images1:ななしさん 2018/12/13(木) 14:55:44.59
Record China 2018年12月13日 11時20分

2018年12月12日、韓国・世界日報によると、ソウルで11日に開催された「2018独島国際フォーラム」で、ソウル大学のシン・ヨンハ名誉教授が基調演説の中で「独島(日本名:竹島)が日本固有の領土だという日本の主張を裏付ける古文献は現在までに1つも見つかっていない。日本が広報しているものは全てうそで、むしろ韓国の領土であることを証明する資料だった」と主張した。

シン教授は、日本側の主張の根拠について細かく反論し「安倍政権は軍事大国化を推し進めると同時に、独島侵奪政策を強化している。韓国もより積極的に対策を講じ、実行すべきだ」と強調したという。

フォーラムは世界日報が主催し、嶺南大学が主管、教育部、海洋水産部、慶尚北(キョンサンプク)道が後援した。「東アジアの領土観念と独島」をテーマに、韓国、中国、日本、ロシアから多数の専門家が出席。日本からは名古屋大学の池内敏教授が出席し発表を行ったという。

総合討論では「日本がロシア、中国、韓国など周辺国との領有権をめぐる争いをやめないのはなぜか」との質問が上がった。これにロシア・太平洋国立大学の教授は「第2次世界大戦の結果を再解釈しようという意図ではないか」との見解を示し、「歴史に見られるように、2国間のささいな対立が大きな戦争につながり得る。日本はそれを肝に銘じるべきだ」と述べたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは日本批判の声が多数寄せられているほか、
「真の愛国者だ。こうして根拠をもって対応すれば相手は手も足も出せない」

「軍事的に対応態勢を整え、民間の主催でこうした学術大会を積極的にやるべき」

「韓国内だけでほえずに、海外に出ていってほえるべきだ」
など、同教授を支持する意見も見られた。また
「この論争のピリオドはいつ打たれるのだろう。長引くほど日本に有利ではないのか」

「独島は韓国のもの、尖閣諸島は中国のもの、北方領土は日本のもの」
というコメントも上がっている。(翻訳・編集/麻江)

https://www.recordchina.co.jp/b670388-s0-c30-d0144.html

本文を読む

index1:ななしさん 2018/12/13(木) 16:15:50.22 I
12/13(木) 16:05配信 朝日新聞デジタル

 韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長は11日、外国メディア向けの記者会見で、日韓慰安婦合意について、「韓国人の大部分が間違った交渉だったと判断している。慰安婦は同意しなかった」と指摘した。「(安倍晋三首相の)誠意のある謝罪さえあれば、(日本が慰安婦財団に拠出した)10億円は問題ではない。1円もなくても解決できる」とも語った。

 文氏は合意に基づいて設立された財団の解散はやむを得ないとの考えを示した。一方、元徴用工への損害賠償を認めた大法院(最高裁)判決が人権問題などを考慮した結果だとしたうえで、「韓国人は誰もが受け入れるしかなく、異議は唱えない」と述べた。「三権分立であり、司法の判決をひっくり返すことはできない」と立法府として介入しない考えも示した。

 文氏は韓日議連の元会長。昨年5月、文在寅(ムンジェイン)大統領の特使として訪日した際に安倍首相らと会談し、日韓慰安婦合意について「合意をすぐに破棄したい、再交渉を求めたいということではない」と語っていた。(ソウル=牧野愛博)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000063-asahi-pol

本文を読む

s-安倍晋三氏1:ななしさん 2018/12/13(木) 12:56:29.63
政府は13日、韓国海軍による島根県・竹島周辺海域での防衛訓練に関し、東京とソウルの外交ルートを通じ韓国政府に抗議した。

「到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ。中止を強く求める」と伝えた。

本文を読む

index1:ななしさん 2018/12/13(木) 11:59:28.73
12/13(木) 11:51配信 時事通信

【ソウル時事】韓国海軍は13日、島根県竹島(韓国名・独島)で2日間にわたる防衛訓練を開始したと発表した。

海軍のほか、海洋警察や空軍などが参加し、艦艇や航空機を投入。海軍当局は「韓国の領土である独島を守る定例訓練」と説明している。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000041-jij-kr

