1195058_175_0_large1: 動物園φ ★ 2018/02/13(火) 18:34:33.76
機械翻訳

キム・ジョンウン "南、ありとあらゆる誠意を尽くして努力する姿が印象的"

入力:2018.02.13 07:47 |修正:2018.02.13 08:24

キム・ジョンウン、北朝鮮労働党書記が金与正労働党中央委員会第1副部長など平昌オリンピックバンナム(訪南)高位級代表団から12日の結果を見て受けた朝鮮中央通信が13日報じた。

キム・ジョンウンはこの席で、「今回のオリンピック競技大会を契機に北と南の強烈な願望と共通の意志がもたらした和解と対話の良い雰囲気をさらに昇華させて優れた結果を継続積み上げていくことが重要だ」と、今後の南北関係の改善発展方向を具体的に提示して実務的対策を立てよ指示したとの通信は伝えた。

通信は「最高指導者(キム・ジョンウン)同志は代表団の帰還報告を受け満足を表示し、南側がハイレベル代表団をはじめ、冬季オリンピック競技大会に参加した韓国側の構成員の訪問をこよなく重視して利便性と活動をよく確保するためにあらゆる誠意を尽くして努力する姿が印象的だったし、謝意を表し希望した」と述べた。

通信はまた「最高指導者同志の特命を受けて活動した党中央委第1副部長金与正同志はムン・ジェイン大統領をはじめとする韓国側の高官らとの接触整形外科(状況)、今回の活動期間に把握した南側の意中の米国側の動向などを、最高指導者同志に優しいヒ(詳細)報告させた」とした。

今回の結果報告は、北朝鮮高官代表団団長を務めたキム・ヨンナム最高人民会議常任委員会委員長と金与正、チェフィ国家体育指導委員会委員長、李ソングォン祖国平和統一委員会委員長などが参加した。

一方、キム・ジョンウンはソウルと江陵で二度の公演を終えて帰還した三池管弦楽団団員とも会った通信は報道した。

通信は「最高指導者同志は素晴らしく感動的な公演活動で、第23回冬季オリンピック競技大会の成功と民族の和合を念願する私たち北人民たちの熱い気持ちを伝え南側同胞たちに喜びをドヘジュン三池管弦楽団の公演成果を暖かくこの祝った」と伝えた。

通信は「最高指導者同志は三池管弦楽団のメンバーから会場の雰囲気と公演の反響を見て受けムン・ジェイン大統領夫妻をはじめ、南の同胞たちが公演を見ながら熱く応えて歓呼し満足を示したなんて、自分もまた嬉しいと大きな満足を表示希望した」とした。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/02/13/2018021300482.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

s-few1: たんぽぽ ★ 2018/02/13(火) 15:11:54.34
2018.2.13 14:55

韓国の天気予報に利用されてきた衛星が11日から2日間、故障のため作動していないことが明らかになった。夜間に強風が吹き荒れるなど悪天候に見舞われる平昌五輪が今後、佳境へと向かう中での異常事態。韓国当局は皮肉にも、「五輪のライバル国」と見なす日本側の衛星映像を活用せざるを得ない状況だ。

韓国紙、東亜日報(電子版)によると、故障したのは静止軌道衛星「千里眼1号」。同日午前5時44分に突然、主力コンピューターがダウンし、現時点で作動していないという。

故障で1日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来、初めてという。

韓国航空宇宙研究所は補助コンピューターを使って原因を解析中。ある専門家は電子機器部分が長期間、宇宙の放射線にさらされたことによる「エラー」との見方を示しているという。千里眼1号の寿命は7~8年。ほぼ使命を終えた時期でもある。

五輪関係者にとどまらず、ソウルなど各地からの観戦客にも正確な予報は不可欠。韓国気象庁は現在、日本の衛星映像を受信して天気予報をしているが、韓国政府関係者は東亜日報に対し、「よりによって平昌五輪が開催される重要な時期に故障し、日本の衛星画像を借りて使うことになるとはあきれる」と述べた。

ネット上では、「衛星が詰まってしまうなんて」と、ため息交じりの声が上がっている。(五輪速報班)

http://www.sankei.com/smp/pyeongchang2018/news/180213/pye1802130061-s1.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ザ・ワールド ★2018/02/13(火) 17:54:59.52
産経新聞

韓国政府は翌10日に「大統領は『われわれの主権の問題であり、内政問題だ』と述べた」と公表したが、他の案件ではほとんど反論できなかったことを自ら明かしたといえなくもない。

慰安婦問題でも、文在寅の態度はどこかあやふやだった。

安倍は会談冒頭で、韓国が一方的に公表した日韓合意に関する新方針を「受け入れられない」と断じた。迫力に押されたのか、文在寅は、日韓合意を破棄しない▽再交渉しない▽「和解・癒やし財団」は解散しない▽日本が拠出した10億円は返還しない-など4つを明言した。

ところが、安倍が、在韓日本大使館前の慰安婦像撤去など合意の速やかな履行を迫ると「微妙な問題だからそう簡単には解決できない」「(元慰安婦の)おばあさんたちの気持ちが癒やされれば自然に解決するはずだ」などと釈明した。

