1:ななしさん 2019/10/10(木) 23:46:46.35
news1(韓国語)

80代の日本のお婆さん、日本軍 “慰安婦” ハルモニに「すまない」
彫刻家のキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻、作品の意図・企画展再開の感想を明らかに

「私は82歳の日本のお婆さんです。韓国で(日本軍 “慰安婦” )ハルモニに会ったら伝えてください。“申し訳ありません、許してください” と。これが日本のお婆さんの気持ちです」

9日の午後、愛知県文化芸術センター12階のアートスペースAで行われた『平和の少女像』の作家、キム・ソギョン(54)、キム・ウンソン(53)彫刻家の講演が終わると、すぐにあるお婆さんが近付いてこのように語った。

▽ある日本のお婆さんが、あいちトリエンナーレ企画展『表現の不自由展・その後』関連の講演に参加して、『平和の少女像』の作家であるキム・ウンソン、キム・ソギョン彫刻家に、日本軍 “慰安婦” ハルモニに申し訳ないと涙を流している
no title

車椅子に座っていたお婆さんは二人の彫刻家に近付いて、「申し訳ない」という言葉を繰り返して頭を下げた。キム・ソギョン作家はお婆さんをぎゅっと抱きしめ、キム・ウンソン作家は一緒に頭を下げて手を取り合い、「必ず伝えます」と話した。

このお婆さんは言葉を終えると車椅子に戻って座ったが、再び立ち上がってキム・ソギョン作家に(日本軍 “慰安婦” )ハルモニに対する謝罪を伝えた。

9日、講演は8月1日開幕したが3日後に中断された後、去る8日の再開されたあいちトリエンナーレ企画展『表現の不自由展・その後』と、『少女像』の製作意図などについて話した。

講演には、キム・ソギョン、キム・ウンソン彫刻家と企画展の実行委員である岡本有佳、会田大也キュレーターが参加して、約150人の観客と取材陣が集まった。

二人の作家は、「表現の自由の不当性ついて知らせるために美術館前で展示を再開セヨと言ってデモしてくれた方々、自分の展示を中断してくれた作家、声明書を渡した作家と日本の多くの良心的な知識人に感謝する」と講演を始めた。

これらは中央(チュンアン)大学校・芸術大学の在学当時から、全斗換(チョン・ドゥファン)軍事独裁政権時代以降様々な学生運動を行い、「社会で扱いたくない話を直視して、公論化する作業を粘り強くしてきた」と話した。

『平和の少女像』もその作業の一つだという。


本文を読む

1:ななしさん 2019/10/10(木) 16:01:32.31
聯合ニュース 2019.10.10 15:19

韓国の政界や宗教界、学界などの長老らでつくる3市民団体が10日、ソウル市内で記者会見を開き、「安倍政権は(韓日国交正常化以降の)『1965年体制』に対する一方的な解釈が歴史の流れから目をそらし、むしろ東アジアの平和を脅かしているのではないかという省察をしなければならない」として、両国関係の改善や東アジアの平和のためには安倍政権の路線転換が欠かせないと主張する声明を発表した。

声明には105人が名を連ねた。

1965年体制は、韓日基本条約と請求権協定を結んで国交を正常化したものの、両国の解釈の違いにより不安定に続いてきた両国関係をいう。韓国政府は協定に日本の「反人道的な違法行為」に対する賠償は含まれていないと判断しているが、日本は当時提供した5億ドル(現在のレートで約540億円)の経済協力資金で賠償問題は解決済みとの立場を堅持している。

声明は、「韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決は正当だ」として、「安倍政権が(判決への対抗措置として)輸出規制措置を発動したことが朝鮮半島の平和を深刻に脅かしている」と批判。「日本は韓国と共に北朝鮮の非核化をけん引し、ひいては東アジアを非核兵器地帯にしていく過程で韓国の誠実なパートナーになることを期待する」とした。

元首相で3団体の一つである「東アジア平和会議」の座長を務める李洪九(イ・ホング)氏は「日本は東アジアの平和の新しい歴史をつくっていくため先頭に立ってほしい」と訴えた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191010001600882?section=society-culture/index

