1:話題のニュース 2018/09/11(火) 17:18:20.46
ゴゴ通信

台湾に設置された慰安婦少女像に蹴りを入れた日本人右翼男性が、台湾国民から激しい抗議を受けている。

事件が起きたのは9月6日、台湾に設置されている慰安婦少女像の抗議と撤去の要求のために右翼団体が
16箇所の設置場所を訪れた。問題の事件が起きたのは台南市国民党支部で、少女像の撤去を要求し、
藤井実彦という人物が少女像に蹴りを入れた。その一部始終は撮影されており、また監視カメラも捉えていた。

no title

国民党事務局側はその行為を屈辱的だとしており、台南市議会の国民党事務局所属は「ここに来て、
台湾人の尊厳を踏みつけ(日本によって)強要された慰安婦を侮辱する(藤井実彦の)行動を容認や我慢できない」と明らかにした。問題は更に大きくなりネットだけでなく一般市民もデモが行われ、10日になると100人の市民団体が台北市の日本台湾交流会の建物前に集まり大規模なデモが開かれ、卵やインクを投げつけるという行為が行われた。

そればかりか日本製品の不買運動や、旅行禁止など日本への不信感がこの慰安婦少女像の蹴り1つで急拡大している。


デモでは「藤井実彦が少女像の前でひざまずいて謝罪するまで出国禁止にするべきだ」と主張し、また日本政府へ公式謝罪を要求。

友好関係があった台湾と日本が今回の件で一気に悪化しそうで、日本のネットユーザーも藤井実彦に対して「何してくれるんだよ」、「マジで謝罪してこい」、「謝罪じゃなくて投獄されろよ」、「永久追放でいいよ」、「死んで詫びろ」という怒りの声が挙がっている。

藤井実彦は当初、「角度のせいで蹴っているように見えるだけ」と主張していたが、別角度の動画が発覚後は「ストレッチで足を伸ばしただけ」と主張を変えた。

※藤井実彦は幸福の科学、テキサス親父とも親交がある

http://gogotsu.com/archives/42947

本文を読む

index1:話題のニュース  2018/09/11(火) 11:31:01.23
自民党総裁選は10日、安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による本格論戦がスタートした。所見発表演説会前に開かれた石破氏の壮行会では、支持議員全員が青いチーフを身につけて参加。

「1強」に挑む「侍」を印象づけるイメージ戦略に出た。一方、10日に首相が訪露した安倍陣営は、支持議員が手分けして党所属議員の事務所を回る「ローラー作戦」を開始。組織戦を本格化させた。

 約40人が参加した石破陣営の壮行会は、石破氏が青いチーフに加えて、紺のスーツにライトブルーのボタンダウンシャツを着用する「全身青」の姿で登場。

選対本部長の尾辻秀久元参院副議長は「侍の色を胸に戦おう。武士道をもって正々堂々侍の戦いをしよう」と発破をかけ、石破氏も「全身全霊を焼き尽くす覚悟で戦いに臨む」とあいさつした。

石破陣営は、知名度の高い小泉進次郎筆頭副幹事長の支援にも期待を寄せる。ただ小泉氏は10日、「(14日の)青年局・女性局主催の公開討論会を、青年局長経験者としてしっかり見たい」と記者団に語るにとどめた。



自民党の石破茂元幹事長は31日、TBSラジオの番組で、「われわれは代議士と言われるが、 国民の気持ちを代弁し、議論するための侍だ」と語り、自民党総裁選での活発な政策論争の必要性を強調した。

石破氏による安倍政権批判に対しては、党内に反発もある。 これに関して石破氏は「議論をすると、『後ろから鉄砲を撃つのか』『批判するのか』と言われる。太平洋戦争のころに、何か言うと『非国民』と言われたのとなんか似ていたら嫌だなと思う」などと語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000131-jij-pol
本文を読む

index1:話題のニュース 2018/09/11(火) 08:30:02.12
■ 女性家族部、警察と今年8月まで未成年者の性犯罪捜査
■ 売春斡旋など計23件、43人摘発

