1:ななしさん 2019/08/21(水) 13:05:29.84
<韓国>文大統領の後継候補が大ピンチ 「公平」主張しながら財産隠しと子供の不正進学、軍入隊忌避など疑惑続々
8/21(水) 5:10配信  アジアプレス・ネットワーク

◆反発招いたチョ・グク氏は日本批判の最先鋒

チョ・グク氏は1965年釜山に生まれ、82年に16歳でソウル大学法学部入学。学生時代は社会主義運動に関わり、後に米国留学した。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足と同時にソウル大学法学部教授から、青瓦台(大統領府)の民情首席秘書官に転身した。身長185センチの美男で、与党・民主党の次期大統領有力候補の一人である。

文大統領の内閣改造計画に伴って青瓦台を離れ、法務部長官候補に指名されることになった。適格性を
審査する国会での人事聴聞会が8月末にも予定されているが、野党とメディアが身辺調査に乗り出すと、様々な疑惑が持ち上がり物議をかもしている。

そのひとつは、民間投資会社に74億ウォン(約6億7000万円)もの巨額投資約定をしながら、実際には10億5000万ウォン(約1億3000万円)しか投資しなかったのは財産隠しではないかという疑惑。また親族を通じた不動産偽装売買疑惑も持ち上がっている。
いずれも本人は知らなかった、合法だと主張している。

もっと強い批判にさらされているのが娘と息子の問題だ。

チョ・グク氏の娘は、高校3年生の時に大学の医学研究機関に2週間インターン勤務した後、医学関連の論文の著者に名前を連ねた。しかし、高校生が専門的な学術論文を書けるはずがなく、チョ・グク夫妻のコネによるものだったのではないかとのが疑惑の一つ目。

さらに、その論文が学会誌に掲載された後、「随時入学」という一般入試とは別枠で高麗大学に入学を果たしたため、不正入学疑惑が持ち上がっている。

また、米国生まれの息子が韓米の二重国籍状態で、これまで軍の入隊を5度も延期していることが報じられた。チョ・グク氏は、来年入隊させるつもりだと主張しているが、不正入学と徴兵忌避は、韓国社会で不公平の象徴として強い反発を呼ぶ事案だ。


チョ・グク氏が日頃から社会の公正性、学閥万能主義批判を主張してきただけに、まさに「大ブーメラン」となって、その道徳性が強い批判にさらされる事態になっている。

韓国政治に精通する、韓国のあるNGOの代表は、「投資したり金儲けをしたりするのは悪いことではない。しかし、チョ・グク氏は朴槿恵(パク・グネ)政権時代の不正腐敗、不公平を激しく批判してきた人物。彼の二重性と欺瞞は強い反発呼ぶだろう」と分析した。(石丸次郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00010000-asiap-kr

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/21(水) 11:28:42.31
韓国外相「日本、対話に応じず困難」…中国外相に

【北京=岡部雄二郎】中国の王毅国務委員兼外相と韓国の康京和外相は20日、北京市郊外で会談した。

韓国の外交省関係者によると、康氏は日韓関係の現状を説明した上で、「韓国は対話を通じて合理的な方法を見いだそうとしているが日本が応じておらず、困難な状況だ」との立場を伝えた。日本政府による対韓輸出管理の厳格化について問題提起したものとみられる。

中国外務省の発表によると、王氏は「日韓両国が対話と交渉を通じて食い違いを適切に処理するように望む」と述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20190821-OYT1T50176/
本文を読む

1:ななしさん 2019/08/21(水) 08:45:57.92
■日本最初統一国家「ヤマト」は韓民族の国
8月16日 大邱慶北ニュース(韓国語)

日本最初の統一国家であるヤマト政権が言語学的に韓民族が起こした国家だという事実が証明されました。

私たちの古語研究に生涯を捧げる一人の国語学者が私たちの古代表記法の吏読で、これを全て解き明かしました。

チョン・ビョンフン記者が報道します。

4世紀前半日本最初の統一国家を築いたヤマト政権、日本の学者たちもヤマトという言葉がどこからやって来たのか答えを出せずにいましたが、この言葉が私たちの古語に由来するという事実が明らかになりました。

