1: リバースネックブリーカー(SB-iPhone) [ニダ] 2017/01/17(火) 11:14:22.90
津田大介さんがリツイート

落合洋司 Yoji Ochiai@yjochi 11時間前

単に、共謀罪反対では、現状で、与党の賛成多数で可決、成立するだろう。結社罪という選択肢もあるわけだから、野党が共同で議員立法として提出し、広く国民の賛成を募って、与党とも協議の上で共謀罪に代替させてはどうか。共謀罪よりはマシになる可能性が高い。

結社罪なら、対象となる組織はかなり限定できるし、国民の不安も少なくて済むだろう。ここまでこじれて、無理な立法は、大きな禍根を残す。

ネトウヨも、組織犯罪集団と断定され共謀罪で一網打尽という、そういう恐れがあるんだが。ナチス台頭の過程で粛清された突撃隊みたいに。他人事と考えないほうがよいと思うよ。笑

ネトウヨは、ネット上のあっちこっちに共謀の証拠残していて、立件しやすそう。個人の感想です。笑


https://twitter.com/tsuda


元スレ:・津田大介さんがRT「ネトウヨは共謀罪で立件しやすそう(笑) ネトウヨ一網打尽(笑)」@tsuda

1日1クリックで応援してね  → 
本文を読む

d10973ec1: ダーさん@がんばらない ★  2017/01/17(火) 19:00:45.12
【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部の宋寅昌(ソン・インチャン)国際経済管理官(次官補級)は17日の記者懇談会で、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向けた協議を日本が中断したことによる「大きな影響はない」と述べた。また「日本が協議の場に出てくるなら私たちも(姿勢を)オープンにするが、この状況で(韓国が先に再開協議を)要請することはしない」とも語った。日本が中断を発表して以降、スワップに関する接触は全くないと伝えた。

日本は今月6日、韓国・釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、スワップ再開協議の中断や長嶺安政・駐韓大使らの一時帰国などを発表した。

韓日のスワップ協定は2015年2月に終了したが、両国は16年8月、韓国の提案により再開に向けた協議を開始することで合意した。

宋氏は一方、10月に期限を迎える中国との通貨スワップ協定について「原則として延長で合意し、そのまま続くと予想している」と述べた。

韓中は16年3月、協定を原則的に延長することで合意している。だが、韓国が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を決定したことを受け、中国が経済報復とみられる措置を取っていることから、延長は確実とはいえない状況だ。宋氏は「政治的な状況があるため、不確実性をなくす方向で努力している」と述べ、延長が望ましいとの姿勢をあらためて示した。

中国との通貨スワップはウォンと人民元を融通し合うもので、融通枠は560億ドル(約6兆3500億円)と、韓国が外国と結ぶスワップの総額の約半分を占める。

ソース:聯合ニュース 2017/01/17 17:11
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/17/2017011702082.html


元スレ:・【韓国】国際経済管理官「通貨スワップ協議中断は影響ない、協議の再開要請しない。日本が協議の場に出てくるなら…」[01/17]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★2017/01/17(火) 15:48:07.37
釜山(プサン)日本領事館前の「平和の少女像」問題で最近、韓日の軋轢が深まっている。日本政府は主に二つの理由から韓国を批判した。2015年の韓日「軍慰安婦合意」に違反しており、1961年に世界81カ国が締結した「ウィーン条約」を破ったということだ。しかし、これは日本の主張に過ぎず、そのまま受け入れるには限界がある。

韓日合意に違反したとの主張については、少女像に関する条項に対する双方の解釈が当初から異なっていた。日本は少女像の撤去を合意履行の一部または先決条件とした反面、韓国は合意文の文言(「関連団体との協議などを通じて、適切に解決されるよう努力」)通り、「努力」を約束したと考えていた。異なったのはそれだけではなかった。日本の当局者はこれまで数回にわたり、日本政府の法的責任や従軍慰安婦徴用の強制性を否定した。韓国政府の合意文の解釈と正反対だったが、韓国政府は日本に合意違反の責任を問う代わりに自制を訴え、合意の価値を掲げた。

