taiwan1:ななしさん 2021/09/23(木) 11:28:08.21
茂木外相、台湾のTPP加入申請を歓迎

茂木敏充外相は23日、台湾の環太平洋連携協定(TPP)への加入申請について「歓迎したい。戦略的観点や国民の理解も踏まえて対応したい」と述べた。滞在先の米ニューヨークで記者団に語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2fceaf644552f6a9566a0f3e2022ba58198ce2d
本文を読む

baka51:ななしさん 2021/09/23(木) 06:50:09.76
 中国の習近平国家主席は21日、第76回国連総会の一般討論に北京からビデオ形式で出席し、「自信を固め、困難な時局を乗り越え、より良い世界を共に構築」と題する演説を行いました。

 習主席は、今年の中国共産党創立100周年と中華人民共和国の国連における合法的議席回復50周年を念頭に「引き続き、中国と国連との協力のレベルアップを積極的に促す」として、今後も国連の諸事業に一層貢献していきたいとの考えを示しました。

 また、国際舞台における中国の姿勢について、「中華民族が終始貫き、追い求めているのは、平和・和睦・調和の理念だ。われわれが侵略したり、他人をいじめたりしたことは、過去にはなく、今後もない。そして、覇を唱えることもない」と指摘しました。その上で、「中国の新たな発展によって世界に新たなチャンスをもたらしていきたい」との立場を示しました。

 目下の世界的な難局の打開について、習主席は新型コロナウイルス感染症対策の徹底、世界経済回復への後押し、国際的な結束の強化、グローバルガバナンスの強化と多国間主義の堅持という4点を強調しました。さらに、今後の世界発展に向けた中国側の提案として、(1)発展優先の堅持、(2)国民中心の堅持、(3)共有・包容の堅持、(4)イノベーション駆動型の堅持、(5)人と自然の調和のとれた共生の堅持、(6)行動志向型の堅持と提言を行いました。

 また、中国が目指す2030年までの二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトと2060年までのカーボンニュートラルの目標について、習主席は「多大な努力が必要だが、全力投球する」と述べ、発展途上国の持続可能な発展への支援強化を表明するとともに、「今後は海外で石炭火力発電所を新設しない」と明言しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f6b996370c3df39d350ce8ebcd85c4994f6ed0a

本文を読む

taiwan1:ななしさん 2021/09/22(水) 21:54:35.46
【台北=杉山祐之】台湾の中央通信によると、台湾経済部(経済省)の 陳正祺 次官は22日、台湾が、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を正式に申請したことを明らかにした。

 台湾は今年2月、TPPへの参加意向を表明していた。国際社会での活動拡大を図る台湾は、当初中国をけん制する目的もあったTPPへの参加を強く望んできた。

 しかし、今月16日、中国政府がTPP参加の正式申請を行ったと発表した。台湾の 蔡英文 政権はこれを受けて、正式申請を急いだとみられる。TPPの参加には全加盟国の同意が必要で、先に中国の加盟が実現すれば、台湾の参加は事実上不可能となるからだ。

 今後、中台のTPP参加を巡る駆け引きが強まりそうだ。早期加盟の見通しが立っていない中国が、台湾の先行参加を阻止するため、TPP加盟各国に対する外交的な働きかけを強める可能性もある。

 日本政府関係者は「台湾は(TPP参加国と)普遍的価値を共有している」としたうえで、「台湾はTPP加入に向けて関係法令を整備するなど準備を進めてきており、国有企業への補助金や電子商取引、労働などTPPで定められているルールを巡る問題点はあまりないだろう」との認識を示した。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210922-OYT1T50204/

本文を読む

1:ななしさん 2021/09/22(水) 17:45:23.93
【速報】立憲民主党の職員“携帯電話で盗撮”の疑いで逮捕 処分保留で釈放
9/22(水) 17:34配信

立憲民主党の男性職員が、JR埼京線の電車内で女性を盗撮した疑いで逮捕されていたことが分かりました。


関係者によりますと、立憲民主党の50代の男性職員は、今月18日夜、埼玉県内を走行中のJR埼京線の電車内で、向かいに座っていた女性を携帯電話で盗撮したとして県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