生涯を私たちの古語である甲骨語の研究に捧げる国語学者のチェ・チュンテ博士は、吏読でヤマト政権が韓半島の馬韓勢力が渡って起こした国であることを言語学的に解き明かしました。

日本書紀に登場するミマナは当時の私たちの音で三韓の一つである「マハン(馬韓)」と同じでこれは「イムナ(任那)」、そして現在日本で「ヤマト」と読むテファ(大和)、ウェ(倭)、ミマデ(彌摩臺)とまさにつながっているという事実です。

[チェ・チュンテ/国語学博士]

「だから、つまり、『彌摩(彌摩那のミマ)』はマラガラと読まれ、その同音の先の「ラ」が消えて「マガラ」と読まれました。

その「マラガラ」に該当する国名がマハン(馬韓)しかありません。

吏読で書きながら字は全て変ってしまったが、私たちの古語である「マラガラ」に由来したという説明です。

日本地名から奈良県や茨城県など、私たちの言葉に由来する事例は数多くあります。


当時の日本支配層の「言葉」と「文字」が私たちのものであるなら、韓民族が支配した地域であるという説明です。

[チェ・チュンテ/国語学博士]

「甲骨音を使った民族は専ら我が韓民族しかないので、甲骨音で解釈された地名は我らの祖先がそこを開拓したと見ればよいです。」

これまでに、日本が自分たちが古代韓半島経営の証拠として挙げたイムナ(任那)も、実は韓民族が起こしたヤマト政権が懐かしんだイム(※君主、主)の国である母国、すなわち馬韓だと言えます。

日本の古墳から多くの韓半島系遺物が出土していることも、当時支配層の言葉が韓民族の言葉であったことが証明され、韓民族が日本を経営した証拠だと言えます。

チェ・チュンテ教授はこのような内容をまとめた論文を韓国内の学会に発表し、日本首相と関連学会にも送る予定です。

http://www.tbc.co.kr/tbc_news/n14_newsview.html?p_no=20190816174953AE00399

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 22:57:02.06
文、暁星炭素繊維工場で「克日」の意志... チョ・ヒョンジュン「自信がある」
ソウル新聞 8月20日

文「製造業大国の底力を見せる」
暁星「2028年までに1兆ウォン投資」

以下略

0003022879_002_20190820204117041



参考
2013年の世界シェア
日本 56%
韓国 3%

no title


2018年の世界シェア
日本 66%

韓国 2%
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=029&aid=0002547587

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 22:30:13.27
シンシアリーのブログ

韓国の「ソウル半導体」という電子部品会社で、職員約50人が放射能に被爆、原子力安全委員会と雇用労働部などが調査に乗り出しました。

詳しい数値はまだ明らかになっていませんが、「基準値を大幅に上回っている」とか。

なぜこんなことになってのかというと・・

この会社は、製品(電子部品)を作って、異常があるのかどうかを放射線で検査します。

当たり前ですが、機械の中に製品を入れて、遮蔽扉を閉めて、放射線を照射し、問題が無いか確認してから、製品を取り出して、また次の製品を入れて・・の順になります。

ですが、作業速度を上げるため、遮蔽扉を開けっ放しのまま作業していたのです。


いつものこと、会社側は「職員たちが安全を考えないのが問題」と、労働者側は「会社が安全管理をちゃんとしてくれない」と主張している、とのことです

[単独] 放射能被爆 '50人' 超える  MBC韓国語
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=111&oid=214&aid=0000973475
本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 21:26:04.44
韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か
8/20(火) 18:31配信  ニューズウィーク日本版

──文在寅大統領の退陣を要求する大規模な集会が行われた......