ウィーン条約違反の主張にも無理がある。日本は、相手国公館の安寧と品位を守る責務を規定した第22条を掲げているが、この条項の一般的な解釈は過激なデモに限られる。少女像の設置まで拡大適用することは当然の解釈ではなく、(日本の)主張に過ぎない。
少女像は追悼碑・記念碑の代わりに建てられた芸術造形物であり、第22条に十分配慮している。日本側の主張どおりに少女像が自国公館の安寧と威厳を懸念しなければならないほどの威力があるとしたら、その原因は他ならぬ日本の反省不足である。

日本はこのように自らを“法の守護者”とし、韓国を“約束の破壊者”に仕立てようとしているが、これは国際法の悪用である。
軍慰安婦問題自体が人類の普遍的価値と法秩序に対する明白な違反だ。日本の一方的な国際法解釈が慰安婦問題の争点フレームに混乱を来すことはできない。

少女像をめぐる軋轢は、認識の相違を放置したまま、外交的取り繕いだけで歴史問題を解決することには、限界が多いという教訓を残した。慰安婦問題のような歴史問題は外交懸案に止まるのではなく、被害者に対する補償と治癒、歴史事実の記録と学習、そして国民的歴史認識の反応などを総合的に取り上げなければならない。政府間の合意で外交懸案は解消できるかもしれないが、他のレベルの軋轢までも一気に解決できるわけではない。外交合意を好循環の始まりとして他の差を埋めていく双方の努力が伴うならともかく、それを異なる意見に対する抑圧として活用すれば、見解の相違が見つかる度に、今回のように逆に外交的軋轢をもたらす悪循環の始まりになる可能性が高い。

歴史問題で、口癖のように繰り返されてきた「未来志向的解決」を可能にするためには、外交的縫合ではなく、被害国と加害国国民の認識の差を埋めなければならない。しかし、少女像をめぐる軋轢と安倍晋三首相の真珠湾訪問、そして日本の閣僚の靖国神社参拝など、最近の状況を見ると、日本側の能動的な変化を期待するのは難しそうだ。中国、韓国など被害国同士が歴史問題で歩調を合わせる必要性を再び痛感させられる。

もちろん今の中韓は数年前の「歴史(問題をめぐる)協力」のように関係を強化するには政治的に困難な状況にある。しかし、歴史問題は過去に対する認識を通じて未来を構築していく長期課題であるため、一時的な政治状況に押され、または利用されて誤った方向が固まってしまえば、その被害はあまりにも大きい。韓日の慰安婦合意は、中国と韓国が地域情勢などで歴史協力を自制し二の足を踏んでいる過程で現れた「分離接近」の産物だ。

当面の政治状況を乗り越えるためにどのような案が再び“協力”を可能にするだろうか。中国にも昨年10月、上海に初の少女像が建てられた。至る所の少女像に合意違反と国際法違反という否定的イメージをつけられることを放置してはならない。釜山少女像を応援する。

李ティンティン・北京大学教授//ハンギョレ新聞社
148457295502_20170116

ソース:ハンギョレ 2017.01.17 07:20
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26265.html

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/01/17(火) 15:37:18.54
秋山理央@RIO_AKIYAMA

FUCK ABE!FUCK ABE!FUCK!/20170114渋谷

動画(※画面の左上のスピーカーのアイコンを押すと音が出ます)
https://vine.co/v/53JEbATXPqK
 
https://twitter.com/RIO_AKIYAMA/status/820218325452156928

s-bandicam 2017-01-17 16-32-17-116

西村直矢@nsnoya
「FUCK ABE!」コール、沿道の反応おもしろかったなあ。みーんなサウンドカーの方に目を向けてるの。ノってる人からぽかーんと眺める人から、思わず笑っちゃってる人まで、それぞれだったけど。でもみーんな目を向けてた。
https://twitter.com/nsnoya/status/820239842894196736

 ⋆Ꮶℴ ນʞᎥ⋆ nismo@RBnismo_FK47
こんなレベルの低い事、公衆の面前で叫んでて、恥ずかしくないのか?本当に政治を変える気があるなら、もっと他に有効な手段がいくらでもあるだろ?
https://twitter.com/RBnismo_FK47/status/820576245993738240

秋山理央@RIO_AKIYAMA
ご指摘どうもありがとうございます。他の有効な手段がいくらでもあると仰いますが、その中のたったひとつだけでも、あるいはそれに繋がるヒントだけでも、お教え頂けましたら大変心強く思います。
https://twitter.com/RIO_AKIYAMA/status/820601006618644485


