index1: 張り手(愛媛県) [EU]2017/03/26(日) 22:29:26.32
森友問題、政府説明「納得できず」74% 本社世論調査
3月26日 22:02

日本経済新聞社とテレビ東京による24~26日の世論調査で、安倍内閣の支持率は62%だった。2月下旬の前回調査(60%)と比べて横ばいだった。

不支持率は前回と同じ30%。学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、これまでの政府側の説明に「納得できない」と答えた人は74%で、「納得できる」の15%を大きく上回った。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H25_W7A320C1MM8000/


元スレ:・【パヨク大敗北】 安倍内閣支持率、まさかの上昇で62%に 森友騒動と内閣支持率は完全に無関係に

1日1クリックで応援してね
本文を読む

bandicam 2017-03-27 00-08-52-9681: ちゃとら ★ 2017/03/26(日) 22:00:03.76
 26日、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」でお笑い芸人の千原せいじが、スキャンダルで安倍政権を打倒しようとしている野党議員に対して「政治家のレベルが低い」と一刀両断した。

 番組では、今大きな騒動に発展している“森友学園の国有地売却問題”をピックアップ。23日、騒動の渦中にいる森友学園・籠池泰典理事長の証人喚問が国会で行われた。籠池理事長の発言がクローズアップされる中、議論の中心は「100万円寄付」疑惑問題。野党は国有地売却問題を問いただすのではなく、終始「100万円寄付」疑惑問題を追及し、与党を追い込もうとしている。寄付金に関して、籠池氏は寄付の事実を主張しているが、安倍晋三首相の夫人・昭恵氏は完全否定。決定的な証拠がないため、水掛け論に発展している。

 せいじは「国会でする重要事項なのかな? こんなことで時間かけて、もっと安倍さんの政権(を打倒するなら)…自分たちの政策であるとか、そういうことで安倍さんを引きずり下ろすとかなら分かるんですけど」と野党の攻め方に疑問を投げかけ、さらに「なんか野党の人達…政治家としての資質というか、政治家としてのレベルが低いですよね」と辛辣な意見を述べた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12850417/


元スレ:・【森友学園】千原せいじが森友学園めぐり野党議員を一刀両断「レベル低い」

1日1クリックで応援してね
本文を読む

a0efb4391: ダース・シコリアン卿 ★2017/03/26(日) 20:57:00.96
【社説】経済再生、何もできない韓国・不可能はない日本
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
 
韓国が通貨危機以降で最悪の経済低迷に苦しむのとは対称的に日本経済が「失われた20年」に終止符を打ち蘇ったとのニュースが相次いでいる。青年が職場を選ぶほど雇用があふれ、企業が競争力を取り戻し、不動産・株式市場にも活気が戻った。あらゆる経済指標が好転し、国全体が自信を回復した。

わずか4-5年前まで状況は真逆だった。当時韓国は世界的な金融危機を早期に克服した成功モデルとして挙げられる一方、日本経済は瀕死の状態だった。日本は1990年代以降のデフレのわなに落ち、景気低迷に終わりが見えなかった。世界市場を追われた日本企業はサムスン電子、現代自動車に学ぼうと韓国研究に乗り出した。

2011年3月には東日本巨大地震と福島原発事故が追い打ちをかけた。皆が日本の「失われた20年」は30年に延びると考えていた。そんな日本経済が劇的に復活したのだ。


日本経済が泥沼を脱出したことにはさまざまな秘訣(ひけつ)があっただろうが、安倍晋三首相のリーダーシップが最も重要な役割を果たしたという点は疑うべくもない。最近安倍首相は夫人が関与した国有地売却スキャンダルで支持率が低下したが、経済運営だけは高い評価を受けている。朴槿恵(パク・クンヘ)政権と同じころに政権の座に就いた安倍首相は思い切った資金供給と企業寄りの資金緩和を行い、経済の悪循環を反転させた。

12年12月の政権発足当時、1万円前後だった日経平均は現在2倍近くに上昇した。昨年の有効求人倍率は1.43で20年ぶりの高水準となった。就職希望者1人に1.43件の雇用が待っているという意味だ。韓国人にとっては夢のようなことが起きている。

