1:ななしさん 2020/07/05(日) 10:47:43.41
第11管区海上保安本部によると、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国船は5日午前8時40分現在、領海内にとどまっており、3日に記録した30時間17分を超えて過去最長となった。


index
 
本文を読む

58605e4bd8e40604ad58e8d3945fae2a0c00aef9.10.2.9.21:ななしさん 2020/07/04(土) 13:29:47.98
津田大介
毎年、9月1日に、東京都墨田区の横網町公園で行われている、関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者を追悼する式典について伺いたいです。歴代の知事が式典に追悼文を寄せていましたが、小池さんの知事就任直後、16年は送付したんですが、17年からやめられています。

その理由は「震災の犠牲者すべてを対象とする法要で哀悼の意を示しているから」ということですが、そもそも虐殺で殺された人たちと、震災で亡くなった人たちは性格が異なるものであるという指摘があります。対して小池さんは、「さまざまな歴史認識がある」と曖昧にお答えされている。

それとも関連しますが、追悼式典の実行委員会が出している、この横網町公園の占用許可の申請受理を、都が3回にわたって拒否しています。それに抗議するネット署名が3万以上集まってもいます。それに対して、なぜ17年からこれをやめられたのか。どのような歴史認識で行われているのか、はっきりお答えいただければと思います。

小池都知事 

毎年、9月、3月、横網町の公園内の慰霊堂で開かれております大法要で、関東大震災、その先の大戦の犠牲となられた方々への哀悼の意を表しているところであります。大きな災害で犠牲になられた方々、それにつづいて、さまざまな事情で犠牲になられた方。これらのすべての方々へ対しての慰霊の気持ちに変わりはございません。そして、なんでしたかしら?

津田大介

であれば、なぜ一時は出していたものを、取りやめという形にしたのか?

小池都知事 

いえ、それはですね、今申し上げましたように、さまざまな事情で犠牲になられた方。大きな災害で犠牲になられた方。その方々の、お気持ち、お心、ということで、哀悼の意を表させていただくのが、毎年9月、3月の慰霊堂での式であるということであります。

津田大介

虐殺と自然災害のものを、一緒くたにして問題ないという認識ということでよろしいでしょうか。

小池都知事

慰霊をするという点で、この大法要での慰霊に合わせていただいております。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1ba69ac089417bbd9e79ce2c0c8d596c6883665

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 19:18:11.50 I
韓国企業の「脱日本依存」いばらの道

【ソウル=豊浦潤一】韓国のサムスン電子やSKハイニックスなどの半導体メーカーは、日本の対韓輸出管理措置厳格化に対して在庫でしのぎ、工場の生産停止といった実害は回避した。

ただ、韓国の全国経済人連合会が外部機関に依頼して6月下旬に行った調査では、対象企業149社のうち、過去1年間に日本から素材・部品を輸入する際に「困難があった」と回答したのは23・5%に上った。

韓国企業は、文在寅ムンジェイン政権の「脱日本依存」の号令下、素材・部品の日本に代わる輸入先の確保や国産化を進めている。聯合ニュースによると、今年1~5月にベルギーから輸入した半導体の基板に塗る感光剤「レジスト」の金額は872万1000ドルと昨年同期比で約18倍に急増。輸入全体にベルギー製が占める比率は0・4%から5・8%に増えた。

ただ、国産化は品目によっては容易でないようだ。SKマテリアルズは6月17日、半導体洗浄などに使う純度99・999%のフッ化水素ガスの量産を始めたと発表した。しかし、「高性能の半導体は、より高純度の日本製で洗浄しないと信号処理でエラーが生じる恐れがある」(業界関係者)ため、引き続き日本製に頼らざるを得ない状況だという。

2020/07/04 18:47
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200704-OYT1T50207/

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 17:04:07.96
Shoko Egawa
日本のことは日本のことで振り返るのは大事ですが、韓国が言うことが史実と違う、
もしくは言論表現学問の自由を侵している、という場合でも、それは黙っているべきだという主張には同意できません。

Shoko Egawa

念のため付け加えると、韓国の問題を指摘することと、日本の過去を省みることとは、
相対立するものではなく、両者は両立します。そうあるべきだと思います。

no title

https://twitter.com/amneris84/status/1278707024855883781
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 17:09:29.86
■都知事「他県への不要不急な移動は遠慮を」

