い、教育長は首長による任命ではなく、公選制である。3年前の公選で17の教育区のうち13でリベラル派が選ばれ、以後各地で教育改革が進んでいる。公選された教育監の多くは教員出身で、中枢的な管理を抑制し、現場の自由裁量に委ねる方向に韓国の公教育は今動いている。

日本とは向かっている方向が逆である。私のような人間が招聘(しょうへい)されることからもそれは知れる(日本には私を講師に招くような教育委員会は存在しない)。韓国でリベラル主導の教育改革が進んでいることを日本のメディアはほとんど報じないから、日本の教員たちはその事実を知らないだろう。

それでも、学校教育が抱えている本質的な問題は日本も韓国も変わらない。少子化、不登校、グローバル化、階層化など。とりわけ「グローバル化」と称して、換金性の高い「実学」領域と英会話能力開発に過剰な教育資源を投じる傾向は韓国にも見られる。教育成果が年収やコミュニケーション能力の差としてただちに数値的に可視化されることを「グローバル化」と命名している点では日韓ともに事情は変わらない。

それが大学教育と研究環境をどれほど傷つけ、痩せ細らせたかは、日本の大学の学術的発信力の劇的な劣化(先進国最下位にまで落ちた)によって知られる。

日本のメディアは伝えることを忌避しているが、昨年の秋には米の外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」が、今年の春には英の自然科学ジャーナル「ネイチャー」が相次いで「日本の大学教育の失敗」と「日本の科学研究の停滞」についての長文の記事を掲載した。

私のここでの仕事は韓国が日本の轍(てつ)を踏まないように日本の失敗の歴史と構造を吟味し、開示することである。

日本ではもう手遅れだが、韓国にはまだ方向転換するだけの時間的余裕があると思うからである。


https://dot.asahi.com/aera/2017111600017.html

関連
知の巨人・内田樹氏 至極真っ当な提言! 安倍独裁制 本当の正体
https://mainichi.jp/sunday/articles/20171113/org/00m/010/001000d

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/19(日) 11:03:47.03
「なぜ紅白に出るんだろう」と思う歌手ランキング。この人って今年なの?
女子SPA!   2017年11月18日 15時47分

今月16日に発表された『第68回NHK紅白歌合戦』出場歌手46組。「紅白出場者=一流ミュージシャン」という、かつてのイメージは薄れたものの、やはり今でも“売れた証拠”として若手ミュージシャンの目標に、紅白出場が挙げられることも多いようです。

そんな紅白出場歌手ですが、リストを見て「ナゼこの人?」「今年活躍してたっけ?」と感じることも正直あるというもの…。そこで女子SPA!では、女性200人に紅白出場に疑問を感じるミュージシャンを聞いてみました。

◆2位 TWICE(初)22.5%

韓国、日本、台湾出身の9人のメンバーで構成される「TWICE」。

代表曲「TT」の振り付けで、両手の親指と人差し指で矢印を作って泣いている絵文字「(T_T)」のような形にする“TTポーズ”は、日本デビュー前にもかかわらず、女子中高生の間で人気となりました。

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/a/f/af3931e7.jpg

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

8e0efa091: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/19(日) 10:45:44.17
(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ
朝日新聞 2017年11月19日05時00分

太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。


像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。


慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。


http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber


元スレ:・【朝日新聞/社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない[11/19]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2017/11/19(日) 09:40:18.08
東京も「危険地帯」入り! 制御不能の中国宇宙ステーション“落下予想エリア”が公表される
11月19日

制御不能に陥っている中国の宇宙ステーション「天宮1号」が、4カ月以内にも地上に落下する見通しであるとの予測を、欧州宇宙機関(ESA)が発表した。


http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/9/09894d36.jpg

2011年9月に打ち上げられた天宮1号だったが、16年9月から制御不能に陥った。もともと高度380キロから320キロの間で軌道を描いていたものの、徐々に地球へと近づきつつあり、高度300キロのあたりを周回している。ESAの専門家によれば、天宮1号が現在は、辛うじて保っている現在の軌道からも、来年の1月から3月の間には外れ、そのまま地表へと落下するという。


天宮1号は、全長10.4メートルで、総重量は8.5トンに及ぶ。ちょうど中型トラックを想像すれば近いかもしれない。

3bfb3349cfe1d80b55223c0f011f57fa

これが宇宙から落下するというのだから一大事だが、ESAの専門家によると、大気圏突入時にほとんど燃え尽きるが、一部の部品は地表に到達する可能性もあるという。

海外には、重さ100キロの部品や有害物質が地表に到達する危険性を指摘するメディアもある。しかし、落下物がたとえネジ1個だったとしても、まさに空から弾丸が降ってくるようなものである。