日本の復活は政治的リーダーシップがちゃんと機能すれば、国家と経済の運命が変わることをまざまざと見せつけた。安倍首相は大規模な金融緩和、拡張的な財政政策、民間投資を呼び起こす成長戦略という「3本の矢」政策を就任から半年で立て、電光石火のように推進した。

無制限に資金供給を行うため、過去最高の通貨供給を行い、過激だと悲鳴が上がるほどの円安政策を取った。そうした政策を国際社会が容認する環境も事前につくり上げた。ようやく輸出が増え、企業業績が上向き、雇用と消費が復活する好循環が始まった。

財政支出とともに規制を緩和し、各地に戦略特区を設け、新たな産業を育成した。破綻企業の事業再編を支援する法律も制定した。韓国国会が混乱の末に修正を重ねて可決した「ワンショット法(企業活力向上促進法)」が日本では瞬く間に処理された。

規制天国と言われた日本が現在はバイオ、人工知能(AI)、自動走行車など第4次産業革命で先頭を走っている。韓国では規制に引っ掛かる新産業が日本では雨後の筍(たけのこ)のように生まれている。 >>2につづく

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401720.html

1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/03/26(日) 15:52:36.71
王桜花100年論難「済州が真の原産地」
世界唯一自生地…煤煙・剪定で桜並木の樹齢減り「対策必要」

(済州=聯合ニュース)ピョン・ジチョル記者=済州の王桜祭りが五日後に迫った。

20m近くになるすらりとした王桜の木から豊かに咲き始めた桜の花でトンネルを成した祭り会場は、時折雪のように舞う花が幻想的な景観を作り出す。

世界唯一の王桜の自生地、済州。

学界の遺伝子分析と相次いで発見された自生王桜の存在だけで、100年以上続いた原産地論争を鎮静化させるには十分だ。


▽満開の南方の王桜[連合ニュース資料写真]
PYH2013032908130005600_P2_20170326090502944

◇王桜の原産地は「済州」
昨年5月に済州山間で最高齢の自生王桜が発見されて話題になった。

海抜607mの高さの済州市奉蓋洞ゲオルムの南東側斜面で、樹齢265年になる王桜の木が発見されたのだ。

木の高さは15.5m、根元周りは4.49mもなり、今までに知られた王桜の中で最大の大きさだ。 この木の年は木片を抽出・分析して推定した。

これまで知られた最大かつ最古の王桜は、天然記念物159号「奉蓋洞王桜自生地」の3本のうちの一本だ。この木は高さ15m、根元周り3.4m、樹冠幅15m、推定樹齢200年だ。

最高齢の王桜の発見は、桜をめぐる韓・中・日の原産地論争で済州道が唯一の王桜の自生地であることをもう一度確固たるものにした快挙だった。


樹齢265年、済州にある王桜の風采(済州=聯合ニュース)
済州市奉蓋洞ゲオルムで発見された樹齢265年、王桜の木。2016.5.3[暖帯・亜熱帯研究所の提供]
PYH2016050302740005600_P2_20170326090502952

王桜の原産地論争は今から100年以上前にさかのぼる。(>>2以降につづく)

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009136377
 

寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

4602488i1: 動物園φ ★ 2017/03/26(日) 17:24:44.79
レコードチャイナ 2017年3月25日 20時00分 (2017年3月26日 17時10分 更新)

2017年3月24日、北京時間は記事「“中国を愛している、祖先の暮らしていた土地だ”とロッテ会長」を掲載した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは24日、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長のインタビューを掲載した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に伴う中国でのロッテバッシングについて「驚いた」とコメントしている。

一企業であるロッテにとって、政府の要求を拒むことはできなかったとして理解するよう訴えたほか、祖先の暮らしていた土地である中国を愛しているとも発言。今後も重要な市場である中国での業務を続けられるよう希望していると述べている。(翻訳・編集/増田聡太郎)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170325/Recordchina_20170325028.html


元スレ:・【国際】報復措置でピンチのロッテ「中国を愛しています」「祖先の暮らしていた土地だ」

1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: シャチ ★2017/03/26(日) 12:31:31.72
【東京】東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会は25日、東京都の青山学院大学で「沖縄問題とは何か」をテーマに第5回公開シンポジウムを開いた=写真。