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

plt1701080008-p21: たんぽぽ ★ 2017/01/17(火) 12:32:02.96
 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を巡り、現場の道路を管轄する釜山市東区の朴三碩区長は17日、像を「永久的に保存・管理する手だてが必要だ」と述べ、設置した市民団体と協議する意向を表明した。聯合ニュースが報じた。

 東区は昨年12月28日、団体が像を設置しようとした際、「不法設置物」として撤去したが、抗議が相次ぎ同30日に一転して設置を認めた。朴氏は保存・管理の方法として現場の防犯カメラの設置を例に挙げた。


 日本政府は像設置に抗議し、長嶺安政・駐韓大使を今月9日に一時帰国させた。地元自治体が像の「固定化」を目指す立場を鮮明にしたことで問題は長期化しそうだ。


 聯合ニュースによると、像を設置した団体は、朴氏の表明を歓迎し、保存には法や条例制定が必要だと主張した。(共同)


http://www.sankei.com/world/news/170117/wor1701170020-n1.html


元スレ:・【釜山・慰安婦像設置】 釜山の地元区長、「永久保存」を検討[01/17]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 曙光 ★  2017/01/17(火) 13:06:13.29
「アパホテル」中国のSNSで“炎上” 「南京大虐殺を否定するCEOの著書が客室に」
告発動画「微博」で6800万再生

2017年01月17日 11時45分 ITmedia

 日本のホテルチェーン・アパホテルが、中国のSNS「微博」で炎上状態になっている。

 「アパホテルCEOが執筆した、南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が全客室に置かれている。中国人はこの事実を知った上で宿泊するかどうか決めるべき」と、米国人の学生が「微博」に動画を投稿して告発。この動画が2日で6800万再生を超え、中国ネットユーザーの批判を浴びている。

 
 動画は、米ニューヨークに住む米国人女子大学生Katさんと中国人男子大学生Sidさんのコンビ「KatAndSid」が15日夕方に投稿したもの。2人は1月、東京に旅行に行った際、アパホテルに宿泊し、部屋にあった書籍を読んでショックを受けたという。

 書籍は、アパグループ代表の元谷外志雄氏が「藤誠志」のペンネームで執筆した「理論近現代史学II」(英題は「THEORETICAL MODERN HISTORY II」)で、「南京大虐殺はねつ造だ」などと主張している。

▼動画は「微博」で6800万再生超。32万以上の「いいね」と2万9000以上のコメントがついている(17日午前11時半現在)
yx_apa_11

▼「理論近現代史学II」(アパグループ公式サイトより)
yx_apa_10
 動画では、Katさんがアパホテルのフロントで英語版書籍を購入し、ページを開いて内容を紹介。南京大虐殺を否定している部分などを読み上げ、「このホテルには中国人もたくさん泊まっているが、彼らはこれを知らないようだ。このホテルに支払ったお金は、CEOのこのような政治的思想をサポートすることになる」と話す。

 2人は日本で素晴らしい時間を過ごしたといい、「日本の人達はとても親切で礼儀正しい」と称賛。アパホテルの書籍を批判する動画を公開するかは迷ったが、「このホテルにお金を払う人は真実を知るべき」と考え、公開に踏み切ったという。「これはこのホテルだけの問題で、この国やこの国の人々には関係ない。日本をディスるつもりはない」としている。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/01/17(火) 11:19:43.56
ソース
1月14日 朝日新聞 朝刊

https://pbs.twimg.com/media/C2MHAKjUsAAKonE.jpg
C2MHAKjUsAAKonE

元スレ:・【朝日】慰安婦像の写真を見た 少女たちの悲鳴が聞こえ涙が出る 少女像に反感むき出しの安倍政権、逆に謝るべき 朝日新聞投

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: たんぽぽ ★ 2017/01/17(火) 07:25:40.82
韓国国会議長「韓日慰安婦合意、手続き不備」
ハンギョレ新聞 1/17(火) 6:59配信

アジア太平洋議会フォーラムで日本議員代表団に会い 「被害ハルモニ・韓国民は共感できない」

 チョン・セギュン国会議長は16日南太平洋、フィジーのナンディで開幕したアジア太平洋議員フォーラム(APPF)で、中曽根弘文参議院議員など日本議員代表団に対して、韓日「慰安婦」被害者関連12・28合意について「手続き的に不備なために問題が解消されずにいる」として憂慮を表明した。

