1: ハーフネルソンスープレックス(栃木県) [US] 2017/04/25(火) 09:48:52.24
政治部次長 高橋純子

作家の百田尚樹氏は「もし北朝鮮のミサイルで私の家族が死に、私が生き残れば、私はテロ組織を作って、日本国内の敵を潰していく」「昔、朝日新聞は、『北朝鮮からミサイルが日本に落ちても、一発だけなら誤射かもしれない』と書いた。信じられないかもしれないが、これは本当だ。今回、もし日本に北朝鮮のミサイルが落ちた時、『誤射かもしれない』と書いたら社長を半殺しにしてやるつもりだ」とツイッターに投稿した。

あらタイヘン。そんな記事本当に書いたのかしら。「北朝鮮」「一発だけ」「誤射」でデータベース検索したが、結果は0件。永遠のゼロ件。

百田氏の過去のインタビューなどから類推すると、おそらく2002年4月20日付朝刊「『武力攻撃事態』って何」のことだと思われる。

Q ミサイルが飛んできたら。
A 武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かもしれない。

北朝鮮を含め具体的な国や地域名は出てこない。一般論として、武力攻撃事態の線引きは難しいということを
Q&Aで解説する記事だった。

 org438389

百田尚樹@hyakutanaoki
 2017年4月24日
私を名指しで非難しつつ、「一発だけなら誤射かもしれないという記事は一般論」とごまかしているが、02年4月の記事は、北朝鮮のミサイルを念頭に置いた「ハーグ規範」が採択された直後のもの。つまり誰が読んでも、北朝鮮のミサイルが日本に着弾したことを想定した記事。朝日さん、汚いよ。
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/856438295160647684


元スレ:・朝日新聞 「一発だけなら誤射なんて書いたかしら?ああ、あの記事は一般論として書いだだけ。OK」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 右大臣・大ちゃん之弼 ★2017/04/25(火) 11:29:33.38
トランプ米大統領が23日(現地時間)、中国の習近平国家主席と日本の安倍首相と相次いで電話会談をしたのは、緊迫した北朝鮮の核問題をめぐる議論と解決法の調整のためと分析される。今回の電話会談が北朝鮮建軍記念日の25日を控えて6回目の核実験に対する懸念が強まり、韓半島(朝鮮半島)周辺に米国の軍事力が集結する状況で行われたという点に、我々は注目する。もし北朝鮮が核・ミサイルを前面に出した戦略的な挑発で「レッドライン」を越えれば、米国が「外科手術式(精密)打撃」に動く可能性を排除することはできない。 

もちろん対北朝鮮軍事措置を取るには圧倒的な武力だけでなく、さまざまな国際政治的な条件も満たさなければいけない。中国の黙認・ほう助、米指導部の意志・決断、そして韓国が意思決定に加わることが基本だ。このうち中国の対北朝鮮政策はすでに変化の兆候が表れている。環球時報が22日、社説で「韓米が軍事境界線の侵犯と北朝鮮の政権交代をしないという条件であれば、中国が米国の北朝鮮核施設打撃を容認し、対北朝鮮原油供給を縮小することができる」と主張したのをみても分かる。北朝鮮の核は朝中友好条約上、保護の対象でないことを明確にしたのは意味のある変化だ。 

トランプ政権も対内外的に意思を固めている。外交安保首脳部が26日に上院議員全員を対象に新しい対北朝鮮政策を非公開ブリーフィングし、議会に理解を求め、内部の疎通を強化しようとしている点からも分かる。ティラーソン米国務長官が28日、国連安全保障理事会理事国の閣僚級の北核会議を主宰し、北朝鮮が挑発する場合に加える高強度の圧力と制裁を議論するのも同じ脈絡だ。 