20170326-00000016-ryu-000-1-view

基調講演した白井聡京都精華大学専任講師は、行政や財界など日本全体が総じて「ネトウヨのような筋が通らない右傾化が進んでいる」と指摘。
翁長雄志知事が辺野古新基地問題で「日本の民主主義の品格が問われている」と言ったことを挙げ「(それに対する)答えは品格がないということだ」と強調した。

白井氏は「保守を名乗る人の間で、反米なのか、親米なのかよく分からない状態があるが、彼らのそんな精神状態の分裂が統一する時はアジア諸国民をヘイトする時だ。『自分たちはあなたたちと違う、欧米並みの国なんだ』と。そのヘイトが中国、韓国・朝鮮人だけでなく、沖縄にも向けられている。今後それが活発化するのを大変危惧している」と語った。

このほか、作家の佐藤優氏が「沖縄アイデンティティーと日本」と題して話した。松島泰勝龍谷大教授はアジアや西洋の国際関係の中で琉球独立論を位置付けた。高良鉄美琉球大教授は憲法の視点から東アジアの中の「琉球」について報告した。

画像 白井聡氏
20170326-00000016-ryu-001-1-view

琉球新報 3/26(日) 11:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000016-ryu-oki

1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/03/26(日) 13:21:10.07
「森友問題の真相究明を」 市民1千人がデモ 大阪
2017年3月25日21時28分

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、真相解明を求める市民らが25日、大阪市西区の靱(うつぼ)公園で集会を開いた。関西の弁護士や大学生らの有志でつくる「3・25安倍政権に反対するデモ実行委員会」が主催。参加した約1千人(主催者発表)は集会後、市内をデモ行進した。

 参加者らはラップ調の音楽に合わせ、「森友問題の真相究明を」「共謀罪に反対」などとアピール。
実行委の湊隆介さんは「訴えは様々だが、普通の人が普通の暮らしを送れるような政治にすべきだという思いは一緒だ」と話した。

http://www.asahi.com/articles/ASK3T5SB6K3TPTIL013.html




1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/03/26(日) 11:35:51.09
有田芳生 認証済みアカウント@aritayoshifu
安倍晋三擁護マスコミチームの面々。
山口敬之さんを藤原新也さんは
「写真家の目から見るならこの男の人相が相当胡散臭いのは一目瞭然だ」と喝破。
田崎史郎さんのことも「老獪」という。政局は人間像をくっきりと浮かび上がらせます。

(※)山口敬之氏=左から3人目
C7xJUQFVsAA_xmX
https://twitter.com/aritayoshifu/status/845635089354518529

三木貴幸@miki_takayuki

@aritayoshifu
お前の方がよっぽど胡散臭いっつーの!

http://pbs.twimg.com/media/C7xOq2pVQAQXTyw.jpg
https://twitter.com/miki_takayuki/status/845637330325028864

Duke13@land560

@aritayoshifu また、「誰某が言っている」パターンですか?
議員なのに伝聞形式でしかツィートしない貴方はズルすぎます。いい歳なんだから、もし「日本人なら」恥を知りなさい!情け無い。
https://twitter.com/land560/status/845643823636103169

七星テンガロン@Ge08Jqh82GJftsC

@aritayoshifu 相変わらず、他人の意見に乗っかって、いざとなったら逃げ道を確保しておく卑怯な男。
https://twitter.com/Ge08Jqh82GJftsC/status/845752903625129984

もふもふ@XxMF8Hf3G0Vb1gE
@aritayoshifu
そういった下らない陰口しかいえないお前はどうなんだ?
https://twitter.com/XxMF8Hf3G0Vb1gE/status/845749958116438016


元スレ:・【話題】有田芳生「安倍晋三を擁護する山口敬之さんの人相が胡散臭いと藤原新也さんが喝破」

寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/03/26(日) 02:24:04.00 I
リアルサウンド 3/25(土) 13:00配信