 チョン議長は日本の議員たちとの面談で「韓国の場合、日本政府との合意過程で慰安婦ハルモニ(おばあさん)たちとの十分な議論がされておらず、国民とも共感できなかった」として「両国政府が合意したら文句を言わずに守ることが最善だが、そのような手続き的不備のために問題が解消されずにいて憂慮している」と話した。チョン議長はさらに「韓国国民は両国間に、明らかになった合意事項以外に別の“ノート”があるのではないかという疑いまで持っている」と紹介して「韓国国民の情緒、慰安婦被害者の傷をこれ以上疲れさせるようなことはあってはならないだろう」と指摘した。チョン議長はまた「多くの韓国人は安倍晋三首相の慰安婦に関連した言葉や立場について、物足りなさを強く感じているのが事実だ。それがおそらく状況を悪化させている要因ではないか」と話した。

 これに対して外相を歴任した中曽根議員は「両国で多様な意見が提起されており、非難があり得る」として「被害者の感情治癒が優先されなければならず、こうした観点で私たちは善意をもって最善を尽くす考えだ」と答えた。中曽根議員は「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」委員長を務めていて、昨年8月には駐韓日本大使館近隣の少女像に関して「日本は速く撤去するよう何度も要求したが、まだ実現されていない」として、日本政府が乗り出すことを求めたことがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00026260-hankyoreh-kr

元スレ:・【韓国】韓国国会議長「韓日慰安婦合意、手続き不備」[01/17]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

RTR2013013100591: 孤高の旅人 ★ 2017/01/17(火) 09:20:03.25
駐韓大使帰任に慎重 官邸、韓国側の対応見極め 安倍首相「早く帰す必要はない。国民も納得しない」
2017.1.17 08:50 産経新聞
 
 政府は17日に安倍晋三首相が東南アジア諸国とオーストラリア歴訪から帰国するのを受け、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像への対抗措置として一時帰国させている長嶺安政駐韓大使の帰任時期について本格検討に入る。外務省は早期帰任を模索しているが、首相官邸には慰安婦像撤去などの動きがない限り帰任させるべきではないとの意向があり、韓国側の出方を見極めて判断する見通しだ。

 政府・与党内では、外務省幹部や自民党の二階俊博幹事長らが早期帰任に前向きな姿勢を示している。

 一方、安倍首相は周辺に「外務省は大使たちを早く韓国に帰したがっているが、早く帰す必要はない。国民も納得しないし、それはさせない」と語っており、慎重な構えを崩していない。

 日本の対抗措置を受け、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「外交公館前に造形物を設置することは望ましくない」と発言したが、慰安婦像が撤去される見通しは立っていない。外務省内でも「大事なのは、あの像が撤去されるかどうかだ」(幹部)との声が上がっており、長嶺氏らの一時帰国は長引く可能性がある。

http://www.sankei.com/politics/news/170117/plt1701170011-n1.html

元スレ:・【政治】駐韓大使帰任に慎重 官邸、韓国側の対応見極め 安倍首相「早く帰す必要はない。国民も納得しない」

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

0912-041: ひろし ★ 2017/01/17(火) 01:16:16.85
経産省ぼやで脱原発市民団体のメンバー逮捕

東京・霞が関の経産省敷地内で起きたぼやで、警視庁は建造物等損壊容疑で脱原発市民団体のメンバーを逮捕。

https://this.kiji.is/193757980091516407?c=39546741839462401


経産省前植え込みに火=損壊容疑で男逮捕-警視庁


16日午後3時40分ごろ、東京都千代田区霞が関の経済産業省前で「植え込みに火を付けている人がいる」と通行人から110番があった。警視庁丸の内署員が駆け付けたところ、植え込みの枯れ草の一部が焼けていた。火は既に消えており、けが人はいなかった。


同署は現場にいた住所不詳、無職の男(78)が「自分で火を付けた」と話したため、17日未明に建造物等損壊容疑で逮捕した。
同署によると、男はその後、黙秘しているという。枯れ草のほか、植え込みと接する地下鉄出入り口の外壁縦15センチ、横1メートルが焦げた。男は同省敷地内にテントを設置していた脱原発市民グループのメンバー。(2017/01/17-01:28)


http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011700016&g=soc


元スレ:・【社会】経産省ぼやで脱原発市民団体のメンバー逮捕

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