1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/12/10(日) 00:42:04.78
[ⓒ 中央日報日本語版] 2017年12月08日 13時04分

今年の韓国人青年の日本就職目標はほぼ達成したことが分かった。聯合ニュースの報道によると、韓国政府が2017年に支援する日本就職目標は1550人だった。在日韓国大使館側は「年末までにこの目標値を達成するだろう」と明らかにした。 


今年の日本就職者は昨年の1103人に比べて40.5%も多い。
日本の少子高齢化による労働人口減少で深刻化する労働力難の中、韓国の青年が政府の支援を受けてうまく就職したと分析される。 

▼今年4月にソウル三成洞のコエックスで開催された「日本就職成功戦略説明会」。日本への就職を希望する求職者およそ400人が集まった。(写真=韓国貿易協会)
g1xP4IY

在日韓国大使館は6日、「日本就職支援官民協議会」を開いて就職拡大対策を議論した。この会議には就職を支援する東京「K-Moverセンター」、韓国産業人材公団、貿易協会、在日韓国商工会議所など関連機関と日本企業の人事担当者、就業者、留学生などが出席したと、聯合ニュースは伝えた。 

在日韓国大使館側は来年1、2月に日本企業の人事担当役員を招請し、韓国の人材の優秀性を知らせる一方、これまでの雇用事例を積極的に紹介することにした。李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使が日本主要企業を訪問する計画もあるという。

http://s.japanese.joins.com/article/314/236314.html?servcode=300&sectcode=300
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: (^ェ^) ★2017/12/09(土) 21:58:00.33
読売新聞 12月9日

北朝鮮の乗組員を乗せた木造船が北海道松前町沖の無人島・松前小島に接岸し、小屋や物置から家電製品などが盗まれた事件は、北海道警による乗組員の逮捕という事態に発展した。

逮捕の際、一部の乗組員は朝鮮語でわめき散らし、手足をばたつかせて捜査員に抵抗した。


http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/b/9/b914affa.png

「逮捕だ!」。9日朝、雪が舞う北海道・函館港に、捜査員らの怒号が鳴り響いた。乗っていた9人全員が護送車に運ばれるまでの約1時間、同港は物々しい雰囲気に包まれた。

同港沖で巡視船にロープで係留されていた木造船が第1管区海上保安本部の巡視艇「すずらん」にえい航され、同港に入港したのは午前7時40分頃。北海道警の捜査員ら数十人が同巡視艇から乗組員に下船するよう呼びかけたが、乗組員らは姿を現さなかった。

午前8時頃、捜査員が「窃盗で逮捕だ」などと言いながら木造船に乗り込み、船内にいた乗組員らを1人につき4~5人で取り囲んで巡視艇に移した。大声で叫びながら必死の形相で抵抗したり、担架で運ばれたりする乗組員もいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00050053-yom-soci
 
2017/12/09(土) 20:14:20.85
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512818060/

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/12/09(土) 20:08:23.52
悪い弟の北朝鮮、憎らしい隣りの日本
ヘラルド経済(韓国語) シン・テウォン記者

北朝鮮核・ミサイル脅威を口実にした日本の軍国主義化の歩みが尋常ではない。日本政府は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するという名分を前に出して野党圏と市民団体の反対の声にもかかわらず、長距離空対地ミサイルと空対艦ミサイル導入計画を押し通している。


また、北朝鮮の核実験と弾道ミサイルなどメガトン級戦略挑発のたびに意図的に韓半島危機論を煽るような姿まで見せる。韓国の立場では日本のこのような歩みが相次ぐ核・ミサイル挑発で国際社会の悩みの種になった北朝鮮が原因を提供したとは言うが、気まずくならざるをえない。 (中略:日本の軍事予算等)

問題は日本のこのような長距離巡航ミサイル保有が事実上敵基地攻撃能力を意味する点で日本憲法が規定している攻撃戦力保有不可および攻撃を受けた場合だけ防衛力を行使するという原則から外れることだ。