東京都の小池百合子知事は4日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに131人報告されたことを受け「他県への不要不急な移動は遠慮してほしい」と都民に対して呼び掛けた。都内で記者団の取材に応じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b776d8d873559884463d4c2ae0078d5e5659f24b
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 13:07:06.73 I
「韓国が日本企業の資産を現金化して押収すれば、日本政府は2桁台の数の対応措置を取ることを検討している」

産経新聞が4月30日、報じた内容だ。1年近く続いている韓日の経済対立は今後、さらに大きなヤマを迎えることになる。今年8月にも韓国の裁判所が日本製鉄の韓国国内の資産を強制的に差し押さえて売却し、徴用被害者に賠償を行おうとしており、日本がそれに反発し、追加的な報復を予告しているからだ。


韓国産業界は日本による第2次報復が現実となれば、昨年の半導体・ディスプレー素材3品目の輸出規制を上回る影響が生じることを懸念している。

西江大の許允(ホ・ユン)国際大学院長は「韓日問題は両国が常に政治的にばかりアプローチしており、国内産業界が被害を受けている。両国間の対立は結局、韓国と日本のライバル国に利することになる」と指摘した。

no title

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 00:13:19.99
コロナ19発生後、我が国は積極的な防疫で世界的な信頼を得たし、国民は今や我が国が先進国であることを知った。コロナ19前に予測された経済指標とは差があるが善戦したというニュースが聞こえ、国民の積極的な努力で大規模感染発生を遅らせた。

今回の事態でも分かるように韓国人のDNAは特別だ。危機がくれば犠牲を恐れず、猪突的に危機を克服しようとする国民性は私たちだけの特別なものだと言える。私たちは危機が発生した時、家族のため、周辺のため、進んで国のために犠牲になることをためらわなかった。
壬辰倭乱の時、君主が捨てた国を国民がどうにか守り、日帝強制占領期間には命を犠牲にして独立運動をした。国債補償運動、金集め運動から最近のコロナ19事態までそのDNAは続いた。

今は社会的距離をおくことと行動半径の制約で個人活動を犠牲にしている。同時に医療関係者の事態鎮静のための献身は大韓民国を越えて世界的な模範事例になったし各種の賛辞が続いた。防疫には失敗しても現状をよく克服しながら私たちは危機に強いことをもう一度悟ることになったし、戦後の廃虚から数十年間で作ってきたインフラと周辺環境がこれからは大きな機会になることをコロナ19を通じて知ることになった。

大きなチャンスの中で第一は国民性だろう。私たちは不思議にも力がある時とない時の行動に違いがある。ない時はその弱さを越えるために不断に努力する。韓国戦争(朝鮮戦争)で国が廃虚になって以来、多くの労働時間で自身を犠牲にして金を儲け、独裁国家になった後は自由を犠牲にして不正に対抗した。(中略)

安全な国民と安全な国。これが二番目の機会になるだろう。代表的には観光業で明確な影響が現れるだろう。コロナ19後、旅行の基準は安全になるだろう。今回の事態でわかるように安全な国民と安全な国の基準を満たすことができる国は大韓民国を含めて何カ国もない。安全性は自然環境や食べ物を楽しむ第一次元の観光だけでなくショッピング、エンターテイメント、医療、教育など文化観光が主をなす私たちの観光業と相まって大きな機会になるだろう。コロナ19は安全な大韓民国と安全な韓国人を今一度、世界に知らせる契機になったし、このような安全性の浮上は我が国をかつてなかった新しい形態の文化観光大国にするだろう。

三番目の機会は日本だ。世界的にすでに彼らの産業インフラは構築されているが、コロナ19で安全に問題が生じ、表裏が異なる彼らの国民性が今回の契機に全世界に明らかに知られたので彼らは急速に信頼を失うだろう。世界はその過程で危険な日本の代わりに安全な韓国に目を向けるだろう。自然に日本の主力産業は私たちのもので代替され、日本に集まった観光客の足取りは我が国に向かうだろう。率直に言えば今後、私たちがより一層成長するためには日本が持っていたインフラをどれほど早く奪い取ってくるかが重要になるだろう。