問題は韓国だ。トランプ大統領の今回の電話会談の対象から韓国の首脳部が抜けたという事実は懸念される。もちろん韓国が黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行体制で大統領選挙を行っている状況のためという分析も一部で提起される。しかし、いくら特殊な状況でも国家と共同体の運命がかかる重大な状況で疎外されてはいけない。
きょう東京で開催される韓日米6カ国協議首席代表緊急会議から韓国の意思が確実に伝わるよう外交的努力に拍車を加える必要がある。

http://japanese.joins.com/article/430/228430.html?servcode=100&sectcode=110&cloc=jp


元スレ:・【中央日報・社説】習近平主席・安倍首相と電話して韓国は除外したトランプ大統領[4/25]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

trump1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/25(火) 10:14:29.16
トランプ氏「北朝鮮への追加制裁が必要だ」
上院議員100人全員をホワイトハウスに招集
4月25日 ロイター

[ワシントン/北京 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、北朝鮮のミサイル・核開発プログラムをめぐる緊張が高まるなか、国連安保理は同国に対する新たな制裁を発動する用意を整える必要があるとの考えを示した。

トランプ大統領は同日、中国、ロシアを含む国連安保理15カ国の大使とホワイトハウスで会談。「北朝鮮の現状維持は許されない」との立場を示し、「安保理は北朝鮮の核開発・弾道ミサイルプログラムに対し、より強力な追加制裁を発動する用意を整えておく必要がある」と述べた。そのうえで、北朝鮮は世界に対する現実的な脅威であるとの認識を示し、「北朝鮮問題は何十年も放置されてきたが、解決しなければならない時期に来た」と述べた。

トランプ米大統領は週末の安倍晋三首相、習近平・中国国家主席に続き、この日はメルケル独首相と電話協議を行い、北朝鮮がもたらす「安全上の喫緊の課題」について話し合った。

米国のヘイリー国連大使はNBCの番組で、北朝鮮に対する先制空爆が検討されているかと問われ、「金正恩委員長がその理由を与えるまでは行わない」と答えた。その上で、北朝鮮が軍拠点への攻撃や大陸間弾道ミサイル発射などを行えば、空爆に踏み切る可能性があるとの考えを示した。

全上院議員に対し北朝鮮について説明

米国務省によると、ティラーソン国務長官は28日に安保理で北朝鮮問題を巡る外相級会合を主催し、既存の制裁の効果を最大限に高めるとともに、北朝鮮がさらなる挑発行動に出た場合には新たな措置で適切に対処するという決意を示す方法について討議する。

また、米上院関係者によると、ティラーソン長官とマティス国防長官、コーツ国家情報長官、米軍のダンフォード統合参謀本部議長は26日にホワイトハウスで、全上院議員に対し北朝鮮について説明を行う予定という。

政権関係者が議会に足を運び議員に演説を行うことはしばしばあるが、100人の上院議員全員が今回のような目的でホワイトハウスを訪れ、しかも前述の高官4人が関与するというのは異例だ。

http://toyokeizai.net/articles/-/169202


元スレ:・【米国】トランプ大統領、上院議員全員をホワイトハウスに招集 北朝鮮について説明

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

nida1: 影のたけし軍団ρ ★2017/04/25(火) 09:22:16.40
日本はなぜ半島情勢の火に油を注ぐのか
「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年4月24日


「日本メディアが煽動」「公職者が隣国の不幸に期待」「程度の低い卑劣な行い」――朝鮮半島情勢がエスカレートするなか、韓国メディアは連日、戦争の相手とならない日本に怒りの炎を向けている。

一見したところ、この行動は不可解だ。しかし詳細に見ていくと、韓国がわけもなく日本に怒りをぶつけているわけではなく、後者の最近の朝鮮問題における振る舞いが実に目障りなことが分かる。朝鮮により近い中国と韓国が何も言わないうちに、日本政府は半島での戦争発生に向け「万全の体制」を整えている。

韓国からの邦人退去、朝鮮からの難民受け入れを検討し、日本に他国の基地を攻撃する能力を持たせると吹聴している。日本メディアも朝鮮半島の報道に全力を注ぎ、さらには国会が核攻撃される可能性があると推測するメディアもある。

「半島有事」の憶測をたくましくしていることが、韓国に大きな不満を抱かせているのだ。日本はなぜこれほど半島情勢に「関心」を寄せるのだろうか。本当に恐れているのか、それとも別に狙いがあるのだろうか。

杞憂か?