気になる落下地点だが、ESAによると、北緯43度から南緯43度までの間となることが予測されている。この「危険地帯」には、ニューヨークや北京、ニューデリー、香港、そして東京など、世界の主要都市が密集しているのだ。ESAは今後、天宮1号の落下を監視する国際的連携を主宰するとしている。

人的被害が出る確率は低いとはいえ、中国が進める宇宙強国化の尻拭いを国際社会が行わなければならないというのは、どうにも納得がいかないところだ。

http://tocana.jp/2017/11/post_15127_entry.html
 

元スレ:・制御不能になっている中国の衛星「天宮1号」の落下予測地域が公表される

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-11-01 16-46-13-5941: きゅう ★2017/11/18(土) 21:40:03.20
【平壌11月17日発朝鮮中央通信】朝日交流協会のスポークスマンは日本の「朝日新聞」が共和国に対する虚偽報道をしたことに関連して17日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、日本の「朝日新聞」は朝鮮民主主義人民共和国政府が中国とロシアに派遣された労働者たちを今年末まで帰国させることについて指示したと報じた。

これは、事実と全く合わない。

最近も、テレビ朝日がわれわれの核実験による坑崩落で多くの人命被害があったという虚偽報道をしてわが人民の糾弾を受けたことがある。

これは、日本の一部のマスメディアが反共和国敵対勢力の御用ラッパ手に転落したということを如実に示している。

われわれは、米国と敵対勢力の反共和国孤立・圧殺策動が極に達している現在のような時に、「朝日新聞」をはじめ日本のメディアが次々とわれわれに対してねつ造された虚偽報道をしていることに対して問題視せざるを得ない。

このような行為は、真実と客観性を生命とするメディアの体裁まで喪失した卑劣な行為であり、これに責任ある者らに当該の制裁が加わるであろう。


日本のメディアが米国と敵対勢力の反共和国圧殺策動に便乗してあらゆる謀略とデマ宣伝に執着するとしても、進歩と正義のために力強く闘っているわが人民の前途を阻むことはできない。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


元スレ:・【北朝鮮】朝鮮に対する虚偽報道をした日本のメディア「朝日新聞」の責任ある者らに当該の制裁が加わる[11/17]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

png1: 動物園φ ★2017/11/19(日) 00:09:12.98
〈時代の正体〉朝鮮学校の無償化を勧告 国連人権理「差別なく平等な扱いを」
神奈川新聞 11月18日

【時代の正体取材班=石橋 学】日本の人権状況を審査する国連人権理事会の作業部会は16日、218項目からなる勧告を発表した。高校無償化制度の対象から唯一除外されている朝鮮学校に制度を適用するよう求める勧告が初めて盛り込まれた。

16日に採択された勧告は「すべての学校に無償化制度を適用せよ」「社会権規約委員会と人種差別撤廃委員会の勧告に従い、マイノリティーの子どもたちの教育権を差別なく確保せよ」「関連条約機構の勧告に従い、朝鮮学校への平等な扱いを確保せよ」などと求める。朝鮮学校の排除を差別と批判し、是正を求めた2013、14年の国連社会権規約委員会、人種差別撤廃委員会の勧告を無視する日本政府への非難を含めた内容となっている。

高校無償化制度は民主党政権下の10年に始まったが、朝鮮学校は適用が留保され、12年に発足した安倍晋三政権が審査を打ち切り、不適用を決めた。当時の下村博文文科相は記者会見で「拉致問題に進展がない」ことなどを理由に上げていた。

14日の日本審査会合ではポルトガル、パレスチナ、オーストリア、北朝鮮が制度適用や教育権確保に言及。これに対し日本政府は「法令の趣旨にのっとった判断。民族差別や教育権の侵害にはあたらない」と答弁していた。

人権NGOが参加した10月の事前会合で、朝鮮学校が置かれた現状を各国に説明した在日本朝鮮人人権協会の朴金(パクキム)優綺(ウギ)さんは「すべての子どもの学びを支援する無償化法の趣旨に反し、政治的理由で朝鮮学校を排除しているのは国際社会の目からも明らか。これまでの勧告に従っていないことを踏まえた勧告を重く受け止め、速やかに制度を適用すべきだ」と話している。