直ちに野党圏と市民団体など日本国内でも「日本の安全保障方針を変更するもの」とし、長距離巡航ミサイル導入計画を直ちに中断すべきだという批判が提起される。しかし、安倍晋三総理は先月敵基地攻撃能力と関連して「検討する責任がある」と積極的な立場を見せた。

日本は北朝鮮の核・ミサイル脅威を前に出して意図的に韓半島危機論を煽るような姿も見せる。今年に入ってだけでも、数回ふくらんだ韓半島危機論は大部分、日本が根源地だった。

日本は先月にも長崎県島原半島で史上初めて「武力攻撃事態」発生状況を想定した訓練を行った。訓練は北朝鮮のミサイル2発が落ちて中・軽傷者が発生した状況を仮定して進められた。日本国内で北朝鮮のミサイル落下に備えた訓練でない武力攻撃事態を想定した訓練は今回が初めてだった。

日本はまた、来年初め、東京をはじめとする人口密集地域で事実上北朝鮮の弾道ミサイルなど武力攻撃事態に備えた住民避難訓練も計画中だ。河野太郎外相が議会に出席して韓半島有事の際、「民間航空機で待避できない状況になる場合、政府が保有する航空機と船舶派遣が必要になるだろう」と言及したこととも同じ脈絡といえる。

これについて日本国内では「戦争危機をあおりたてる」という批判がある。日本のこのような歩みについては北朝鮮核・ミサイル問題を内部政治用に活用しているという指摘が出ている。

外交消息筋は「韓国と日本は市場経済と自由民主主義という価値を共有し、北朝鮮の核問題という共同戦線も持っているが、心理的・歴史的間隙も大きい」として「この様な状況で日本が北朝鮮の核問題に見せる態度はいくら友邦といっても自国の利益を優先視するほかはない、という国際社会の冷厳な現実を見せる」と話した。

http://heraldk.com/2017/12/08/%EB%98%EC%9C-%EB%8F%EC%9D-%EB%B6%ED%9C-%EC%86-%EC%84%EB%AF%B8%EC%9A%B4-%EC%9D%B4%EC%9B%83-%EC%9D%BC%EB%B3%B8/

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/09(土) 16:12:35.91
カン・ギョンファ長官、19日に日本訪問有力
韓国日報(韓国語) 2017.12.09 04:40

外交部長官、2年ぶりに訪日
慰安婦合意2周年前に懸案を点検
ムン大統領の訪日も打診する模様


カン・ギョンファ外交部長官が19日から二日間、日本を訪問することが有力と議論されていると伝えられた。
外交部長官の訪日は2015年6月以降2年ぶりだ。

政府筋は8日、「最近、日本政府が19~20日でカン長官の訪日日程を提案してきた」、「韓国側はまだ確答をしなかったが、あえて拒む理由はない」と述べた。政府は、ムン・ジェイン大統領が13~16日に中国訪問が終わる時点に合わせて、日本に答申を送るという。

カン長官の訪日は28日、韓日慰安婦合意2周年を控え、両国間の懸案を点検するための多目的布石である。外交界では、年末に予定された「韓日日本軍慰安婦合意検討タスクフォース(TF)」の活動期限を控え、結果を発表する前に日本側と共感を広げるために、カン長官が日本を訪れるものと解釈している。
北朝鮮の核・ミサイル挑発に対抗し、韓米日安保協力の必要性がこれまで以上に重視される状況で、韓日最大の懸案である慰安婦問題に起因する葛藤を最小限に抑えるためだ。

日本が主催する韓中日首脳会議が、中国の反対で当面は水泡となっている状況で、ムン大統領の日本訪問の日程を打診する意味もある。韓日両国首脳は、7月の主要20ヵ国(G20)首脳会議に出席するためドイツで会い、シャトル外交の復活に合意したが、過去の歴史問題と日本の歪曲された歴史認識に足を引っ張られて、韓国の大統領は2011年12月以降、6年間、大韓海峡を渡っていない。韓日関係があまりにも硬直しているため、昨年11月に情報保護協定(GSOMIA)を締結して、軍事機密を共有するのにも、国防部長官の訪日もまた、2009年以降、8年間中断された状態だ。