イーデイリー(韓国語)

中学3年生の少女A(15歳)はチャットアプリを通じ、不特定の男性を対象に性売買のメールを送って男性を募集した。男性が性売買に応じると、中学1年生の少女B(13歳)が約束の場所に向かって性売買をした。少女Aは現金で40万ウォンを受け取ると、そのうち25万ウォンを自分が受け取る形で売春を斡旋した。

21歳の女性C(外国人)はチャットアプリを通じ、D氏(50歳・男)から現金15万ウォンを受け取って性売買をした。Cは20代だったが、未成年と称して身分を騙した。Cは、「未成年と言えばより多くの対価を貰えるから」と話した。Cは不法滞在中の外国人である事が分かった。取り締まり班は法務部にCの強制退去を依頼している。

女性家族部は警察と協力して去る1月から8月まで、チャットアプリを悪用した未成年者を対象の性犯罪合同捜査を行った結果、同年代の未成年者に性売買を斡旋した未成年3人を含む23件、43人を摘発したと11日に明らかにした。

摘発された内容は未成年者対象の性買収13人、売春斡旋5人(未成年3人、成人2人)、宿泊業者1人と被害未成年24人である。

同年代の未成年者に売春を斡旋した未成年(通称=青少年抱主)3人は、それぞれ16歳が1人、15歳が2人で年齢層が低かった。これらは全て遊興費を得る目的だったと明らかにした。

本文を読む

index1:話題のニュース 2018/09/11(火) 01:15:56.41
9/10(月) 13:49配信
中央日報日本語版

サムスン電子のブランド価値が対昨年比57%増となる90兆ウォン(約8兆8600億円)に迫り、歴代最高値を記録した。これは韓国トップ10社をすべて合わせた額を上回る数値だ。

英国ブランド評価専門有力コンサルティング会社の「ブランド・ファイナンス(Brand Finance)」が最近発表した「2018韓国ブランド価値50大企業」リストで、サムスン電子の今年のブランド価値は88兆8000億ウォンで昨年(56兆5000億ウォン)に比べて57%も増加した。ブランド等級は最高等級「AAA+」で昨年(AAA)よりも高まった。

2位は現代車が占めた。現代車のブランド価値は11兆3000億ウォンだった。3位LGエレクトロニクスは8兆ウォンを記録した。

4位以下はSKテレコム(7兆7000億ウォン)、KT(6兆ウォン)、SKハイニックス(5兆9000億ウォン)、韓国電力(5兆8000億ウォン)、起亜車(5兆3000億ウォン)、KB金融グループ(5兆3000億ウォン)、サムスン物産(4兆5000億ウォン)などとなっている。

特に、SKハイニックスはメモリー半導体市場の好況で1年ぶりに84%増加し、昨年16位から今年6位に大きくランクアップした。

サムスン電子のブランド価値は2~10位グループのブランド価値をすべて合わせた59兆8000億ウォンよりもはるかに多い。


サムスングループ全体のブランド価値は105兆ウォンで、世界4位に達すると評価された。ブランドファイナンスは、「サムスングループのブランド価値は世界でアマゾン(179兆)、アップル(165兆)、グーグル(145兆)に続き4位に該当」とし「フェイスブックも抜いた」と説明した。


本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/11(火) 01:38:41.92
香山リカさんがリツイート
あいこ 捕手hj@areareararerere 9月8日
ネトウヨはなんで韓国や中国の発展を認めんのや。
「アジアを解放した日本」にとってアジア諸国の発展は喜びやろ?
隣国を貶して日本をホルホルしてる間に日本はよくなったんか?
現状に満足したら、成長が止まるんやで。
現状を素直に受け止めて、頑張っていこや。

no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/areareararerere/status/1038334188745719809