文部科学省前で毎週金曜日に行われている抗議行動。朝鮮学校の無償化を求め卒業生らが声を上げ続けている=7月21日、東京都千代田区
b7be1f9a83897ff9bc4a61c8b1545fed

http://www.kanaloco.jp/article/291982


元スレ:・【在日】朴金(パクキム)氏「日本は国連勧告を重く受け止め速やかに朝鮮学校に無償化の適用を」

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/11/18(土) 20:18:50.36
浦項地震:韓国政府にマニュアルなし、自己判断を迫られる被災者たち
11月18日 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


「一体いつになったら家に戻れるんですか」

地震発生三日目の17日、慶尚北道浦項市内に設けられた各避難所では被災者数百人が不安に震えていた。
「いつ帰宅できるのか、自宅に住み続けられるのかどうか分からなくてもどかしい」という人が多かった。同日午後1時30分ごろ、浦項市の興海邑事務所には被害を申告しに数十人が集まっていた。受付の横では電話のベルが休む間もなく鳴っていた。80代の女性を乗せてきたタクシー運転手キム・ギチャンさん(67)は「家の近くの畑にあった広さ6坪のコンテナ住宅で家族16人が一緒に寝た。公務員がやって来て被害のあった家の写真を撮って行ったが、その後は何も話がない。不安で家に入れない」と言った。

49fe070b

同日午後2時、避難所の一つとなっている同市北区大都中学校には被災者約150人が集まっていた。この被災者たちは翌日、ここから約6キロメートル離れた教会に移らなければならない。疲れきった表情で座っていた住民のキム・スンヒさん(62)は「家が安全かどうか分からないので入れないし、遠く離れた教会に行くと言うから心配だ。いつ家に帰ることができるのか知っていれば教えて」と言った。

行政安全部(省に相当)は「帰宅する時期については住民それぞれで判断してほしい」という見解だ。浦項市災害対策本部関係者は「住民の居住地は個人の建物であるため、当局が『戻れ』とか『戻るな』と言うことではない」と言った。つまり、被災者の居住地確保などに関するマニュアルがないのだ。国土交通部は17日、「被災者に住宅160戸を緊急支援する」と発表したが、被災者の全体数に比べると大幅に不足している。

地震の被害を受けた建物の危険度は、地方自治体の災害安全対策本部で評価団を構成して知らせることになっている。しかし、住宅に戻るかどうかは住民が判断しなければならない。浦項市は17日、10チーム・36人からなる危険度評価団を構成し、被害のあった建築物約1500カ所の評価に乗り出した。建築士と建築関連公務員が1つの組になり、緑(使用可能)、黄(使用制限)、赤(危険)のラベルを貼っていく。だが、評価団が外観を見て判断するだけで、その後どうするかは住民の判断に任せられる。使用制限・危険度が判定されても、これを守るかどうかの判断は建物の所有者がすることなのだ。目視で外観を確認する以上の精密検査を受けるには、建物の所有者が費用を全額負担しなければならない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/18/2017111800448.html

 1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/11/18(土) 20:08:26.16
日本デビューが決定した韓国10人組ボーイズ・グループTRCNG(読み:ティーアールシーエヌジー)

2017年10月に韓国デビューするや否や異例の早さで日本デビューが決定し話題となっている10人組ボーイズ・グループTRCNG(読み:ティーアールシーエヌジー)が11月15日に日本公式ファンクラブをオープン。そして12月に初来日が決定した。




B.A.Pを輩出したTS Entertainment が新たに送り出す超大型ボーイズ・グループ TRCNGは、メンバー全員が2000年代生まれの平均年齢16.3歳。デビュー後わずか1週間で音楽番組の1位候補に選出、メンバーのひとりが音楽番組のMCに抜擢されるなど、その驚異的な若さと話題性で韓国国内外から注目を集めている。

日本公式ファンクラブのオープンを記念して、ファンクラブ会員限定シングルCD『DON’T STOP THE DANCING』のリリースが11月29日に決定し、購入者の中から抽選で250名が12月2日(土)に都内某所にて行われるリリースイベントに招待される。記念すべき初来日イベントとなるため、プレミアムなイベントになること間違いなしだ。CD は現在予約受付中。また 22 日(水)にデジタルシングルとして先行配信がスタートする。

https://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/sports_seoul_25417


元スレ:・【K-POP】あの超大型新人グループTRCNGがついに日本デビューへ

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