日本統治からの独立記念日である光復節2019年8月15日午後、ソウル光化門広場で文在寅大統領の退陣を要求する大規模な集会が行われた。

■動画:文在寅大統領の退陣集会の様子

韓国のキリスト教総連合会(韓基総)が主催した集会に、複数の保守系団体から合わせて主催者発表5万人、警察推計4万人が参加した。前日には日韓基本条約に基づいて韓国政府が日本から受け取った補償金の支払いを求める訴訟も提起されている。

画像
「ムン・ジェインOUT」「これが国家か」とアピールする人々
no title

■ 安倍政権を批判する集会も行われているが

韓国では年間を通じてさまざまなデモや集会が行われている。大規模なデモや集会は光化門広場とソウル駅前で主に開催され、朴槿恵前大統領の罷免を要求する「ろうそく集会」もこの2箇所が主会場となっている。

日本を対象とする大規模なデモや集会は、それほど多くはない。日本人が巻き込まれる恐れがあるのは、毎週水曜日に日本大使館敷地前で行われている「水曜集会」と毎年3月1日の抗日運動記念日、8月15日の光復節前後に各地で発生するデモや集会である。

2019年の光復節は日本政府が韓国をホワイト国から除外する決定を行った直後で、折しもボイコットジャパン運動が広がっている。

光復節に大規模な集会が計画されているという発表を受けた在韓日本大使館は8月9日と8月13日、韓国に居住する日本人に向けて注意を呼びかけるメールを配信、外務省も海外安全情報で、韓国各地で日本関連のデモ・集会等が予定されているという注意喚起を行った。ソウル警察庁の発表は日時と場所、予定規模のみで主催者や目的は公表されない。時期的に反日集会と推定した。

日本大使館前で8月14日に開催された水曜集会には主催者発表で2万人が集まり、15日の夜にも安倍政権を批判する集会も行われた。


本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 19:01:33.93
日帝徴用被害者に対する韓国最高裁の賠償判決に対抗する日本政府の輸出規制措置で両国関係が悪化した中、「韓国を敵視するな」と主張する日本市民の声が高まっている。

日本の反戦市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」(以下、行動実行委)と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は19日午後、東京の国会議事堂近くで「日韓市民は連帯しよう」などと叫びながら共同集会を開いた。

集会参加者は「韓国敵視を煽るな」など安倍晋三首相を批判する内容が書かれたカードを掲げながら、経済報復措置で両国関係を悪化させた安倍政権を糾弾した。

実行委の高田健共同代表はこの日、「韓国では、日韓関係を壊す安倍政権に対し、日本と韓国の市民が連帯して闘うことを呼び掛けている。我々も応えよう」と述べ、反安倍闘争を呼びかけた。

主催側はこの日の集会に約1600人が参加したと明らかにした。

中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000044-cnippou-kr

【国内】「韓国敵視を煽るな!日韓の市民は連帯しよう」「日韓関係を壊す安倍と闘う」…国会近くで市民が集会[8/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566223204/

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 15:26:10.03
【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)関係者は20日、記者団に対し、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長について、「日本の態度や軍事情報の量的・質的評価など、総合的に判断すべき事案」との認識を示した。

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も同日、韓中日3カ国外相会談に出席するため、中国・北京に向けて金浦国際空港を出発する前に「まだ検討している。決まったことはない」と述べた。

 協定の更新期限は24日で、韓国政府は21日の韓日外相会談の結果などを踏まえて延長するかどうかを決めるとみられる。

 一方、日本政府が対韓輸出規制の対象品目に指定した3品目のうち、レジストの輸出を再び許可したことに関して、「供給の不確実性などは依然残っている」として、「3品目の個別許可措置や『ホワイト国(優遇対象国)』から(韓国を)除外した措置が撤回されてこそ、日本の立場に変化があるとみることができる」と改めて撤回を求めた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/20/2019082080131.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 14:58:22.98
ソウル新聞(韓国語)

李舜臣将軍の輝かしい勝利と明の参戦が無かったら壬辰倭乱の時、すでにこの地は日本に渡っていたかもしれない。それだけ当時の日本との国力差は大きかった。もちろん1592年に突然、差が広がったわけではないだろう。壬辰倭乱は永い歳月、蓄積された経済力の優劣が侵略戦争として発現したと見なければならない。