すると安倍はたたみかけるようにこう言った。

「朴槿恵前政権の時に(10億円など)取るものは取っておいて実行できないというのはありえない」


「日韓合意については、日本にも国民から強い反発があった。相当の批判があった。しかし、あえてここで決断しないと日韓関係は前に行けないと考え合意に応じた。あなたも国民の高い支持があるんだから決断しなければならない」

文在寅の顔から愛想笑いが消えた。
最後まで議論がかみ合うことはなかったが、文在寅も「国家間の合意」の重さが身に染みたのではないか。

c1d137db

http://www.sankei.com/politics/news/180213/plt1802130004-n5.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/02/13(火) 17:45:02.60
平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される
ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17

【簡単に説明すると】

・平昌五輪で集団ノロウィルス感染
・原因は調理に使われた地下水と推定される
・大腸菌も検出される

no title

平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。

2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。

疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と食べて居ない人を比較するとノロウイルス発生のリスクが6.5倍高く、食事だけして帰った人の中でも感染している人がいることが判明し、感染経路は食事に使われた水だと確定した。

特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て、調理用の水が汚染されていた。


疾病管理本部の関係者は、「問題がある地下水を調理用の水に使用する過程で、食事が汚染されて集団感染が起きたと推定される」と述べた。


地下水が何故ここまで汚染されていたのか?パイプに亀裂が生じて下水道と混入してしまったのか、それとも配管ミスか不明であるが地下水が汚染されていたのは事実でそれを多くの人が食べていたという。

http://gogotsu.com/archives/37228

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

wor1801170042-p11: たんぽぽ ★2018/02/13(火) 15:26:41.11
2018/02/13 15:18

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場した韓国と北朝鮮の合同チームがノーベル平和賞を受賞すべきだと米国の国際オリンピック委員会(IOC)委員が発言したことに対し、IOCのアダムス広報部長は13日、五輪メインプレスセンター(MPC)で行った会見で、IOCとして考えたことはないと伝えた。

 この委員はアンジェラ・ルッジェーロ氏で、この日の会見で自身の主張を繰り返した。ルッジェーロ氏は私見と断りつつ「南北合同チームは非常に象徴的な意味を持っており、五輪が特定の競技、特定の国よりもっと大きな意味があることを示すものだ」と述べ、ノーベル平和賞は「選手たちに賛辞を贈る一つの方法になるだろう」と強調した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/02/13/0900000000AJP20180213002600882.HTML

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: muffin ★ 2018/02/13(火) 11:57:12.68
2月13日 デイリー

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、平昌五輪のショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。
今大会のドーピング違反の第1号で、日本選手のドーピング違反は冬季五輪で初めてとなった。CASと日本選手団の発表によると、選手団本隊として韓国入りした4日の夜に江陵選手村であった抜き打ち検査があり、ドーピング隠しの目的と疑われる禁止薬物アセタゾラミドが検出されたという。斎藤は暫定的な資格停止を受け入れ、選手村を自主離村。CASの最終的な処分は大会後に発表される。

斎藤はドーピングについて否定している。日本選手団を通じて発表した斎藤のコメントは次のとおり。

今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピングを行おうと考えたことはこれまで一度もありません。アンチドーピングの講習会や、連盟主催合宿での指導などを通じて、アスリートとしてドーピングは絶対にしてはいけないと理解していました。また、無意識に摂取することがないよう、ケガをした時や体調を崩した時に病院で処方される薬については、事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気をつけていました。 今回検出されたアセターゾールアミドは、利尿剤で、本来は、高山病の予防、そのほか緑内障、てんかん、メニエール病、睡眠時無呼吸症候群などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠蔽する目的、体重を落とす目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされていると聞きました。

私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。1月29日に合宿中に受けた検査ではどのような禁止薬物も検出されず陰性であったため、いかなる禁止薬物も体内になく、以上のことから、自らの意志で何かの薬物を接種したという事実はありません。今回の検査結果が出てしまったことについては、偶発的に起きた出来事により禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません。今回の結果については身に覚えのないことで不可解であると感じ、自身の身の潔白を証明するため戦っていきたいと考えておりますが、今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームの皆に迷惑をかけると思ったので、暫定資格停止という決定を受け入れ、自発的に選手村を出てチームを離脱致します。最後までチームJAPANの一員として同じ場所で戦いたいと思っていましたが、残念です。チームを離れてもチームの一員として仲間を応援しています。  2018/02/12/ 斎藤慧」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000064-dal-spo

関連スレ
【冬季五輪】平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧がドーピング陽性反応
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518455410/
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

00261107261: 動物園φ ★2018/02/13(火) 10:29:41.09
2018年02月13日10時10分 [中央日報/中央日報日本語版]

2試合連続で0-8と大敗した女子アイスホッケー南北(韓国・北朝鮮)合同チームが練習を取り消した。

大韓アイスホッケー協会は13日、「きょう女子合同チーム、男子韓国代表チームともに練習はない」と明らかにした。当初、合同チームはこの日午後5時から練習する予定だった。