本文を読む

index1:ななしさん 2020/07/03(金) 23:41:56.92
自民党外交部会と外交調査会が3日の役員会で、中国による「香港国家安全維持法」制定に反発し、中国の習近平国家主席の国賓来日中止を求める決議案をまとめたことに対し、二階俊博幹事長サイドが猛反発している。部会側は来週中に党内手続きを終え首相官邸に申し入れる構えだが、中国との太いパイプを持つ二階氏が「待った」をかける可能性もあり、党内で緊張感が高まっている。

岸田文雄政調会長は3日、決議案について、部会側に対して党内全議員が出席できる部会総会で諮るよう指示。6日の総会開催が決まった。二階氏サイドが岸田氏に掛け合い、決議案の文面を外務省と調整するよう求めた。

かつて田中角栄元首相に師事した二階氏は独自の中国人脈を築き、2016年の幹事長就任以降は習氏ら要人との会談を重ねて日中関係の改善を後押ししてきた。だが決議案については事前に報告がなく、二階派関係者は「中国と摩擦を起こしても仕方がない。勝手なことはさせない」と述べた。それに対し、党内の保守系議員で構成する「保守団結の会」(代表世話人・高鳥修一筆頭副幹事長)は3日、決議案の内容を後退させるべきではないとし、会員43人に部会総会への出席を呼びかけた。

https://mainichi.jp/20200703/k00/00m/010/331000c
本文を読む

index1:ななしさん 2020/07/03(金) 21:50:38.49
自民党の石破茂元幹事長は3日、日経新聞主催のイベントで講演と質疑応答を行い、日本は米国と中国のいずれか二者択一の立場は取らないと述べ、日米同盟を両国の関係が対等なものに見直す必要性を強調するとともに、中国に対して領土の拡張を許さないことが重要と指摘した。

<駐留経費4倍引き上げ、「日米同盟とは何かを突き付けている」>

石破元幹事長は日本の将来像として「持続可能で独立した国家」とのイメージを示した。

ボルトン前米大統領補佐官の著作で明らかになったトランプ大統領による在日駐留米軍経費の3-4倍引き上げ要求に関して、真偽は知らないと前置きをしつつ「同盟とは何かを突き付けている」と指摘。日米同盟は「双方の国が負担する義務の内容が異なる世界で唯一の同盟」と形容し、「単なるディールの関係なのか、米国との関係をより対等なものにする必要がある」と強調した。

日米安全保障条約に関して「日本と米国で解釈が全然違う可能性がある」とし、重光葵外相がダレス米国務長官との会談(1955年)で、自衛目的なら米領グアム防衛のために自衛隊を海外派兵することは憲法上許容されるとの見解を示した際に、ダレス国務長官は「日米同盟によって米国が得られるものは、日本に駐留する権利だと喝破している」と例示した。

その上で石破氏は米軍の「三沢、横田(基地)に、何が何のためにあるのか、法的・能力的に検証し、どのような役割分担か認識した上で改善すべき」と主張した。

<中国の領土拡張、認めない同盟の連携必要>

中国に関しては「長い間、(中国が)豊かになれば民主的な国になると米国などはナイーブに信じていたが、香港への対応を見ていると、全然そうではなかった」と述べ、強硬措置を取る国との認識を示した。

中国による領土拡張の動きに対して「それは認めないと言う力を持たねばならない、(周辺国との)同盟の連携を持たねばならない」と強調した。同時に天安門事件後に国際的に孤立した中国にいち早く日本が経済連携を示したことが「今日の状況をもたらした」とも指摘した。

日韓関係は「悪化することで日本にプラスはない」と指摘すると同時に、韓国や東南アジア諸国の歴史・文化を日本が理解し関係を強化する必要性を強調し、日本側が強化しなければ「中国が手を伸ばしてくる」と警戒感を示した。新型コロナウイルスによる活動自粛期間中は韓国の歴史を勉強したと披露した。



https://news.yahoo.co.jp/articles/71f2f2097d6c28cbcf7f100ba9f3a5c3455713e5

本文を読む

このページのトップヘ