カン・ギョンファ外交部長官
aspx

http://www.hankookilbo.com/v/c6c59b4928e34cd8a07fd91abc582796

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/12/09(土) 14:24:02.87
友好の絆は文化交流から/日朝文交創立45周年を記念し集い
2017.11.30 (16:36) │ 主要ニュース,文化 │ 朝鮮新報

日本朝鮮文化交流協会(日朝文交)が主催する「日本と朝鮮の文化交流の集い」が11月28日、東京・千代田区で行われた。
日朝文交の柳澤徳次理事長をはじめとする各界の日本人士らとともに、総聯中央の南昇祐副議長、徐忠彦国際統一局長、総聯の各団体メンバーなど約130人が参加した。

DSC_0381_R

和太鼓と津軽三味線のユニット「ケンシン」と金剛山歌劇団の歌手、舞踊手、民族楽器奏者たちによる芸術公演が行われた。

朝鮮の芸術団の日本招請公演や朝・日の芸術家らが共演する「2月の芸術の夕べ」を開催するなど、文化交流を通じて、両国の友好親善に寄与してきた日朝文交は、今年9月5日に創立45周年を迎えた。

集いでは、和太鼓と津軽三味線のユニット「ケンシン」と金剛山歌劇団の歌手、舞踊手、民族楽器奏者たちによる芸術公演が行われた。また、45年間の歩みを振り返る映像が上映された。

続いて1972年の創立当初から中心的役割を担ってきた柳澤徳次新理事長が主催者あいさつを行った。

柳澤理事長は、日朝関係が厳しい中、多くの文化人やジャーナリストをはじめとする市民らが集まったことに感謝を述べ、「日朝友好、アジア友好なしに、世界の平和はない。国家間には、様々な懸案問題があるが、文化交流の力で、日朝国交正常化、朝鮮半島の自主的平和統一に繋げていこう」と語った。

続いて、南昇祐副議長と日森文尋・朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長があいさつを行った。

南昇祐副議長は、「情勢が厳しい時期だからこそ、心を和やかにする文化交流の場が重要」だと述べ、日朝文交の45年の歴史には文化交流を通じて、朝鮮を理解し、朝・日を「近くて近い国」にするために多くの努力をささげた日本の文化人、芸術家、ジャーナリストの存在があったと感慨深く振り返った。

また、政治的状況により、現在、文化交流が閉ざされている状況についても言及。「本来いかなる政治環境でも、文化交流を通した友好や精神的な絆は切れることがあってはならない」とし、ニューヨークフィルの平壌公演(2008年)や作曲家の團伊玖磨氏が朝鮮の国立交響楽団を指揮した事例などを紹介。文化交流の意義と影響力について語った。

南副議長は、朝鮮半島を取り巻く状況について「金正恩委員長の正しい指導の下、米国との関係では新たなパワーバランスが生まれ、軍事ではない、対話による新しい局面が開かれると期待している」と語った。

日森文尋議長は「日本と朝鮮は歴史、地理、文化、すべての面で切っても切れない関係であり、日本のあらゆる場所に朝鮮文化は息づいている」と指摘。
政府により日朝間の人的往来が妨げられ、文化交流が困難な状況の中でも、緊迫した情勢を平和的に解決する道筋を探すために共に頑張ろうと呼びかけた。

集いでは、朝鮮対外文化連絡協会の祝賀メッセージが紹介された。

(金宥羅)

http://chosonsinbo.com/jp/2017/11/yr20171130-2/
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

png1: 動物園φ ★2017/12/09(土) 14:18:30.26
日本国王「2019年4月30日」に退位、王世子が翌日即位
Posted December. 09, 2017 09:40, 東亜日報