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/10(木) 11:10:03.97 I
22日に東京で行われる天皇の即位式に李洛淵(イ・ナクヨン)首相が参列する方向で調整されているという。安倍晋三首相と李首相の短時間の会談も検討されていると日本メディアは伝える。即位式は約30年ぶりの日本の国家的慶事で、1990年の天皇即位式には姜英勲(カン・ヨンフン)首相(当時)が参列した。

韓日関係が1965年の国交正常化以降、最悪という指摘が相次ぐ中、李首相の即位式参列は様々な点で意味がある。隣国の慶事を祝う美徳を示し、新天皇の誕生を喜ぶ日本国民の心をつかむことができる良い機会だ。

「日本通」の李首相は、天皇、安倍氏と面識がある。李首相は昨年3月に出席したブラジル「世界水フォーラム」で、皇太子時代の天皇に会って歓談した。その時、皇太子は、「歴史を勉強する者として過去を反省し、今後良い関係が築かれることを願う」と話した。安倍氏とは2005年、国会議員と官房副長官として会い、ソウルで共に焼酎を飲んだことがある。李首相は17年9月、朝日新聞とのインタビューで、当時、天皇の訪韓を提案したことがある。今回、生前譲位を終えた上皇を招待することも検討してみる必要がある。

韓日間には今後も地雷が待っている。7月の日本の輸出規制強化で始まった経済対立は、8日で100日を過ぎた。韓国の素材・部品・装備産業の競争力強化を大きな方向で捉えて対処しているが、長期化する場合、国際分業関係と部品供給網に悪影響を及ぼし、韓日の経済いずれも大きな被害を受けなければならない。このまま来月22日の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了日を迎え、元徴用工賠償関連の日本企業の資産現金化措置が迫る場合、両国関係は後戻りできないどん底に陥ることになる。

最近、両国指導者の間で解決策を模索する動きが相次いだのも、そのような最悪の状況を阻止しなければならないという認識の発露だろう。李首相は最近、「日本が経済報復措置を撤回すれば、GSOMIA終了決定を再検討する用意がある」と明らかにした。日本の代表的知韓派である二階俊博自民党幹事長は円満な外交に向けて「まず日本が手を差しのべなければならない」という考えを明らかにした。安倍氏は、4日の国会所信表明演説に続き、8日の国会質疑でも韓国について「最も重要な隣国」と述べた。この表現は、昨年5月の外交青書で、韓国・日本関係の悪化を反映して削除されたが、これを首相が国会で発言したのだ。

外交も結局は人と人の出会いと意思疎通、理解を通じて一歩ずつ進展していく。両国政府が天皇の即位式と李首相訪日を関係修復の突破口にしなければならない。

ソース 東亜日報
http://www.donga.com/jp/home/article/all/20191010/1870482/1/%E5%A4%A9%E7%9A%E5%8D%B3%E4%BD%8D%E5%BC%8F%E3%AB%E5%8F%E5%97%E3%99%E3%8B%E5%AE%E5%8D%E3%BB%E6%9D%8E%E6%B4%9B%E4%B8%A1%E6%B0%8F%E3%AF%E3%81%E9%A2%E4%BF%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E3%B8%E3%AE%E4%B8%E6%AD%A9%E3%92%E8%B8%8F%E3%BF%E5%BA%E3%99%E3%B9%E3%8D%E3%A0

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/10(木) 09:24:51.22
日本人を含む3名がリチウムイオン電池を開発したとして2019年ノーベル化学賞に選ばれた。

ノーベル化学賞に選ばれたのは、大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さん、テキサス大学教授のジョン・グッドイナフさん、ニューヨーク州立大学のスタンリー・ウィッティンガムさんの3人。

今や当たり前のように利用されているリチウムイオン電池。スマホやノートパソコン、モバイルバッテリーにも利用されているバッテリーだ。

吉野さんは充電出来るバッテリーの小型化と軽量化を目指した。

そんな報道は日本だけでなく韓国でも大々的に報じられた。そのニュース記事には200件以上ものコメントが付けられており、
「政治的なことにばかりこだわらないで、これを見習え」、