実際の状況を見ると、日本は朝鮮半島で戦争が勃発することを、これほど懸念する必要はまったくない。朝鮮半島問題専門家の徐宝康氏は20日、環球時報のインタビューに対して「朝鮮半島で戦火が上がり、これが日本に波及する可能性は微々たるものだ。朝鮮の軍事力では韓国に完全には対抗できず、日本については言うまでもない。ミサイルはあれしかなく、朝鮮にはその後の補給を行う能力がなく、消耗戦を展開できない」と指摘した。

日本と朝鮮は「不倶戴天の敵」なのだろうか。環球時報の記者が平壌を取材したところ、高官も一般人も「敵対勢力」と言えば「米帝」と「南朝鮮」であり、日本を挙げる人は少なかった。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

4990658i1: 荒波φ ★ 2017/04/24(月) 09:19:51.70
日刊SPA!

 日本を仲良く叩いていたはずの中国と韓国が今、THAAD配備を巡り大ゲンカをしている。現地で今、いったい何が起きているのだろうか!? 今回は中国からのリポートを紹介する。

【中国と韓国がモメる「THAAD問題」とは】
北朝鮮の攻撃に備え、韓国は在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)の配備を昨年夏に決定。中国本土も探知範囲に入ることから中国政府は猛反発し貿易報復措置を実行した。2月に入り、韓国ロッテが配備用地を提供したことを受け、報復を活発化させた。

■中国政府が「反韓機運」醸成!暴行事件も起こっていた

「中国社会は韓国に対して一致団結して制裁を加えることを決めた」

 3月2日に掲載された中国国営メディア『環球時報』の社説は、攻撃開始の“号令”だった。

 日韓ともに紡績関連企業が多数進出する江蘇省南通市では同日、韓国車2台が破壊されるという事件が発生。1週間後には河南省鄭州市の広場で、韓国製の清涼飲料水を箱ごとブルドーザーで粉砕するという反韓デモが行われた。

 在韓米軍の弾道弾迎撃ミサイルシステム「THAAD」の配備に加担した「張本人」のロッテグループも、大きな代償を支払うこととなった。『南方都市報』によると、中国で展開するロッテマート99店舗のうち、3月22日時点で87店舗が閉店状態だという。うち20店舗は自主休業だが残りの67店舗は「消防上の理由」で当局によって営業を停止にされた。

 中国のSNSでは、百貨店の韓国コスメ店舗で中国人夫婦がプロモーション活動を絶叫して阻止する動画や、北京市内のレストランで韓国人客が追い出される映像が拡散されるなど、反韓感情の高まりが見て取れる。

 韓国・聯合ニュースによれば、複数の韓国の学校が中国への修学旅行をキャンセルしているという。もちろん、生徒への危害が加わる可能性を考慮してのことだ。

 しかし、現地在住の韓国人への暴行事件はすでに起きている。駐上海大韓民国総領事館によると3月27日、上海市の路線バス車両内で、現地在住の韓国人女子高生が20代後半の男からセクハラ行為や後頭部を殴られる被害を受けた。男は女子高生に対し「静かにしろ。俺は韓国語を学びたい」と話したといい、韓国人であることを知った上での犯行だったようだ。

 北京市在住の日本人駐在員(37歳)も、韓国人が中国人に吊るし上げられている場面を目にした。

「3月中旬に、『北京の六本木』といわれる三里屯の屋台で、韓国人の2人組の男が酔っぱらった金持ちのドラ息子風のグループに絡まれ、『THAAD配備についてどう思うんだ?』とすごまれていた。『僕たちバカなんでわかりません』と答えてる姿がかわいそうでした。今にも殴られそうな感じでした」