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/11(火) 01:05:56.13
[単独] チリの選手、韓国のファンと記念撮影で人種差別行為の衝撃
スポタルコリア 2018-09-10 16:04

no title

ベント号(※パウロ・ベント監督率いる韓国代表)との試合のために訪韓したチリの選手が人種差別行為を行った。


あるサッカーファンは10日、「スポタルコリア」に人種差別行為を情報提供した。このサッカーファンはチリの選手たちと記念撮影をしたが、ある選手が目を引き裂く手の動きをしたのである。目を引き裂く手の動きは、東洋人を卑下するときのジェスチャーだ。

情報提供したサッカーファンは、「昨日(9日)水原駅でチリの選手に会って写真を依頼した。撮る時は分からなかったが、撮った後で確認してみたらある選手があんなポーズを取った」と述べた。

その選手はディエゴ・バルデス(24、モレリア)であった。バルデスは、サッカー好きなファンの心をいたずらに受け入れながら、してはならない行為をしたのである。

代表チームの試合のために韓国を訪れた選手たちの人種差別行為は毎回続いている。昨年U-20ワールドカップに出場したウルグアイのフェデリコ・バルベルデはゴールパフォーマンスで目を引き裂くジェスチャーをした。昨年11月にAマッチのため訪韓したコロンビアのエドウィン・カルモナも韓国選手たちに向かって同じ動作を取り、出場停止処分を受けた。

http://sports.news.nate.com/view/20180910n28135

本文を読む

857592e11:話題のニュース 2018/09/10(月) 09:09:42.88
2018/09/10 08:51

韓国経営者総協会(経総)は9日、全国の従業員5人以上の企業527社を対象に調査した結果、94.3%が「韓国経済は停滞局面に入った」と答えたと発表した。「分からない」は4.1%、「(停滞局面に入ったとの見方に)同意しない」は1.6%だった。

企業規模別では300人以上の企業では、「停滞局面に入った」との回答は88.9%だったが、300人未満では95.8%に達し、企業規模が小さいほど、景況感が悪化していることが分かった。

今年の秋夕(中秋節)の景気については、昨年と比較して「悪化した」が43.1%、「とても悪化した」が17.9%で、両者合わせると半分を超えた。「昨年並み」は35.7%、「改善した」は3.3%だった。

今年の秋夕にボーナス支給計画がある企業は70.2%で、昨年を1.9ポイント下回った。しかし、1人当たりのボーナス支給額は105万6000ウォン(約10万3800円)で、前年を3万2000ウォン(3.1%)上回った。経総は「ボーナス支給企業は減少したが、支給基準になる基本給など賃金が上がり、金額が上昇した」と説明した。

秋夕の連休日数は平均4.7日で、前年より3.5日減少した。今年は秋夕連休が週末と重なるが、昨年は臨時の休日指定などで連休が長かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/10/2018091000583.html

本文を読む

1:話題のニュース  2018/09/10(月) 22:48:45.06
デイリースポーツ

「U18アジア選手権・決勝、韓国7-5台湾」(10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

韓国が優勝を決めた後、残念なシーンがあった。韓国ナインは延長十回タイブレークを制すると、マウンド上で歓喜の輪を作った。一塁ベンチから飛び出した選手たちは、水が入ったペットボトルを持って駆け出しており、マウンド周辺でウオーターシャワーをして歓喜した。
その後に両チームが本塁であいさつをかわしたが、ペットボトルはマウンド周辺に投げられたまま。韓国ナインはそのまま一塁スタンドへのあいさつへ向かった。

結局、ペットボトルは投げ捨てられたままで、スタッフが拾い集めて閉会式の準備が進められた。力を見せて優勝しただけに、残念なシーンだった。

no title

no title

本文を読む

8e0efa091:話題のニュース 2018/09/10(月) 19:23:07.43
朝日新聞

 気温35度の土曜日。額から汗を垂らしながらビラを配る年長世代を、若者たちが軽い身のこなしでひらりと避ける。見ていて、いたたまれない気持ちになる。

 「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる東京・巣鴨の駅頭で、改憲に反対する活動に立ち会った。若者グループSEALDsに影響を受けて結成した主に60代以上の人たちで、その名もOLDs(オールズ)。