「リチウムイオンパッデリーは不買運動しないの?」、

「どうして羨ましがるの? 韓国もノーベル賞があるじゃない 金大中様(皮肉)」、

「部品や素材の国産化は、このように基礎技術から磨かなければならないのに、産業そのものが死んでいくことを知らず、先に大口をたたいて外部と垣根を築いているとは、実に愚かな」、

「リチウムイオンバッテリー不買してみろよ反日どもw」、

「これが日本の技術力だよ」、

「あの日本人おかげさまで人類がバッテリーを簡単に充電して使えるのだよ」
という意見が書かれている。また中には
「科学分野のノーベル賞24個。このような国が近くにあるというのに、一切の祝福もせず、学問的科学的にリードしていた隣国を尊敬して親しく交流しながら徹底的に学ぼうとせずに、謝罪だけ要求し続けて、ユニクロの不買まで」
という意見も書かれていた。

2019/10/10 01:55:41
https://gogotsu.com/archives/54303

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 22:15:10.73
J-CASTニュース 2019/10/ 9 20:23

 あいちトリエンナーレで再開された「表現の不自由展・その後」で、「被曝最高!」と若者らが叫ぶ映像作品が、疑問や批判も相次いでネット上で炎上状態になっている。

  一方で、映像の一部に過ぎないことから、「とっさのアドリブ」などと美術関係者らから擁護の声も出ている。一体どんな作品なのだろうか。

■最後は、「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」

   慰安婦を象徴する少女像展示などで脅迫もあり、3日間で中止となった不自由展は、2019年10月8日に入場人数を絞るなどして再開された。一方で、同日17時時点で200件もの電話がトリエンナーレ事務局にかかり、周辺でプラカードを持った女性にケガを負わせた男が逮捕されたりもしている。

   そんな中で、再開初日から、再び公開された別の作品がツイッター上で批判され、ネット掲示板などに飛び火する騒ぎになっている。

   それは、東京都内で05年に6人で結成されたアーティスト集団「Chim↑Pom(チンポム)」による映像作品「気合い100連発」だ。

   「じゃあ、気合い100連発行くよ!」。震災後のガレキの中で、男女の若者が円陣を組み、うち1人の女性がこう叫ぶ。すると、若者らは「復興頑張るぞ~」「おーい」などと掛け声を出し、「ニッポン最高」「放射能に負けないよ」と次々に言葉を連発していく。次第に、「車ほしい」「今年は彼女作るぞ」と自分のことになり、ヒートアップした。

   先の女性が「30マイクロシーベルト」と叫ぶと、今度は原発事故のネタになり、若者からは、こんな掛け声も飛び出した。

「被曝最高!」「相馬市最悪!」「放射能最高!」「もうちょっと浴びたいよ」

   その後は、一転して「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」との掛け声になり、最後に若者らがハイタッチするなどしている。


本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 20:01:35.76
茂木:たとえば、僕は科学者ですから、ノーベル賞を取った業績の多くを愛していますが、一方でノーベル賞といっても、大したことのないものもあるわけです。だから、日本人がノーベル賞を取ったとバカみたいに騒ぐのは、ずっと不快でしてね。自分たちは何も考えていなくて、どうしてスウェーデンのストックホルムの人たちがノーベル賞だと決めたら、そんなにありがたがるのか、と。

僕は中国の政府に対して決して好意的ではないけれど、劉暁波がノーベル平和賞を取ったときに、そんなこと知るかよ、と言ったのは、ある意味では爽快でした。

逆にウィキリークスのようなものを、日本人はよく理解していない。僕はイギリスに学会で行ったとき、真っ先にジュリアン・アサンジが亡命したエクアドル大使館に行ったんです。あそこで世界史が作られていると思ったから。でも、国家とか、誰かが賞賛する権威しか正しいものではないと思っている日本人には、ジュリアン・アサンジみたいな存在が評価できない。