職員は当時、酒に酔っていたということで、「盗撮の意図はなかった。酔っ払ってスマホをいじっていたら、偶然撮影してしまった」などと話しているということです。警察は、きのう、職員を処分保留のまま釈放しました。

立憲民主党は「党の調査に対し、本人が迷惑行為を認めた」として、職員を停職1か月の処分としました。


枝野代表はきょうの会見で詳細は明らかにしませんでしたが、「大変、被害者の方には申し訳ない」などとコメントしています。


本文を読む

4f8c87251:ななしさん 2021/09/22(水) 15:21:48.96
 今朝の韓国経済紙「アジア経済」に興味深い記事が載っていた。「またやって来るノーベル賞のシーズン・・・韓国人受賞者が出ない真の理由」と題した記事だ。

 経済では「日本に追いつき、追い越せ」を合言葉に日本を猛追しているのにどうしてノーベル賞の受賞では日本の足下にも及ばないのか、韓国人の多くは素朴な疑問を抱いていようだが、その訳についてこの記事はそれなりに分析に努めていた。

 同紙のインターネット版には「日本24人も貰っているのに・・・韓国はなぜノーベル賞を取れない」との見出しの下、ストレートに日本と比較していたが、日本は正確には米国籍者を含めると28人で、国別ランキングでは世界7番目のノーベル賞受賞国である。化学、生理学・医学、物理学、文学など全ての分野で受賞している。これに対して韓国はたったの1人、それも平和賞である。

 金大中(キム・デジュン)元大統領が2000年に南北首脳会談を初めて実現させたことで平和賞を受賞しているが、ちなみに日本も平和賞は佐藤栄作元首相が1974年に受賞している。

 ノーベル賞の受賞は10月4日(現地時間)から生理・医学賞を皮切りにそれぞれの分野の受賞者が発表されるが、どうやら今年も韓国からは昨年に続き韓受賞者が出そうにもない。ノミネートされている韓国人は一人もいないからだ。一昨年はノーベル賞受賞の選定を前に韓国研究財団が独自に十数人の候補の名を挙げていたことで大いに盛り上がり、「今年こそは」との期待が高まったが、蓋を開けてみると全滅だった。

 韓国は先週(16日)所管の科学技術情報通信部が科学技術分野の人材養成のため「青年の日」(9月18日)に際して林惠淑(イム・ヘスク)長官と若手科学技術者らとの対話の場を設けていた。

 科学技術系民間団体の「韓国科学技術団体総連合会」も協力し、若手の研究者から支援政策に関する要望を聞いていたが、出席者の一人である韓国科学技術院のキム・ウォンジュン教授のデーターを駆使した韓国の現状分析が目を引いた。

 キム教授は「韓国の科学技術も水準は決して低くはない」と述べ、その裏付けとして2020年時点で韓国の科学,技術競争力がそれぞれ世界3位、13位と高いこと、また韓国の国内総生産(GDP)対比総研究投資比率が世界2位であり、人口1千人あたりの研究者数も世界1位であるとするデーターを示していた。

 それにもかかわらずノーベル賞を取れないのは「ノーベル賞関連の科学技術インフラが脆弱である」ことに原因があるとして具体的に問題点として▲若い学者が自由に研究できる研究環境が整ってないこと▲失敗を意に介さず忍耐強く研究するファンディング制度が不十分であること▲誰もトライしようとしない研究分野への投資や基礎科学への十分な投資が担保されていないことなどを挙げていた。要は、若い研究者や学者が生活費などを心配せずに研究に没頭できるような環境にないのが問題のようだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20210922-00259519

本文を読む

be9a8797-s1:ななしさん 2021/09/22(水) 08:50:56.04
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日(現地時間)、ベトナムのグエン・スアン・フック主席との首脳会談で、100万回分以上のコロナワクチンの支援を約束した。