日本国王が2019年4月30日に退位し、翌日の5月1日に王世子が新しい国王に即位する。
日本政府は8日、閣議を開き、このような日程を決定・発表した。

これにより1817年の光格天皇以来、202年ぶりに天皇の生前退位が実現する。

日本国王は退位後「上皇」に、王妃は「上皇后」と呼ばれる。

天皇陛下は1989年の即位後、災害現場や太平洋戦争激戦地を訪れて犠牲者を慰めるなど、国民に慕われた。2015年の戦後70年全国戦没者追悼式で、過去の戦争に対する「深い反省」を述べるなど安倍政権とは異なる発言をした。

「天皇一族に百済の血が流れている」という趣旨の発言をするなど韓国に格別の関心を持っていたが、本人の希望にもかかわらず訪韓は実現しなかった。


http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1151406/1

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 夕凪らっこちゃん ★2017/12/09(土) 13:17:46.34
12月6日 NHK

中国が海洋進出を強め、北朝鮮が弾道ミサイルの発射など挑発行動を繰り返し、地域の安全保障環境が厳しさを増す中、防衛省は、日本の離島への攻撃があった場合に備えて、離島防衛の強化を進めています。防衛省は、戦闘機に搭載する長距離巡航ミサイルの導入に向けた検討を始めることになり、来年度予算案に必要な調査費を計上する方向で調整を進めています。

ただ、自衛隊は専守防衛という、いわば「盾」、アメリカ軍は攻撃を担う「矛」の関係があるなか、長距離巡航ミサイルの保有によって、その関係に変化が生じるのではないかという懸念もあります。

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/9/5/95a25eff.jpg

民進 増子幹事長「専守防衛の範囲内か審議を」

民進党の増子幹事長は、記者会見で「敵基地攻撃能力の保有に当たる可能性があると認識している。わが国の防衛は、専守防衛に資する装備に限定されなければならないのは当然のことで、専守防衛の範囲内のものか、しっかり国会で審議していかなければならない」と述べました。

立民 長妻代表代行「是非も含めて国民の前で議論を」

立憲民主党の長妻代表代行は、国会内で記者団に対し、「小野寺防衛大臣は否定しているが、日本の防衛の考え方を大きく変えるもので、こそくな形で防衛政策を進めれば国益に反する。是非も含めて国民の前で議論することが必要だ」と述べました。そのうえで長妻氏は、「『敵基地攻撃』と言ったときに北朝鮮に限定したものなのか、これまでの憲法解釈や国会答弁との整合性をどうつけるのかなど、実態が何もわからない中では判断しようがない」と述べました。

希望 玉木代表「いきなりで強い違和感」

希望の党の玉木代表は、記者団に対し「日本の安全保障の方針を大きく変えることにもつながるので、なぜ、今まで説明せず、予算編成過程でいきなり出てくるのか、極めて強い違和感を感じる。政府には明確な説明を求めていきたい」と述べました。そのうえで玉木氏は、「敵基地攻撃能力」について、「わが国の防衛にとって、単独でやるのか、アメリカ軍とどのような協力をしていくのかといったことを総合的に考えないと判断できない問題だ」と述べました。

共産 穀田国会対策委員長「検討は直ちにやめるべき」

共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で「長距離巡航ミサイルは、敵基地攻撃能力を持っているから使おうということにほかならず、重大な問題で、検討は直ちにやめるべきだ。従来の政府解釈からいっても成り立たない話で、安倍政権の危険な憲法改悪を軍事や兵器の面からも越えていくことになる」と述べました。

全文はソースで
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011248611000.html
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

img0021: 荒波φ ★ 2017/12/09(土) 11:33:16.93
2017年12月8日14時17分配信  WoW!Korea

日本政府は、日本統治時代に軍艦島(端島)で、朝鮮人に対する過酷な強制労働は「なかった」とする島民の証言を公開することを検討している。

8日、日韓の複数メディアは日本政府関係者の言葉を引用し、軍艦島に関する歴史を説明する措置の一環として、日本統治時代、軍艦島に住んでいた住民の声を公開する案を政府が検討していると伝えた。