 こうしたなか、3月23日に湖南省長沙市でサッカーW杯アジア最終予選の中韓戦が行われたが、スタジアムには8000人の治安要員が投入され、一触即発の事態に備えた。北京市在住の韓国人女性(33歳)もこう話す。

「韓国領事館から、スポーツバーなど外で観戦するなという通達が出ていた。試合は中国が勝ったんですが、韓国人が多く住む望京エリアでは、これ見よがしに戦勝パレードをやっている集団がいた。『韓国野郎、出て来い!』と叫び声も聞こえ、拳を上げているヤツもいて外に出られる状態ではなかった。もし韓国が勝っていたら、暴動が起こっていたかもしれない」

 また、国籍を知られればいつ攻撃を受けるかわからない状況の在中韓国人たちは、ある防衛策を講じているという。

「公共の場で話すときは、『ソウデスネ』とか『カワイイ』などといった中国人でも知っている日本語を語尾に脈絡なくつけ、日本人のフリをするようにしている。ひと目で韓国人とわかるようなファッションやメイクも控えている」(前出の韓国人女性)

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 腕ひしぎ十字固め(神奈川県) [US] 2017/04/24(月) 21:55:50.12
海上自衛隊は3日、米海軍、韓国海軍と共同で潜水艦を探索・追跡する訓練を3~5日の日程で実施すると発表した。日米韓3カ国による対潜水艦の訓練は初めて。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進める北朝鮮をけん制する狙いがある。

海自によると、訓練は九州西方の公海上で実施。海自から護衛艦「さわぎり」やP3C哨戒機などが参加し、模擬潜水艦を3カ国が連携して探索、追跡し情報を共有する。韓国国防省は、訓練の目的をSLBMなど北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威に対応するためだと説明している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H5X_T00C17A4PP8000/

lib966909

lib966910

lib966911

lib966912
 

元スレ:・【画像】北朝鮮の潜水艦にはアメリカは勝てない。カールビンソンで大丈夫なの?

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

trump1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/04/24(月) 19:50:35.70
米軍、正恩氏隠れ家特定 特殊部隊、出撃準備完了「100%逃げられない」
2017.04.24 夕刊フジ

 朝鮮半島の緊張が再び高まってきた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は25日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)に合わせた「6回目の核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」を示唆し、ドナルド・トランプ米大統領が信頼する原子力空母「カール・ビンソン」は来週、日本海に到着する。中国の説得工作を無視して、北朝鮮が暴発した場合、トランプ氏は軍事行動も辞さない構えだ。すでに米軍は、正恩氏の隠れ家や行動を把握しているとされ、世界最強の特殊部隊が出撃準備を完了している。

 「北朝鮮側で軍事演習の機材が多く集まっている」「われわれは状況を注意深く監視しており、警戒を緩めることはない」

 韓国統一省の報道官は21日、北朝鮮が「建軍節」を迎えるのを前に、高度の警戒態勢をとっていることを明らかにした。ロイターが伝えた。

 米中首脳会談(6、7日)でのトランプ氏の言明を受けて、習近平国家主席率いる中国は「血の友誼(ゆうぎ)」を結ぶ北朝鮮の暴発阻止に動いている。「核実験は絶対に認められない」と通告するとともに、正恩氏の亡命も水面下で促してきたが、困難を極めているとされる。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は最近、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の衛星写真を分析した。結果、「命令さえ下れば、いつでも新たな実験を実施できる状態にある」と判断された。緊張状態はまったく変化していないのだ。

 現に、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は21日、トランプ政権が対北朝鮮圧力を強めていることを非難し、「わが軍と人民はいかなる特段の選択もいとわない」として戦争も辞さないとする報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 オバマ政権時代、米国は「北朝鮮を核保有国として認めない」と言いながら、中途半端な経済制裁でお茶を濁してきた。口先大統領の不作為と、中国の支援によって、北朝鮮は「核大国」の一歩手前まで来ているのだ。