国連総会に参加するために米国ニューヨークを訪問中の文大統領はこの日、フック主席との首脳会談で「両国はコロナ発生初期から防疫物資を分け合って一緒に危機を克服してきた」とし「韓国は100万回分以上のコロナワクチンを10月中にベトナムに支援しようとの考え」と明らかにした。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が書面ブリーフィングを通じて伝えた。

開発途上国にワクチンを供給するコバックス(COVAX AMC)に来年までに2億ドル(約218億円)を供与する形の財政支援の他に韓国が特定国家にワクチンを直接支援することにしたのは今回が初めてだ。

青瓦台はただし、どの種類のワクチンを支援するかなどについての具体的説明はしなかった。

文大統領はこの日の会談で、ワクチン支援の他にも韓国のワクチン生産技術とベトナムの潜在力を結合した韓・ベトナム保健・ワクチンパートナーシップの構築をはじめ、韓国企業がベトナムで準備しているワクチン第III相臨床試験に対するベトナム当局の支援と協力に対しても言及した。 以下略

https://japanese.joins.com/JArticle/283163?servcode=200§code=210

本文を読む

bandicam 2021-09-22 10-00-21-9471:ななしさん 2021/09/22(水) 07:45:22.78
「慰安婦被害者はいない」韓国で出版された“慰安婦問題のタブーを破る本”『赤い水曜日』驚きの内容とは?
9/22(水) 6:12配信 文春オンライン

 韓国における慰安婦反日運動はこのところ支援団体の資金不正疑惑が表面化することで勢いは大きくダウンしているが、それに追い打ちをかけるように最近、韓国で「ウソだらけの虚像を剥ぐ」として慰安婦の証言および支援救済活動に対する検証本『赤い水曜日』が出版され、注目されている。

 著者の金柄憲氏(キム・ビョンホン、52歳)は成均館大学出身で在野の歴史研究者である。これまで左翼偏向がひどく反日色の強い教科書に対する批判活動を展開してきた。特に学校教科書で慰安婦問題が日本軍による強制連行説として証拠抜きで“暴力的”に記述され、教えられていることに疑問と怒りを感じたのが慰安婦運動糾弾に乗り出した動機という。

 著者は『赤い水曜日』の「あとがき」で、韓国で定説とされている日本軍慰安婦をめぐる「強制動員説、性奴隷説、戦争犯罪説」は運動団体のウソの扇動による虚偽であると断言。「慰安婦問題の本質は貧困であり、貧しさによってもたらされた悲しくも恥ずべきわれわれの自画像である」「もう人のせいにするのはやめよう」「問題解決の前提はウソをやめ正直になることだ」と主張している。
 
「日本軍慰安婦被害者にあてはまる者は一人もいない」


 慰安婦問題をめぐる虚偽は一昨年、韓国でベストセラーになった『反日種族主義』(李栄薫編著、日本語版は文藝春秋刊)で厳しく指摘されるなど、韓国内でもやっと暴露や批判がはじまっている。今回の本はその決定版のようなもので、これまで“聖域化”されてきた慰安婦問題批判のタブーはここにきて完全に崩れたかたちだ。

 著者はこれまで、慰安婦支援団体による日本大使館前のいわゆる「水曜デモ」に際しては彼らを糾弾する“対抗デモ”を続けるなど自ら直接行動してきた。そして大統領官邸や女性家族省など政府当局にも陳情や請願、情報公開請求などを繰り返し、慰安婦問題の“虚偽”を追及し、訴えてきた。本書はその戦いの記録でもある。

 本書は、日本軍慰安婦だったとして支援団体によって内外で日本糾弾の反日運動の先頭に立たされ、韓国政府から法的に生活支援を受けているいわゆる“慰安婦被害者”について、記録として残されている彼女たちの証言集を詳細に検証している。その結果、韓国の「慰安婦被害者法(日帝下日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業等に関する法律)」で定義されている「日帝に強制動員され性的虐待を受け慰安婦としての生活を強要された被害者」という「日本軍慰安婦被害者にあてはまる者は一人もいない」と主張している。


