1:ななしさん 2019/12/02(月) 14:20:18.90
2019.12.02 午後12:43

国民が体感するソウルの生活物価が世界の主要大都市よりも高いほうのことが分かっました。


最近の物価上昇率は大きく低下したが、食料品と衣料品が高いためであると韓国銀行は分析した。

今年、ソウルの食料品生活物価指数は128.8で、ニューヨーク111.7、東京101.2、パリ95.8を大きくリードし気づいた。


衣類の生活物価指数もソウルが332.8で、ニューヨーク、東京、ロンドンなど、より高いでした。

賃金は、主要先進国の中下位圏だが、繁華街の家賃が、より高価なことも、高い体感物価の背景に挙げられました。

OECDによると、昨年韓国の平均賃金は3万9千472ドルで、統計が集計された35カ国のうち、中下位圏である20位にとどまった一方、ソウルの繁華街の使用料は地価が高い世界30都市の平均の1.4倍に達ししました。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=055&aid=0000775913&date=20191202&type=2&rankingSeq=4&rankingSectionId=101

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/02(月) 12:44:46.42 I
文在寅(ムン・ジェイン)大統領に向けられる米国の視線が尋常でない。先日、ホワイトハウスの参謀が記者らを呼んで「韓国で大統領弾劾を要求するデモがあったが知っているか」と尋ねた。ハリス駐韓米国大使は「文大統領が従北左派に囲まれているというが…」と発言した。8月22日、韓国政府が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しないと決定した後に生じたことだ。先月かろうじて終了が猶予されたが、終了決定直後に「米国も理解を示した」という青瓦台(チョンワデ、大統領府)の発表は嘘であることが明らかになった。

GSOMIA事態の波紋は、防衛費分担金5倍引き上げと在韓米軍撤収カードに触れているトランプ大統領には好材料となる可能性がある。米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓国部長が述べたように、トランプ大統領は過去30年間に「在韓米軍不必要論」を114回も叫んだ。昨年のシンガポール米朝首脳会談直後には「いつか在韓米軍を撤収したい」と発言した。そのトランプ大統領にGSOMIAカードを突きつけたのは非常に危険な決定だ。

韓国は中朝を意識してGSOMIAを破棄しようとしたと疑われている。実際、北朝鮮の労働新聞はGSOMIAを「天下の売国協定」「第2の乙巳勒約」と非難した。文在寅政権は中国とは▼MD(ミサイル防衛システム)参加▼THAAD(高高度防衛ミサイル)追加配備▼韓日米軍事同盟--をしないという「3不」に合意した。GSOMIA終了は「韓国が韓日米安保協力隊列から離脱しようとしている」と疑われるのに十分な事件だった。

北朝鮮は先月23日、西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)近隣で海岸砲を発射し、9・19南北軍事合意を故意に違反した。5日後には超大型放射砲(多連装ロケット砲)と推定される飛翔体を発射した。すると米国は韓半島(朝鮮半島)上空に偵察機を飛ばし、日本では安倍首相が国家安全保障会議(NSC)を開いた。最も危機感を抱くべき韓国は遺憾を表示しただけだ。問題が深刻だ。

トランプ大統領は米朝関係が改善すれば在日米軍を強化して中国を牽制する方向に北東アジア安保戦略を変更する可能性がある。北朝鮮の非核化を引き出すために、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が強く望む在韓米軍撤収というプレゼントをする可能性もある。文大統領は「在韓米軍は非核化とは関連なく韓米両国が決定する問題」と述べた。在韓米軍を守るという意味だ。なら、慎重に状況管理をすべきだが、GSOMIA終了カードを持ち出したのは軽率だった。核で武装した北朝鮮に対し、在韓米軍なく自国の安全を自ら守ることができると信じているのだろうか。我々は本当にそのような実力を備えているのか。

強制徴用被害者賠償問題で悪化した韓日関係の改善も難題だ。安倍首相は支持層の反発にもかかわらず朴槿恵(パク・クネ)大統領と2015年に慰安婦合意をした。ところが文在寅政権が一方的に合意を破棄したことで、「韓国は政権が交代すればゴールを動かす国」と批判した。朴槿恵政権の関係者は文在寅政権に「慰安婦合意に問題があるのなら前政権を非難し、破棄は避けるのがよい」と助言したが、拒否された。その後、韓日両国はあらゆることで対立している。政権が硬直すれば国民が苦しむ。