 これ以上放置すれば、国際社会は、異母兄を猛毒の神経剤VXで暗殺し、叔父に機関銃の銃弾90発以上を撃ち込み、遺体を火炎放射器で焼いた(韓国メディア報道)、「狂気の独裁者」正恩氏におびえ続けなければならなくなる。

 トランプ氏が「(中国がやらなければ)俺たちだけで(『斬首作戦』と『限定空爆』を)やる」と、習氏に通告したのも納得できる。

 正恩氏は現在、首都・平壌(ピョンヤン)や近郊に「地下の秘密部屋」を複数持っているとされる。

 頻繁に移動を繰り返しており、これまで正恩氏の居場所を特定するのは困難といわれてきた。

 だが、米軍の偵察衛星による監視は格段に進歩している。加えて、ジャーナリストの加賀孝英氏は、夕刊フジ連載「スクープ最前線」(2月27日発行)で、米軍関係者の証言を以下のように記している。

 「正恩氏の隣に協力者がいる。正恩氏は100%逃げられない」


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/04/24(月) 17:35:55.78
韓半島危機を口実にして日本では直ちに明日にでも戦争の砲火がさく烈するような不安感を助長する声があふれている。日本政府は北朝鮮の弾道ミサイル攻撃がある場合、避難方法を内閣官房ホームページにのせて韓半島有事の際に自国民を救出する方法を毎日議論中だ。

読売新聞は22日、米国が北朝鮮を攻撃する場合、どんな状況が展開するのかシナリオを詳細に紹介した。先に米国が全世界の打撃力を韓半島周辺に集めることで攻撃は夜明け直前になる可能性が大きく、戦闘は数日で勝負がつく短期戦がよいというふうだ。韓国に対する北朝鮮の反撃リスクが大きく、実現しにくいが「ドナルド・トランプ米国大統領なら何をするもわからない」という前提がつく。

産経新聞は23日、米国の先制攻撃前段階として北朝鮮に対する海上封鎖が予想されるが、日本自衛隊の活動を遮る各種制約が多くて「穴」が生じる可能性があると憂慮した。産経新聞には何日か前、明治維新の元老・山県有朋が1888年に主張した日本の防衛概念を紹介し韓半島有事の際の日本の対応を促すコラムが載った。

日本の自衛のために第一に「主権線(国土)」、第二に「利益線」の安全が必要だという主張だ。利益線というのは国土の防衛に密接に関係する場所、すなわち韓半島をいう。韓半島防衛なしでは日本の自衛はなされないという考えは後日、朝鮮侵略を正当化する名分に活用された。1894年、東学農民運動を鎮圧するという名分で日本軍を朝鮮に出兵させた当時の外相・陸奥宗光は回顧録で「朝鮮の混乱は隣国のこととはいえ、自衛のためにも手をこまねいてはいけなかった」とした。

産経新聞コラムはトランプ大統領が「中国が解決できなければ「私たち」がやる」と話した時「私たち」には米日同盟が含まれるとし、北朝鮮が日本を直接攻撃するのと関係なく、自衛の次元で韓半島有事に日本の対応を急がなければなければならないと主張した。

「隣人」と言うと思い出す人物がいる。日本の1万円紙幣の主人公でもある「日本近代化の創始者」福沢諭吉は一時、「いくら悪い隣人でも彼の家に火事が起これば我が家も焼けることになる」として朝鮮の近代化を支援しなければなければならないと主張した。そうするうちに1884年、自身が支援した甲申政変が「3日天下」で終わるのを見た後、「脱亜入欧」を主張して日本を帝国主義に導いた。

21世紀日本が自国国民の安全を重視し、自国の国益と防衛を最優先視することはどうということもない。問題はその程度にある。この頃、安倍晋三政権の動きを見れば自分たちが騒ぐことによって一層不安な気流に包まれ隣国は眼中にないことと見られる。これに加えて韓半島安保が自国の利益と直結するという論理もどうも怪しいことこの上ない。