本文を読む

1:ななしさん 2021/09/21(火) 18:42:07.17
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.09.21 10:57

韓国人が簡単に食事を解決したり食欲がない時に食べる醤油卵ごはんをニューヨーク・タイムズが紹介した。

同紙の公式インスタグラムは18日、白いごはんの上に刻みのりと目玉焼きをのせた料理の写真を投稿し、「Gyeran bap(卵ごはん)」と紹介した。

ニューヨーク・タイムズは「韓国人が簡単に食事を済ませる時に食べるもの。「白いごはんに目玉焼きをのせて混ぜて食べる」と説明した。また「目玉焼きはバターで揚げるようにそっと膨らませなければならない」「醤油で味付けし、最後には刻みのりを振る」と付け加えた。合わせて醤油卵ごはんに対し紹介するアカウント、おいしく食べるためのレシピを書いたアカウントも紹介した。

投稿された写真には多様なコメントが付けられた。「韓国の子どもたちは親が家にいない時に自分で作って食べる」「小さなスプーンでコチュジャンとごま油をかけて混ぜればおいしい」「作りやすくてダイエットの助けになる」などのコメントが続いた。

一方、これに先立ち1月にナショナルジオグラフィックは「二日酔いに良い世界9つの料理」のひとつに豆もやしのクッパを紹介した。料理評論家のローレン・ショッキー氏は「韓国の代表的な酔い覚ましのスープで、ネギと唐辛子などを切って入れた全州の豆もやしクッパは酒を飲んだ翌朝に食べるとても人気がある料理」と伝えた。

3月にはCNNが特集番組を通じて「ダルゴナコーヒー」を紹介し、7月には米国のスパムがプデチゲを「クラシックアーミーシチュー」と名付けて韓国料理として公式ホームページに紹介している。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/283151?servcode=A00§code=A00

ニューヨーク・タイムズがインスタグラムに投稿した醤油卵ごはんの写真。
no title
本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2021/09/21(火) 17:56:31.99 I
 中国の台頭や北朝鮮の核・ミサイル開発など、東アジアの厳しい安保環境のなか、日本の平和と安全をどう守るのか。自民党総裁候補の4氏には、力による対抗措置に傾斜することなく、国際連携や直接対話など、外交努力とのバランスある議論を深めてもらいたい。

 当初予算で7年連続、過去最大を更新している防衛予算について、さらなる増額を明確に打ち出しているのが高市早苗前総務相だ。人工衛星の破壊や無人機による攻撃など、新たな脅威をあげ、現状の5兆円余りでは「とても足りない」という。

 安倍前首相が意欲を示した敵基地攻撃能力についても、それを可能とする法整備を掲げた。専守防衛から逸脱し、軍拡競争につながる懸念がある。岸田文雄前政調会長は、第1撃を防げなかった場合でも、第2撃への牽制(けんせい)になるとして、「選択肢」との考えを示したが、発射場所を正確に探知するのは容易ではない。どこまで現実性のある提案と言えるだろうか。

 中国の軍備拡張や現状変更の動きに対する警戒感は、各氏におおむね共通する。河野太郎行政改革相と岸田氏は、民主主義や人権、法の支配といった価値観を共有する国々との連携を強調。技術やデータ、人材の流出などを防ぐ経済安全保障については、高市氏が「包括法」、岸田氏が「推進法」の制定と担当閣僚の新設を表明した。

 一方、野田聖子幹事長代行は文化や価値観、外交政策による「ソフトパワーが日本の持ち味」と指摘。米中双方と関係が深い立場を生かし、対立を収める仲介役を果たすべきだとした。河野氏は日中の人的交流の意義をあげ、首脳会談の定期開催に言及した。対話を踏まえた総合的な戦略を競って欲しい。