少なくとも倭乱勃発172年前に日本が経済的に優れていたことを推察できる記録がある。1420年、日本に行った使節団の代表、宋希璟(ソン・ヒギョン)が書いた『老松堂日本行録』によれば当時の日本は「水力自動揚水車」等の先端水利関係施設を基盤に3毛作をしており人口が多かった。日本の歴史でもこの時から農業生産力が高まり、市場経済が顕著に発達したと評価されている。

1910年韓日強制併合もやはり長く累積した下部構造(経済)の格差が上部構造(政治)を揺るがした結果だ。徳川幕府が支配した1600年から1800年代中盤まで250余年間、日本は戦争のない平和を謳歌し経済が躍進した。光海君の時の1613年、日本は幕府造船所で作った洋式帆船に乗って太平洋を横断しメキシコに渡る程の技術力を持っていた。

この様な国力差は、日本人が私たちより有能だったからではない。ジャレド・ダイアモンドの「銃、菌、鉄」理論を適用すれば地理的差が決定的要因だった。日本列島は最も近い地点を基準として韓半島から160キロ、中国海岸から800キロ離れている。平和な交易は可能だが大陸勢力が侵攻するには大変な距離だ。大陸から良いもの(文明)は受け入れ、悪いもの(戦争)は避けられる恩恵を持って生まれたわけだ。日本の地政学的な長所は1950年代まで続いた。敗戦国日本が経済大国に再起できたのは朝鮮戦争特需のためといっても過言ではない。

ところが600年以上遅れていた私たちが最近、私たち自身も驚くほど速く日本にぴたっと追いついた。まだ様々な部門で私たちは日本に及ばないが、1人当りの輸出額など一部指標ではすでに日本を追い越した。特に南北分断というハンディキャップを勘案すれば、私たちの底力がどれほどすごいか分かる。

ショービニズム(熱狂的愛国主義)的な視点を警戒しながら見たとしても、私たちはいつか日本を実質的に(特に4次産業革命分野で)超える可能性が高い。

日本のほとんど唯一の強みである地理的特性がテクノロジーの発達で無意味な時代になったからだ。

日本が史上初めて「経済報復」という無理を強いたのにはこの様な背景がある。600年以上先んじた経済力が韓国に追い越される危機に瀕するとすぐに揺さぶりに出たと見なければならない。韓国大法院の強制徴用判決がなくても、安倍晋三総理が戦犯の子孫でなくても、どうせ戦いは起きていたということだ。今、韓国が保守政権であっても日本はどんな言葉尻でも捉えて戦争を仕掛けただろう。


今回の戦争の本質がこのようならば「日本に対する強硬対応はより大きな禍を自ら招く」としてまごまごするのはつまらないことだ。すでに日本は刀を抜いて振り回しているのに「鞘の刀は抜かない時がもっと恐ろしい」と言って反撃を躊躇するのは愚かだったり卑怯だったり不純に聞こえる。

GSOMIA(韓日軍事情報保護協定)でも、独島(ドクト、日本名:竹島)防御訓練でも、福島放射能でも、動員できるすべての武器をテーブルにのせなければならない。その中に必ず私たちの『飛撃震天雷』(壬辰倭乱の時の朝鮮側の砲弾)があるだろう。


キム・サンヨン政治部長 

https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190820030003

本文を読む

1:ななしさん 2019/08/20(火) 12:25:34.06
日中韓の外交長官会談を控えて、韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が20日「状況が非常に難しい」とし、「重い心を持っている」と伝えた。

康長官は同日午前、日中韓外交長官会談出席のため中国・北京へ向かう前に空港で記者と会い、このように述べた。

康長官は会談議題と関連し「困難な状況で、輸出規制問題について、私たちの立場を積極的に開陳する」と述べた。

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に対する政府公式立場については「まだ検討をしている」とし、「決定したことはない」と述べた。

一方、康長官は20~22日の2泊3日、北京で開かれる日中韓外相会談で中国の王毅外相、日本の河野太郎外相と会談する計画だ。

2019/08/20 09:37
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0820/10240128.html

本文を読む

このページのトップヘ