本文を読む

1:ななしさん 2018/12/13(木) 11:05:08.95
【ソウル聯合ニュース】

韓国の世論調査会社、リアルメーターが13日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より1.4ポイント低い48.1%となり、就任以降最低を更新した。不支持率は1.7ポイント上昇の46.9%。支持率と不支持率の差は1.2ポイントで誤差の範囲内(プラスマイナス2.5ポイント)となった。
 
no title

調査はtbsの依頼を受け、10~12日に全国の有権者1508人を対象に実施された。

リアルメーターは支持率下落の主因として、高速鉄道(KTX)の脱線事故や軍情報部隊・国軍機務司令部の元司令官の投身自殺、タクシー運転手の焼身自殺事件や李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事起訴など、悪材料が重なった影響と分析した。

政党支持率は、与党「共に民主党」が前週より0.5ポイント低い37.7%となった。最大野党「自由韓国党」は1.9ポイント下落した22.8%。「正義党」は1.1ポイント下落の7.4%、「正しい未来党」は1.0ポイント上昇の6.9%、「民主平和党」は0.4ポイント上昇の2.7%だった。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20181213001000882?section=politics/index

本文を読む

1:ななしさん 2018/12/13(木) 08:04:23.95
NEWSIS

12日午後、ソウル 鍾路区(チョンログ)の旧・日本大使館前で行われた第1365回・日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜集会で、集会に参加したマイク・ホンダ元下院議員が慰安婦問題に対する日本の謝罪を求める文字が書かれた垂れ幕を持って発言している。

no title

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0008959276
本文を読む

0bf6bcf21:ななしさん 2018/12/12(水) 22:23:13.41
【ソウル聯合ニュース】若者の街として知られるソウル・新村にある延世大・百周年記念館で12日夕、韓国と日本の外交官や芸術家、大学生らが集まるイベント「韓国・日本共感コンサート―文化を着る」(韓国外交部主催)が開かれた。

 会場では若者の姿が多く見られ、主催者側によると、約600人が来場した。

イベントでは韓国の若い女性らからも高い人気を誇る作家の角田光代さんと小川糸さんが「日常で感じられる、小さいけれど確かな幸せ」をテーマにトークショーを行った。また、ピアニストや作曲家として両国で活動する在日コリアンの梁邦彦(ヤン・バンオン)さんや日本のギターデュオのDEPAPEPEらによる公演が行われた。

 韓国外交部の朴尚勲(パク・サンフン)公共外交大使は「両国は民主主義や人権、法治といった重要な価値を共有する友人であり、重要な隣人」として、「時には大なり小なりいろいろな困難に直面することがあるが、そういう時こそ、人的・文化交流を行うことで相手に対する理解を深め、友情や信頼をしっかり固めていくことがとても重要」とあいさつ。長嶺安政・駐韓日本大使は「最近の日韓関係は政治外交面では大変難しい状況に直面しており、対応が必要だ」としながらも、「一方で、国民同士の豊かな交流が培われていることを実に心強く思う」と述べた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20181212005100882?section=news

本文を読む

1:ななしさん 2018/12/12(水) 16:46:25.07
BuzzFeedJAPAN 12/12(水) 14:14配信

まとめサイト「保守速報」をめぐり、その差別的な内容によって名誉を毀損されたとして在日朝鮮人の女性が同サイトを訴えていた裁判で、最高裁第三小法廷(宮崎裕子裁判長)は12月11日付で、保守速報側の上告を棄却した。保守速報に対し、損害賠償200万円の支払いを命じる判決が確定した。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

高裁の判決では、ネット上の書き込みを「まとめる」行為は独立した表現であると指摘。それによる不法行為が成り立つという判断を下していた。「まとめサイト」に関する一つの判例が生まれたことになる。

■まず、経緯を振り返る

「保守速報」は「政治、東亜ニュースを中心にまとめ」(公式Twitterより)ているサイトで、Twitterフォローが6万人近くにあるなど拡散力が高い。中国や韓国に関する差別的内容や誤った情報などを配信し、たびたび問題視されてきた。

同サイトをめぐっては、その収入源でもある広告に関して、記事内容を問題視したユーザーの通報を受けて企業側が掲載を撤退する動きが相次ぎ、仲介会社もそれに続いていることが、BuzzFeed Newsの取材でわかっている。

裁判は、フリーライターの李信恵さん(47)が、自身に関する同サイトの記事が「名誉毀損、侮辱、いじめ、脅迫、業務妨害」に当たるとして、2200万円の損害賠償を求めて起こしたものだ。