韓国の外交がどん底に陥ったが、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の存在感は全くない。茂木外相は「装飾品」と言った。GSOMIA延長のために趙世暎(チョ・セヨン)次官が出なければならなかった理由だ。一国の外交がこのように崩れてもよいのか。

文在寅政権の機能不全は内政でも確認される。所得主導成長の惨憺たる失敗、急激な最低賃金引き上げ、週52時間勤務制の無理な導入、規制改革の失敗で経済の成長エンジンは消えつつある。韓国銀行(韓銀)は昨年初めに2.9%と提示した今年の成長率予測値を2.0%まで下方修正した。大統領は「不動産市場は安定している」と述べたが、逆に暴騰している。経済正義実践市民連合(経実連)は「誰が大統領に嘘を報告しているのか」と問うている。

文在寅政権は2年半の間、一つもまともな結果を出せていない。このままでは最も無能な政権として記録されるかもしれない。
政権の失政は国民の苦痛につながる。執権後半期を迎えた今後は180度変わらなければいけない。大統領の心機管理用の虚偽報告は無視し、生きた民心に耳を傾ける必要がある。

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/02(月) 11:13:26.12
派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の判決公判が2日、東京地裁で開かれた。

滝岡俊文裁判長は求刑通り懲役5年を言い渡した。


検察側は論告で、新井被告が「女性の拒否を一切認識していなかったとは考えられない」などと指摘。弁護側は、反抗を著しく困難にするような暴行はしておらず、女性の反応から受け入れられていると誤認したとして無罪を主張した。

新井被告は被告人質問で、強く抵抗されず「同意があったと思った」と述べる一方、後に「同意がなかったのではないかという不安が少しあった」とも話していた。

起訴状などによると、新井被告は昨年7月1日、東京都内の自宅で30代女性に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとしている。

新井被告は「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」などの映画に出演し、実力派として評価されていた。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12274-485193/

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/01(日) 23:21:38.02 I
支給対象から元慰安婦除外も 慰謝料総額、900億円超か―韓国議長案
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120100233&g=int

韓国の聯合ニュースは1日、元徴用工問題の解決を図る文喜相・国会議長の基金創設案をめぐり、文議長が慰謝料などの支給対象から元慰安婦を除外することを検討していると報じた。

また、当初3000億ウォン(約277億円)と想定していた元徴用工らへの慰謝料支給総額は、1兆ウォン(約930億円)を上回るとの見方が出ているという。

文議長案は当初、日韓両国の企業や国民の「自発的な寄付」に、慰安婦問題をめぐる日韓合意(2015年末)に基づき日本政府が出資した「和解・癒やし財団」の残金(約60億ウォン)を加えた基金を創設。元徴用工のほか、元慰安婦にも慰謝料などを支給する方針だった。

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/01(日) 21:41:50.97
和田春樹東京大学名誉教授は1日、来年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて韓日両国政府が関係悪化を防げるよう、『オリンピック休戦』に入ることを提案した。

『オリンピック休戦』は、韓日問題に精通した和田名誉教授がこれまで何度も取り上げたものである。

しかし、今月下旬に中国の成都(せいと)で予定されている韓中日首脳会談で、これを契機に行われる文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相との会談を控えて改めて提案したことのため、両国首脳会談の結果に反映されるのかが注目される。

和田名誉教授は先日、東京の日本教育会館で開かれた『韓日関係改善の道』というシンポジウムで基調提案を通じて、両国間の対立が底を打って改善を模索する雰囲気になっているとし、最近の状況を診断して、韓国政府がGSOMIA(韓日軍事情報保護協定)の廃棄通告の効力を停止させた事例などを取り上げた。

彼は、「日本政府の基本姿勢が変わったわけではないが、対話と協議を始めるという立場は確認されている」と述べた。

(写真)
no title

彼は、両国間の対立悪化の根源になった徴用賠償問題について、「韓国大法院(最高裁)判決に含まれる強制動員被害者救済の強い念願を受け入れ、1965年の韓日条約の補完案を模索して新たな解決案を追求しなければならない」と明らかにした。

慰安婦問題と関連しては、2015年12月の韓日合意による施行内容を公開して、両国政府間の合意を通じて日本の出資金の残ったお金で慰安婦・戦時性暴行研究機関を設立する案を提示した。