今やスウェーデンやイギリスのような民主主義の国家でさえ、国家というものの持っている原罪性に
みんな気づき始めているわけですよね。それを前提にウィキリークスやアノニマスの活動もある。そういう新しい時代の気分に、古い権威に固執する日本人は追いつけないんです。

http://diamond.jp/articles/-/25641?page=2

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 21:30:17.01
日本がまたノーベル賞受賞者を輩出した。

日本人化学者の吉野彰(71)が9日、ノーベル化学賞受賞者に決定した。もう28人目だ。 平和賞1人に過ぎない韓国とは極めて対照的だ。

吉野彰は日本の化学企業・旭化成の名誉フェローだ。

2018年には本庶佑・京都大学教授がノーベル生理学賞を受けた。日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が25人目だ。吉野は化学賞を受けた8人目の日本人と記録された。これまで日本は物理学賞9人、生理医学賞5人、文学賞2人、平和賞1人を排出した。日本出身で他国の国籍を保有する受賞者3人まで含めば日本出身ノーベル賞受賞者は計28人に増える。

日本は2014年(物理学賞)、2015年(生理医学賞)、2016年(生理医学賞)の3年連続ノーベル賞受賞者を出した。2017年には日本で生まれたイギリス人小説家カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞した。

羨ましい日本またノーベル賞受賞者排出,もう28人目平和賞1人だけな韓国と極限対照
2019-10-09 19:58
http://www.g-enews.com/view.php?ud=2019100919492781014a01bf698f_1

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 21:08:32.81
日本2年連続ノーベル賞輩出に「歓呼」… 日国籍者としては25人目の受賞
日本出身の他国籍者含めれば28人目…ノーベル化学賞は8回受賞

no title

(東京=聨合ニュース)日本の化学者ヨシノアキラ(71・吉野彰)が9日、ノーベル化学賞受賞者に決定されると、日本メディアは迅速に関連ニュースを伝えて、喜びを見せた。

公営放送のNHKは同日、受賞者が発表されると、まず字幕で速かにニュースを送った後、すぐに通常放送を中断して、速報で報道した。

共同通信や主要メディアのインターネット版も速報を通じて受賞のニュースを伝え、吉野受賞者についての紹介と受賞の意味を伝える記事を知らせた。

日本化学企業のアサヒカセイ(旭化成)名誉フェローである吉野のノーベル化学賞の受賞で、日本は2年連続で日本国籍ノーベル賞受賞者を出した。昨年にはホンジョタスク(本庶佑・77)京都大特別教授がノーベル生理医学賞を受賞した。

日本国籍者のノーベル賞受賞は、今回で25人目だ。吉野は化学賞を受賞した8人目の日本人として記録された。これまで日本は物理学賞9人、生理医学賞5人、文学賞2人、平和賞1人を輩出してきた。

日本出身でありながら他の国籍を保有した受賞者も3人だ。これを含めると、日本出身ノーベル賞受賞者は28人になる。

日本は、2014年(物理学賞)、2015年(生理医学賞)、2016年(生理医学賞)と3年連続ノーベル賞受賞者を出すなど、最近着実にノーベル賞受賞者を輩出している。2017年には日本で生まれた英国人小説家のイシグロがノーベル文学賞を受賞した。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=001&aid=0011131853

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 18:50:22.21
10/9(水) 18:48配信
京都新聞

EGbYQMpU0AALmRf

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となるとともに自動車や住宅にも利用が広がり、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待されている。

 他の受賞者は、●東芝リサーチ・コンサルティング・シニアーフェローの水島公一氏(78)、●テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)。両氏はリチウムイオン電池に使われたコバルト酸リチウムを発見した。
 日本のノーベル賞受賞は27人目。化学賞は2010年の鈴木章氏らに次いで8人目。出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億万円)が贈られる。

 充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しかった。

 吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年から始めた。コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を83年に試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させた。

 リチウムイオン電池の登場によって、これまで1・5ボルトが限界だった起電力を4ボルト以上まで上げることができ、小型軽量化も実現。91年には量産化され、95年の「ウィンドウズ95」の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した。電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、電気自動車や住宅用蓄電池システムへの利用も進んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00010001-kyt-soci

本文を読む

このページのトップヘ