大阪地裁は2017年11月、記事内容の差別性を認めて200万円の支払いを命じる判決を出し、大阪高裁が18年6月にそれを支持。保守速報が上告していた。


本文を読む

1:ななしさん 2018/12/12(水) 22:12:19.54
偽物論議に続いて日本海表記まで…度を超えた「ポートナイト」ゲーム

国内で人気のPCオンラインゲーム「バトルグラウンド」のゲームをコピーしたという疑惑を受けているアメリカのゲーム社エピックゲームズが、今回は広報映像で「東海」を「日本海」と表記して国内の利用者に袋叩きされている。


12日、ゲーム業界によると、7日エピックゲームズの代表ゲーム「ポートナイト」eスポーツ大会広報映像に「東海」が「日本海」と表記された映像がそのまま露出した。

94dadcf47b7afff8ae97340b6cd17992

利用者の反発が激しくなって、エピックゲームズは広報映像を削除し、ポートナイトゲームコミュニティを通じ、「ゲーム中継広報映像を作っていたメーカーのミスで発生したこと」とし「エピックゲームズも入念に確かめなかった責任があるので、心からお詫びの言葉を申し上げる」と述べた。

映像は削除されたが、利用者は「広告で『触れてはいけないことに触れた』という話が出ていて、エピックゲームズは韓国人にとって最も敏感な部分に触れた」と悔しさを噴き出している。

これに先立ってエピックゲームズは、国内ゲームのバトルグラウンドのゲーム性を借用してポートナイトを開発したという指摘を受け、「偽物論議」にも包まれている。PUBGはエピックゲームズの知的財産権(IP)侵害を理由に法的対応を示唆したが、エピックゲームズの主要株主の中国ゲーム会社テンセントがPUBG親会社のブルーホール株10%を買収し、自然に両社間の法的争いは終結した。

以後エピックゲームズは国内でのイメージを改善するため、11月に開かれた国際ゲーム展示会「G-STAR」のメインスポンサーを務め、莫大な資金を使って地上波広告まで出したが、今回の日本海表記論議でイメージに莫大な打撃を受けることになった。

業界関係者は「日本海表記映像を削除して謝罪したが、国内ゲーム会社でも同じことが起きたなら、通常の営業は難しくなっていただろう」とし「エピックゲームズは広告料として莫大な資金を投入しており、実際に利用者が急減するかどうかは推移を見なければならない」と展望した。

【韓国の反応】米国のゲーム「フォートナイト」が「日本海」表記→韓国人発狂→米国のゲーム、謝罪して日本海表記を削除
http://oboega-01.blog.jp/archives/1073393897.html

本文を読む

be9a8797-s1:ななしさん 2018/12/12(水) 19:55:34.28
12/12(水) 17:23配信

中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米国時事週刊誌タイム誌の2018「パーソン・オブ・ザ・イヤー(Person of the Year、今年の人)」の5位に選ばれた。

タイム誌は11日(現地時間)、ホームページを通じて今年の人に選ばれた「監視者(The Guardians)」以外に最終候補に上がった6人のランキングを共に公開した。

文大統領は今年の人物受賞者を含んで5位に選ばれた。

タイム誌は文大統領を「グローバル危機を防ぐために外交的冒険をした韓国の指導者」と評価した。


3回にわたる南北首脳会談を導いた経験を紹介し、「文大統領は分断された国を統一する希望を長らく抱いてきた」とし「『ベテラン交渉家』で、2007年には盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の秘書室長として南北首脳会談を仲裁したりもした」と説明した。

パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれなかった最終候補のうち2位はドナルド・トランプ米大統領が占めた。また、3位はロシアの2016年米大統領選への介入疑惑を捜査するロバート・ミュラー特別検察官、4位は2月17人が亡くなったフロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃器乱射事件以降銃器規制を求めてデモを行う学生たち、6位は黒人スーパーヒーローの誕生を予告して熱烈な支持を得た映画『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー監督、7位はハリウッド女優として5月に英国のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークル王子妃の順だ。

パーソン・オブ・ザ・イヤーには▼サウジアラビア出身の反体制ジャーナリストのジャマル・カショギさん▲ミャンマーで少数民族ロヒンギャの迫害を取材したところ、当局に逮捕されて有罪判決を受けたロイター通信記者2人▼フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領を批判して起訴された報道機関社長マリア・レッサさん▼銃器乱射で殺害された米メリーランド州地域新聞記者--など真実を伝えるために暴力に対抗したジャーナリストが選ばれた。

タイム誌は表紙に「真実を監視する者」(guardians of truth)という文面を入れてジャーナリストの業績を賛えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000048-cnippou-kr

本文を読む

このページのトップヘ