 片や、日韓関係について、改善に向けた具体的な議論がないのは、どうしたことか
。6年前の両政府の慰安婦合意の際、外相だった岸田氏は「日本は合意の中身をすべて実行した」として、「ボールは韓国にある」という。岸田氏の後任の外相だった河野氏も、歴史問題では同様の立場だ。北朝鮮対応ひとつとっても、日韓両政府の緊密な連携は欠かせない。相手任せにせず、日本側からも打開の道を探るべきではないか。

 総裁選でまだしっかり語られていないテーマのひとつに、沖縄の基地問題がある。県民投票などで繰り返し示された普天間飛行場の辺野古移設ノーの民意を、安倍・菅両政権は完全に無視してきた。米兵らによる犯罪や環境汚染も後をたたない。この問題に正面から向き合うことは、日本の安全保障を考えるうえで避けて通れない。

朝日新聞デジタル 2021年9月21日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S15050294.html?iref=pc_rensai_long_16_article

本文を読む

1:ななしさん 2021/09/21(火) 13:32:02.82
説明のある遺物わずか14点…「保有した韓国遺物少なく」
アジア博物館長「長期貸与などで韓国展示品目・スペースの拡充推進」


「植民主義の歴史反省」を旗印に掲げたドイツ フンボルト・フォーラム・アジア芸術博物館内韓国展示館がオープンする。保有遺物が少ないという理由で日本展示館や中国展示館に比べ10分の1の大きさの韓国館は説明と一緒に展示された遺物は14点に過ぎないほど貧弱なレベルだ。

▽フンボルトフォーラム 日中韓のスペースサイズ
no title

しかも説明で韓国を陶磁器工芸の国としながら、日本の評価に過度に依存し、むしろ植民主義を再現しているという批判も出ている。

ドイツ、フンボルト・フォーラムは来る23日からアフリカ、アジア、アメリカ、オセアニア博物館と民俗博物館の西側の部分8千500平方メートルに展示品1万点余りを一般公開すると20日(現地時間)明らかにした。ハルトムート・ドコルロ(Hartmut Dorgerloh)フンボルト・フォーラム財団理事長は「新しく博物館をオープンし(植民主義の)歴史を振り返って批判的に省察し、現在と同期させるのは私たちの義務」としながら「それでこそ国際的討論のプラットホームに位置づけられる」と話した。

今回公開されたアジア博物館内に韓国と中国、日本の展示スペースが含まれる。アジア博物館内韓国展示館の規模は60平方メートルで、日本館や中国館の10分の1に過ぎない。

実際に壁面や柱などを除けば韓国館の大きさは十歩で閲覧可能なほど狭かった。フンボルト・フォーラムが保有を明らかにした韓国遺物180点中、説明と共に展示された展示品は14点に過ぎなかった。高麗時代の青磁壺1点と鉢と器6点、再読陶芸家イ・ヨンジェ氏の陶磁器3点、青磁を撮影した写真家イ・ジェヨン氏の作品「応時の記憶」2点、朝鮮時代の童子僧石像一組などだ。残りの遺物は「研究所蔵品」という名目でガラスの棚に説明なしに展示された。

フンボルト・フォーラム側は韓国館を紹介しながら韓国を中国と日本の間でインスピレーションを与えた国と特徴づけたが、歴史的に韓国遺物を集めた人はとても珍しく、所蔵品規模が制限されたと説明した。また、陶磁器工芸の国である韓国展示館の展示品は陶磁器が大部分とし、韓国の陶磁器は素朴な美しさで有名だと説明した。

それと共に日本の茶道家が特に高く評価したとし、壬辰倭乱時は韓国の陶工たちを日本に引っ張っていったと説明し、日本が賞賛したので韓国陶磁器が博物館に多く流入したと付け加えた。

イ・ジン、ドイツ政治+文化研究所長は「展示品や収集経路の説明で韓国を説明するためにずっと日本に言及し、植民主義的視線と慣行が再現されていないか憂慮される」と話した。

韓国より10倍以上広いスペースの日本館や中国館には1万3千点を越えるフンボルト・フォーラム保有遺物のうち厳選された展示品や長期貸与展示品、公募を通した展示品がきらびやかに展示された。


本文を読む

このページのトップヘ