現代社会で植民支配が再現されるはずはない。ただし陸奥(?)や福沢の言うように、すぐ隣りだから片方の不幸がもう片方の幸運に作動することはある。1950年6・25韓国動乱(朝鮮戦争)がさく烈した時、当時の吉田茂総理は「天佑!」として喜んだ。天佑神助という言葉だ。戦後不況に苦しんだ日本は朝鮮戦争の基地の役割をしながらあっという間に成長した。

戦争を契機に米国の対日占領政策は日本を武装解除し、東洋の農業国家にしようとしたことから180度変わった。米日安保条約が締結されて再軍備が進められた。連日出てくる政権内部のスキャンダルで苦しい安倍政権がもしや当時の幸運がまたくることを夢見ているのではないように祈る。

ソ・ヨンア東京特派員

ソース:(韓国語) [特派員コラム/ソ・ヨンア]良い隣人、悪い隣人
http://news.donga.com/Main/3/all/20170424/84031503/1


元スレ:・【日韓】 良い隣人、悪い隣人~安倍政権は朝鮮戦争特需を夢見ていないか/東亜日報特派員コラム[04/24]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

Kim-Jong-Un-attack-Trump-US-world-war-7405501: TEKKAMAKI(徳島県) [IT] 2017/04/24(月) 15:46:27.02
北朝鮮の金日成・金正日主義青年同盟(青年同盟)中央委の代弁人(スポークマン)は23日、「米帝と南朝鮮のかいらい好戦狂らに対する朝鮮青年たちの断固かつ無慈悲な殲滅の意志」を宣言する声明を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

声明は「白頭山青年大集団は500万の核爆弾となって神聖な祖国の領土に核惨禍を被らせようとする悪の群れを無慈悲に撃滅、掃討する万端の戦闘態勢を整えて革命の首脳部の最後の命令を分分秒秒待っている」と主張した。

また、「米帝は、不敗の核戦力に核爆弾で満装弾された500万の青年大集団が憤怒を爆発させれば地球がそっくり壊れてしまうということを認識しなければならない」と述べた。

さらに、「敵がいささかの挑発の動きでも見せるなら、最高司令官の別働隊、チュチェの革命偉業遂行の猛将部隊であるわが青年前衛たちは反米対決戦、祖国統一聖戦の先頭に立って火薬に火がついたように白頭山の稲光、白頭山の暴風となって一気に南朝鮮を解放し、太平洋向こうの悪の帝国の本拠地をことごとく焦土化するであろう」と主張した。

http://dailynk.jp/archives/87506


元スレ:・北朝鮮 「首脳部の最後の命令を分分秒秒待っている」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

nida1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★2017/04/24(月) 12:25:41.71
 韓国人の半分は日本を訪問した経験があるが、信頼できる国だと考える人が13.8%に過ぎないことが分かった。 

  24日、日本の新聞通信調査会が2月、韓国、米国、中国など6カ国の各国民約1000人を対象に日本が信頼できる国だと考えるかどうかに対して調査した結果、韓国人の13.8%だけが肯定的に答えた。これは6カ国の中で最も低い数値であり、第1回調査では18.8%、第2回では17.2%と、ますます低くなっている。 

  調査対象となった他の国の中で日本を信頼するという回答はタイが89.0%で最も高く、フランス80.4%、米国76.7%、英国65.4%、中国16.9%などの順になった。 

  一方、訪日経験は韓国が50.0%で最も高く、続いて中国(12.3%)、米国(12.2%)、英国(4.4%)、フランス(4.2%)、タイ(3.4%)の順だった。

http://s.japanese.joins.com/article/397/228397.html


元スレ:・【中央日報】韓国人、訪日経験は最も多いが「日本に対する信頼」は14%だけ[4/24]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