合同チームは12日、2018平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)女子アイスホッケー予選第2戦を行い、世界5位のスウェーデンに0-8で大敗した。第1戦で世界6位のスイスに0-8で敗れたのに続いて2連敗となり、グループリーグ敗退が決まった。試合後、イ・ジンギュは涙を流しながら競技場を去った。

南北合同チームは14日午後4時40分、日本と予選最終戦の第3戦を行う。2日間隔で試合を行うハードな日程のため、セラ・マリー監督(30、カナダ)は練習ではなく休養を選択したと考えられる。

合同チームと日本の試合は、韓国・北朝鮮・日本がスポーツだけでなく政治的にも絡んでいるため関心が多い。韓国は2007年長春アジア競技大会で日本に0-29と惨敗した。昨年2月の札幌アジア競技大会では0-3で敗れた。韓国は日本と7回対戦し、一度も勝っていない。計106失点し、得点はわずか1点だ。

合同チームのチェ・ジヨンは「(歴史的に)日本と良くないこともあった。アジア競技大会では0-3と惜敗したので、十分に勝てる相手だと考える。全力を注いで勝ちたい」と話した。

http://japanese.joins.com/article/576/238576.html
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/02/13(火) 07:15:32.29
netgeek

三浦瑠麗氏がワイドナショーで「北朝鮮のスパイが日本、特に大阪に多く潜んでいる」と発言したところ、一部界隈から猛反発を受け、炎上する騒ぎに発展した。


一体何が問題だったのか。netgeek編集部では錯綜する情報をまとめてみた。まずは実際の発言を確認したい。
三浦瑠麗「実際に戦争が始まったら、仮に金正恩さんに万が一のことがあっても、スリーパーセルが一切外部との連絡を絶って都市で動き始める」

※スリーパーセルというのは一般人を装っている潜伏工作員・テロリストのこと

no title

三浦瑠麗「ソウルでも東京でも大阪でも。今けっこう大阪ヤバイと言われていて」

松本人志「潜んでいるということですか?」

三浦瑠麗「潜んでいます。いざというときに最後のバックアッププランですよ。首都じゃなくて他の大都市が狙われる可能性もあるので東京じゃないからといって安心はできない」
発言は日本に工作員が紛れて生活していると指摘する内容で特に問題はないように思える。

北朝鮮から流れ着いた木造船が見つかったときもすでに乗組員の行方が分からなくなっているものがあり、街中に紛れ込んだという指摘がなされた。

また、青山繁晴氏もこれまで何度も「工作員が日常生活の中に紛れ込んでいる」「数は言えないが、把握している」「マスコミに多い」と発言している。(参考:青山繁晴「北朝鮮工作員はマスコミや一般人に浸透済み。でもスパイ防止法がないので何も出来ない」)

だが今回の三浦瑠麗氏の発言は大問題だとしてネット上で炎上する羽目になったのだ。反発の声をまとめると以下のようなものだ。
・事実無根のデマに違いない

・証拠がない

・今日本にいる韓国・朝鮮系の人がどんな思いをするのか考えたことがあるのだろうか?

・イスラム系だからといってテロリスト扱いされる理不尽さと同じ

・BPOに抗議した

・フジテレビは謝罪すべき

・在日コリアンをスパイ呼ばわりするな

・外国で暮らしているときに「この国にはテロリストの日本人が潜んでいる」と言われたらどんな気持ちになるか考えろよ
1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2018/02/13(火) 00:19:15.50
インサイト(韓国語)

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフランス放送解説者から出た「韓国専門家」発言が物議をかもしている。

平昌冬季五輪開幕式が開かれた9日、
ある解説者がフランス2TV開幕式中継で韓国文化に対する誤った解説をしたと数人のネチズンが主張した。ネチズンによると、解説者は中国選手団が入場するとき、「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」という説明を付け加えた。また、ハングルを紹介しながら「中国語を表記するために19世紀に作った」と発言したと主張した。

▼真ん中の人物がマーティン・フロスト教授
no title
 
論議に包まれた解説者は、パリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授だった。彼女は1970年頃にソウル大で韓国語を勉強した後、パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた。韓国人と結婚したフロスト教授は、1992年から96年まで駐韓フランス大使館門庭観で仕事をし、丙寅洋擾の時フランスに奪われた外圭章閣(ウェキュジャンガク)儀軌の145年ぶりの返還に大きな役割を果たした人物だ。

ネチズンらはこのように韓国文化に造詣が深い専門学者が韓国で開催した行事で「文明化」という発言をしたことについて信じられないという反応だ。

論議が大きくなると、すぐに今回のオリンピックメダル授賞式でフランス語解説者を引き受けたフロスト教授の娘・オリビアが釈明に出た。彼女はSNSに「母は放送中、絶対に韓国を侮辱する発言をしていない」と明らかにした。「文明化」発言については「中国代表チームが入場する時に中国の漢字の意味を説明しながら、過去の中国が日本と韓国を東夷族と感じて文明化させようとした、ということを説明したものです」と説明した。むしろ母親が美しい韓国文化について紹介しようと努力した点を強調した。
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