しかし、韓国側の反発は避けられないとみられ、両国間の溝が深まることが懸念される。また、来年予定されている日中韓首脳会談の日程調整にも影響を及ぼす可能性がある。


http://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2017/1208/10202859.html

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 荒波φ ★ 2017/12/09(土) 10:11:08.96
【社説】平昌五輪参加を明言しない米国、一体何が起こっているのか
朝鮮日報 2017/12/09 09:37

米ホワイトハウスは7日、平昌冬季オリンピックに米国が参加する問題について「正式には決まっていない」とコメントした。前日「米国の参加決定についてはすでに終わったことではないのか」との質問に米国のヘイリー国連駐在大使が「今なお疑問だ」と回答したのに続き、ホワイトハウスまで米国の平昌オリンピック参加に関する明言を避けた。

米国務省の担当者もこの日「米国は韓国で開催されるオリンピックの一員になることを期待している」と語っただけで、メディアの度重なる質問に「参加する」とは明言しなかった。ホワイトハウスの報道官もこの日午後、ツイッターで「米国の参加を期待する」と同じように書き込んだ。まるで国務省と事前に約束でもしたかのようだ。

米国は冷戦の真っ只中にあった1980年、旧ソ連のモスクワで開催されたオリンピックへの参加をボイコットしたが、その後は冬季も夏季もオリンピック参加決定を先送りしたという話は聞いたことがないし、同盟国で開催されるオリンピックはなおさらだ。

今米国が表向き「参加未定」の立場を維持している理由は、北朝鮮の挑発により米国選手団の安全に問題が生じる可能性があるからだ。国務省もヘイリー大使も「米国国民の安全が最優先」と発言している。

韓国大統領府は米国でこのような発言が相次ぐことについて「理解できない」という雰囲気だという。


北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試験発射した直後の先月30日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領は電話会談を行ったが、その際にトランプ大統領は米国の平昌オリンピック参加を約束し、米国オリンピック委員会(NOC)も2カ月前に平昌オリンピックへの参加を正式に発表した。それが今になってこのような状況になったことに大統領府は戸惑いを隠せないようだ。

韓国政府のある高官は「ヘイリー大使の発言には驚いた」とした上で「米国内で何か混乱が起こっているのではないか」との見方を示した。しかし米国の国連大使はホワイトハウスの会議に参加するメンバーの1人であり、しかもヘイリー大使はトランプ大統領の信任が非常に厚いとも伝えられている。韓国大統領府はヘイリー大使の発言が公表された直後、米国に平昌オリンピック参加問題で混乱を起こさないよう求めたが、米国はこれにも明確な回答を示していない。 続く

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/09/2017120900450.html

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

4481100i1: みつを ★ 2017/12/09(土) 07:05:26.33
12月9日 6時01分

北海道南部の松前町沖の無人島に停泊した北朝鮮の木造船から発電機のエンジンが見つかり、島の小屋に設置されていた発電機のものと一致したことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は乗組員数人が小屋から持ち出したと見て、窃盗の疑いで捜査を進めています。


先月28日、北海道松前町沖の無人島「松前小島」に停泊していた北朝鮮の木造船から日本製のテレビなどが見つかり、乗組員の一部が「島から家電製品などを持ち出した」と話したことから警察は詳しい状況を調べています。

船内からはテレビのほかに発電機のエンジンが見つかり、警察が確認したところ、北海道の出先機関が14年前に島の小屋に設置した発電機のエンジンと一致したことが捜査関係者への取材で新たにわかりました。船内で見つかったエンジンには港の管理人があとから取り付けた部品の一部も見つかったということです。

発電機は重さが数百キロあり、警察は乗組員数人が小屋から持ち出したと見て、窃盗の疑いで捜査を進めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171209/k10011252271000.html

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