同時に慰安婦問題について、両国国民が受け入れられる共通の歴史認識を見出すため、努力しなければならないという立場を明らかにした。

和田名誉教授は日本の国会に対し、太平洋戦争に動員されたB・C級の韓国人戦犯問題を解決するための立法に乗り出すことを求めた。

しかし和田教授は、「両国が合意を引き出すには、相当な時間がかかるだろう」と予想した。

続けて、「事態がさらに悪化するのを防ぐには、両国が “オリンピック休戦” を宣言しなければならない」と明らかにした。

彼は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを控えた2017年11月、韓国政府の主導で北東アジア地域の平和作りの意志を盛り込んだ国連決議が採択され、北米(米朝)間の対立緩和に寄与したことがあるとし、韓日関係を悪化させる一連の措置を来夏の東京オリンピック期間まで凍結することが望ましいと述べた。

ソース:東京=聯合ニュース(韓国語)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20191201054700073

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/01(日) 21:02:12.60
聯合ニュースは1日、韓国大統領府の民情首席秘書官室の元行政官が、ソウル市内で遺体で見つかったと報じた。遺書とみられる内容のメモを残しており、警察が死亡した経緯を調べている。

韓国では最近、昨年6月の南東部・蔚山市長選の際、同秘書官室が職権を超えて捜査機関に対し、現職だった前市長の汚職に関する情報を流したとの疑惑が浮上。死亡した元行政官はこの疑惑に関わったとみられていた。

前蔚山市長は野党系だったため、政権側が与党系候補を利するために捜査を誘導した「大統領府の下命捜査」の疑いがあるとも報じられている。(共同)


be9a8797-s
本文を読む

1:ななしさん 2019/12/01(日) 14:24:08.54
「話が通じないんじゃないの」とこぼす母の「嫌韓化」がショックだった
AERA - 朝日新聞出版

「過去最悪」とされる日韓関係。私たちの身の回りでも、変化は起きているのか。取材すると、「嫌韓」は家庭の中にまで入り込んでいた。

「全部、韓国が悪いんだよ」「こいつら何もわかっちゃいないな」

 静岡県内の30代の男性公務員は、テレビを見ながらつぶやく70代の父親の言葉にうんざりさせられている。韓国に関するテレビニュースが流れるたび、父親が茶の間で「嫌韓」を露わにするのだ。男性はこう嘆く。

「父はもともと保守的な考えをもっていましたが、私や母はどちらかというと逆。なので、父は私たちの前では控えているつもりのようですが、口をついて出るんですよね」

 父親の「嫌韓」は定年退職後、さまざまな市民活動に頻繁に顔をだすようになって顕著になった。そんな父親の言動を、同年代の母親は「そういうこと言ったらダメだよ」とやんわりたしなめていた。ところが最近は、母親にも異変が生じているという。

 きっかけは、韓国大法院(最高裁)が日本企業に1人1億ウォン(約910万円)の支払いを命じた昨年10月の元徴用工訴訟判決だ。この訴訟をめぐる動きが盛んに報じられるようになると、母親も「ちょっとこれはねえ。(韓国とは)話が通じないんじゃないの」とこぼすようになった。

 母親の変化が「ショックだった」と打ち明ける男性は、今の日本社会のムードについてこんな見方を示す。

「とくにネットでは、韓国を低く見るようなコメントが目につき憂慮しています。韓国を批判しておけば、とりあえずある程度の支持を得られると考えている人が多い。そして、少しでもそれを批判すれば、たちまち『反日』といったレッテルを貼られる傾向にあります」

 男性は、日韓の政治的な駆け引きを「勝ち」「負け」や優劣で論じる風潮にも違和感を抱く。

「日本の国内では、かなりの人が日本のほうが優位だと考えているようですが、国や民族の関係において、どちらが優秀かなんて考えること自体、逆にレベルの低さを感じます」

 身近な人が「嫌韓化」している、と指摘する意見はほかにも相次いだ。

「夏休みの旅行で一緒になった方が、最近韓国が嫌いになってきた、と言ったのでびっくり」(60代の女性公務員)、「職場などで韓国人を揶揄するような言動を耳にする」(40代の男性会社員)、「日本人の知人同士の雑談の中で、カジュアルな話題として『嫌韓』(見下す発言も含む)が飛び出すことがたびたびあり、閉口します」(30代の男性自営業)。

 国どうしの対立は、個人の暮らしや仕事にも影響を及ぼしつつある。

 10月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月から65・5%減った。日本の10月の韓国向け輸出額も前年同月より23・1%減り、下落幅はそれぞれ9月の58・1%、15・9%からさらに大きくなった。

 北海道の札幌市時計台の前で、ポーズを取る観光客のカメラのシャッターを押すボランティア活動をしている同市内の男性会社員(50代)は、今年の夏は韓国からの観光客が例年より少ないと実感したという。