 街頭に立つのは170日を超えたが、「若者で署名するのは1万人に1人」と大学名誉教授の高橋正明さん(73)は言う。今の政権でいいんですかと呼びかけると「いいでーす」と答える。「安倍さんをいじめないで」と言った人もいた。


 メンバーが若かりし頃、世界で若者が反政府デモをしていた。だが今、若い世代の政権与党への支持は高い。昨年の総選挙の出口調査で比例区の自民党に投票した人は60代で29%だったが、20代は47%に上った。

 教育のせいなのか。周囲から浮くのを恐れるのか。50代の記者も加わって議論したが、答えは出ない。

 無知や無関心が理由の一つではという声もある。なら、いわゆる意識高い系はどう考えているのだろう。

 中立的な立場で若者の政治参加を促しているグループの会合で聞いてみた。

 「政権支持イコール保守化ではないのでは」と学習院大2年の男子学生は言いつつ、こう続けた。「野党を選ぶリスクを避けて現状維持を望むのは確かです」

 多感な頃、政権交代と東日本大震災を経験した。大人たちの民主党政権への評価と比べると、安倍政権は大きな失点がないように見える。就職も好調だから交代を求める理由がない。

 大学に入って政治に興味を持ったという東京学芸大3年の女子学生は、自分をリベラルだと考える。LGBTの権利擁護や女性差別撤廃に強く賛同する。その上で、昨年の総選挙で投票したのは自民党だった。

「世代を超えて通じ合う政治の言葉が失われつつある」 若者の政治意識の調査をした大学准教授は、その変化に気づいたと語ります。

 朝日新聞の切り抜きをよく送っ…

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL947WMYL94ULZU01H.html
 
★1:2018/09/09(日) 16:26:33.94
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536504692/

本文を読む

index1:話題のニュース 2018/09/10(月) 16:33:39.47
MERS危機に直面したソウル市…「外国人同乗者64人を探せ」
2018年09月10日14時26分 [中央日報/中央日報日本語版]

3年ぶりに中東呼吸器症候群(MERS)患者が発生し、ソウル市が危機を迎えている。10日、ソウル市は25の自治区の副区庁長を緊急招集して会議を開き、MERS患者A(61)が乗っていた飛行機に同乗した外国人の所在の把握に入った。

ソウル市によると、現在ソウル居住者のうちMERS関連管理対象者はソウル大病院に隔離・治療中のAと密接接触者10人、日常接触者172人。日常接触者の中には外国人64人が含まれている。Aと同じ飛行機に乗って入国した外国人115人のうち居住地をソウルと明らかにした64人だ。

ソウル市は自治区を通じて外国人64人の所在地を把握する方針だ。ソウル市のナ・ベクジュ市民健康局長は「自治区別に外国人が頻繁に訪れる宿舎を中心に宿泊客名簿と該当飛行機を通じて入国した外国人名簿を一つ一つ比較する予定」とし「1人も欠かさず所在地を確認する」と述べた。

所在地が確認されれば能動監視に準ずる措置を取る。ソウル市の関係者は「当事者にMERS日常接触者であることを知らせ、1対1で管理する専門公務員を配置した後、毎日5回ほど電話相談を実施して症状を綿密に確認する」と話した。

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も9日午後、MERS対応緊急会議を開き、これをフェイスブックを通じて生中継し、外国人の日常接触者に対する管理を特別指示した。

この席で朴市長は「包囲網からもれる人が1人でもいればまた別の問題になる。大変な社会的波及と行政浪費など悪夢を繰り返さないよう、搭乗客全体を隔離措置することを求める」とし「航空機に搭乗した外国人の所在もすべて確認すべき」と強調した。

一方、ソウル市は10日から日常接触者に対する管理を従来の「受動監視」から「能動監視」に転換した。受動監視は日常接触者に感染が疑われる症状が表れた場合に管轄保健所に申告する方式だが、能動監視体制では日常接触者に1対1担当公務員を配分し、該当公務員が毎日5回以上の電話をして状態を確認する。

https://japanese.joins.com/article/973/244973.html?servcode=400&sectcode=400

本文を読む

このページのトップヘ