 K-POPシーンに、また新たなムーヴメントが巻き起こっている。5人が韓国出身、3人が日本出身、1人がCHINA-Tainan出身の9人組・TWICEは、これまでのK-POPの潮流を受け継ぎつつ、ポストEDMへと向かう最新型のダンスミュージックともリンクし、さらにはアイドルポップスの在り様までも更新している、期待の大型新人グループだ。すでに日本の女子高生の間で、彼女たちの振り付け「TTポーズ」が人気になっていることで、彼女達の存在を知っている方も少なくないだろう。6月28日の日本デビューに先駆けて、K-POPの最終兵器・TWICEの音楽的魅力を改めて紹介していきたい。

d142a40f437b73c6dc0ffb3d370b1fcb

 K-POPは近年、日本の音楽シーンにも大きな足跡を残してきた。少女時代とKARAは、2011年『第62回NHK紅白歌合戦』への出演を果たすなど、日本中に一大ムーブメントを巻き起こし、iKONは2016年の『第58回日本レコード大賞』で新人賞を受賞、EXOは女性ファッション誌『non-no』と『RAY』の表紙をダブルで飾る人気ぶりで、BIGBANGのコンサート動員力はもはや国内トップクラスだ。その華やかでスタイリッシュなパフォーマンスは、多くの若者、特に女性たちから熱心な支持を集めてきた。

 しかし、筆者も含めたポップミュージックを愛する者にとって、K-POPがもたらした最大の衝撃は、実はそのサウンドにおける「音圧」だった。山下達郎氏も言及していたが、K-POPのマスタリングは革新的で、少女時代が2009年に発表した「Genie」は多くのリスナーを驚かせた。彼女たちは、アイドル的な魅力を保ちながら、音の鳴り方が命と言える最新のダンスミュージックと同じ音圧を手に入れてしまったのだ。まさに、K-POPが“世界水準”のポップミュージックとなった瞬間だった。そして、この度のTWICEの登場によってK-POPはさらに驚くべき進化を遂げたのである。

 TWICEは、2015年に新しいガールズグループをデビューさせるというTVのオーディション番組『SIXTEEN』から誕生、多国籍でありながら自然体のキャラクターが大受けし、同年10月にタイトル曲「Like OOH-AHH」含む1stミニアルバム『THE STORY BEGINS』で韓国デビュー、新人女性歌手の中でアルバム売上枚数1位を記録し、各種ストリーミングでも圧倒的な再生数を誇った。そして2016年4月に満を持してリリースされた2ndミニアルバム『PAGE TWO』も大ヒットし、タイトル曲「CHEER UP」のMVは、K-POP史上最短でYouTubeの再生回数一億回を記録、その年の韓国で最も聴かれた楽曲となった。その勢いのまま、同年10月に発表された最新ミニアルバム『TWICEcoaster : LANE 1』のタイトル曲「TT」も、音楽チャートの一位を総ナメし、自らのYouTube再生記録をまたまた塗り替えてしまう。インターネットの爆発力も味方に付けたTWICEは、たった一年でモンスター級の国民的アイドルグループになったのだ。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010008-realsound-musi


元スレ:・【韓国】K-POP最終兵器「TWICE」、6月日本デビュー

1日1クリックで応援してね
本文を読む

98edc2b9e26c05c8f5491871865c2ad91: Egg ★2017/03/25(土) 21:57:35.88
24日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、韓国の女性アイドルグループ・KARAのメンバーだった知英(ジヨン)が、日本で芸能活動する苦悩を語った。

番組では、知英がゲストとして登場。知英はKARA脱退後、2年半前に日本で女優活動をスタートした。理由は「日本の作品がすごく好きだった」から。

現在では、言葉の壁を乗り越え、連続ドラマで日本人役に抜擢されるなど、活躍している。

しかし知英は、ここまでの道のりを「自分が思ったより簡単なことじゃなかった」と回想。「日本語のセリフひとつでも、イントネーションひとつ直すのも、すごく大変」と、夢と現実のギャップに苦しんだという。

さらに、知英は「自分で言うのも嫌なんですけど、日本側と韓国側両方(から批判が)あったんですよね」と明かしたのだ。

日本では、人気のあるキャラクター役を演じる際に「なんで韓国人がやらなきゃいけないんだ」「なんで、この人なのか?」といった批判があり、「私じゃダメなのかな?」と思ったそう。また、韓国からは「なんで、日本で活動しようとするんだ?」との声があり、
日韓を取り巻く環境に翻弄され、「やっぱりダメなのかな…」と、ホームシックになったこともあったそうだ

2017年3月25日 17時30分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12846657/

1日1クリックで応援してね
本文を読む


このページのトップヘ