 そんななか、一人旅の韓国人女性がおずおずと男性に「シャッター押し」を依頼した。「喜んで!」と応じたという男性は、このときの心情をこう吐露する。

「女性は私に依頼していいものか逡巡していました。本来なら私の側から『押しましょうか?』と声をかければよかったのに、それができなかった。私の中に自分でも認めたくない『薄い膜』が張られていたのだと思います。それだけに彼女が勇気をもって依頼してくれたたときには、もやもやとした膜が取り払われたようで一層うれしく感じたのです」

 日韓ともに政治家は「票」のため、テレビは「視聴率」のために今回の騒動を利用している。その結果、市民の気持ちにも「薄い膜」ができてしまった、と男性は見る。

「メディアはこの薄い膜を取り払う方向に働くものだと思っていましたが、今回はそれが少数派になっているように感じます。この膜を取り払ってすっきりするには、長い時間をかけて相手国の印象が変わるような出来事をこつこつ積み上げていくしかないのでは」

「薄い膜」を感じている人はほかにもいる。

以下ソース
本文を読む

857592e11:ななしさん 2019/12/01(日) 12:25:11.39
2019.12.01 午前10:16

1年前に比べ14.3%減の441億ドル... 輸入も13.0%減少し

半導体・石油化学などの不振... 「10月に床、来年第1四半期に加え切り替え展望」

輸出が昨年12月以来、なんと12ヶ月連続で減少を続けた。

国内外の不確実性が続く中、主力の半導体や石油化学業種の不振が続いたうえ、大型海洋プラント、インドキャンセル、操業日数の減少などの要因が複合的に作用したことによるものと分析された。

ただし、対中輸出の減少幅が鈍化しており、これまで不振だったコンピュータとの無線通信機器などの輸出が好調に転じるなど、いくつかの肯定的な指標も出てきて、来年回復期待感を育てた。

産業通商資源部は、先月(11月)通関基準の輸出が前年同月比14.3%減の441億ドルと集計され、1日発表した。

昨年12月から「逆走」が続いたことで、2015年1月から2016年7月まで19カ月連続減少した後、最長期間下落曲線を描いたわけだ。 特に6月以降6カ月連続で二桁の減少率が続いた。

これは今年の輸出は2016年(-5.9%)以来、3年ぶりに「逆成長」に陥ることが確実視されており、2年連続で6000億ドルを達成目標も事実上失敗した。 特に2009年(-13.9%)以来10年ぶりに二桁の減少率を記録する可能性が大きくなった。


本文を読む

1:ななしさん 2019/12/01(日) 13:26:59.41
三姉妹を性暴行した父親・・・「 女にしてやると言って9歳を強姦」

三姉妹が父親を告訴した理由とは?

30日に放送されたSBSの『それが知りたい』では、『父性愛(プソンゲ)の二つの顔-私は父を告訴します』というサブタイトルで、親族からの性暴力に苦しむ被害者を取り上げた。

クムジュ、ウンジュ、トンジュの三姉妹は、一人の男にぬぐいきれない性醜行(セクハラ)と性暴力、暴行を受けたと主張した。そして彼女たちが主張する加害者はまさに、彼女たちの実父だった。

彼女たちにとって家は、最も怖くて酷い場所だった。彼女たちは父親に鉄パイプやホースなどで殴られ、足かせをはめられて監禁された。特に彼女たちの父親は、姉妹を裸にした状態で暴力を振るって性醜行までした。

そしてトンジュさんは父親を告訴するために、高校生の頃に警察署を訪ねた。しかし犯罪者を管理する刑務官であり、法務部の公務員だった彼女の父親の職業を聞いた警察は、トンジュさんを無視した。

製作スタッフは、三姉妹の父親に関する周辺の人の話を聞いた。近所の人たちは父親について、「悪い人ではない。娘がタバコを吸って家出をして、男たちと会っているので再教育しなければならないと言っていたが、それは娘を更生させることだった」と擁護した。

しかし姉妹の友人たちの証言は違った。友人たちは、「友だちが束縛されている姿を見たことがある。髪を刈られていたけど、父親がやったと話していた。そして友人たちにも暴力を振るった。 高校生の頃、私たちに向かって蹴ってきた姿がトラウマとして残っている。犯罪者だ。他人の子どもにも手を出すのに、自分の子どもにはどれ程だったのだろうか。怪物のようだった」と話した。


本文を読む

このページのトップヘ