1: 名無しさん@涙目です。(家) [US]2018/02/17(土) 20:29:29.68
画像
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/1/a/1a655544.jpg


動画 NHKのインタビューに答える宇野昌磨選手
30秒~
https://youtu.be/yjmZu_w2y1k

 

関連
‪ドーピング陽性の齋藤慧 松田丈志氏が故意に摂取させられた可能性を指摘
http://news.livedoor.com/article/detail/14299578/‬

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ザ・ワールド ★ 2018/02/17(土) 16:33:47.40
Shoko Egawa @amneris84

テレビの人へ。「日本人スゴイ!」じゃなくて、「羽生選手すごい! 宇野選手すごい!」だから。


https://twitter.com/amneris84/status/964380640970883073
 

▼ツイートに対しての意見

日本人が嫌いなんですね。

羽生選手や宇野選手らは日本代表になるために日夜努力してるのだ
羽生すごい!宇野すごい!でも日本すごい!でもいいじゃないか
どうして江川さんがこうまで日本を忘れたいのかさっぱりわからない

この人自体テレビでちょっとした愛国心を危険視してるじゃないですか。 張本勲に嫌われて降板しましたが典型的なサンモニ文化人です

よほど日本人がお嫌いなんですね! そんなことばかり考えてるんですか?面倒くさいですねぇ

で別に「日本人スゴイ」と言って他国の選手を嘲笑してるわけでもないですからねえ。

そうなんですよ。誰を下げることもなく自国民のヒーローを上げてる。全く正しいやり方ですよ。
それなのに反発するってのは『自分の考えを押し付けたい人』か『ただ日本が嫌いな人』ってことです。

日本人が凄いと気にくわないんですか?

日本人が活躍するたびにおかしな人があぶり出されてくる…

個人の栄誉だけのために戦うのだったら五輪から国という枠を取っ払うように運動されるのが良いかと

沸点低すぎ。 よくジャーナリストが務まりますね

日本式サヨク中二病あるある的なコメントですね

つまんねえオリンピックの楽しみ方だな
 
https://snjpn.net/archives/43658

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2018/02/16(金) 21:43:38.60
「フィギュア王子」日本の羽生ユズルに韓国も揺れる
朝鮮日報(韓国語)  2月16日(金)

日本が誇る男子フィギュア選手「羽生結弦(24)」が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックフィギュア男子シングル・ショートプログラムで中間1位に上がった。「フィギュア王子」と呼ばれる羽生は優れた容貌と優れた実力で日本のアイドル級スポーツスターだ。 (中略:羽生の成績とファンの応援、くまのプーさん)

羽生に対する関心は韓国でも熱い。羽生はこの日の午後、半日近い間リアルタイム検索1位に名前が上がった。


ネチズンは羽生と関連して「本当の大当たりだ。日本のヨンヌ様みたいだ」、「容貌、実力、スター性あらゆることが完ぺきだったよ」、「ユン・シユンに似ていた」、「ハンサムだった」、「ヨナ選手以後でこんなに魂を奪われたのは初めてです」など、好意的なコメントが見られた。

しかし、一部では「実力は良いが、なぜか気に入らない」、「韓国で君が代なんて…金メダルは日本に持っていかないで下さい」など否定的なコメントも着実に上がってきている。


▼韓国フィギュアファンにキム・ヨナの前コーチとして良く知られたオーサー(左)は現在の羽生を指導している。/スポーツ朝鮮
no title

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

fdd64d771: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/17(土) 04:26:26.80
<指導要領>必修「公共」 どうなる政治的中立
毎日新聞 2/14(水) 21:37

◇政権の意向反映、領土教育重視し、道徳指導する場に

高校の学習指導要領改定案で「公民」の必修科目として新設された「公共」。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのを受け、主権者として社会参加する力を育てるのが狙いだが、安倍政権の意向を反映して領土教育を重視し、道徳を指導する場になることも明記された。教員からは「政治的中立」を巡って不安の声も上がる。【金秀蓮】

「通訳者を増やせばいい」「英語の路線図の無料スマホアプリを作って配布しよう」。神奈川県立城郷(しろさと)高校(横浜市神奈川区)の1年生の授業。生徒たちは次々にアイデアを出していった。

同校は神奈川県教育委員会から公共の研究開発校に指定され、新しい試みをしている。授業の設定はこうだ。

旅行やビジネスで日本を訪れた外国人から英文の手紙が届いた。首都圏の地下鉄の路線図が分かりづらい、一部の施設ではタトゥー(入れ墨)のある人は温泉に入れないと周知されておらず困った、といった訴えがつづられていた。問題を解決するにはどうしたらいいか--。

生徒たちはグループに分かれて手紙を訳し、解決策を話し合って、行政や鉄道会社などへの模擬請願書をまとめた。担当する飯島太一教諭(34)は「他者の視点に立って問題を分析するのは、普段の生活ではなかなかできない。体験的な学びを通じて他の人と対話し、自分で考えて行動する力を養う科目にしたい」と話す。

玉川学園(東京都町田市)は公共の柱の一つ、政治参加教育に力を入れる。2002年に始めた模擬投票は「本物」にこだわり、実際に地元で行われる選挙の公報を読み比べて政党や候補者に投票する。社会科の※合(そあい)宗隆教諭(46)は「投票は面倒くさい、頭の良い人しかしちゃいけない、という生徒の偏見を壊したい。本物を使うことで現実的な教育ができる」と強調する。

国は15年に示した主権者教育の指針で、政治的中立の維持に留意するよう求めている。指針の解釈は各教委で異なり、過度に意識して萎縮する教員もいる。
※合
(※は「石」偏に「夾」)教諭は「政治的中立を保つためには、さまざまな立場や意見を紹介することが不可欠。生徒に政治的価値観を押しつけなければ問題ないと、国や教委がお墨付きを与えるべきだ」と話す。

改定案では、昨年3月に告示された小中学校の学習指導要領に続き、韓国や中国との間で領有権を巡る争いがある竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)について、公民や地理歴史で「固有の領土」と初めて明記された。
文部科学省の担当者は「自国の立場を優先して指導することになるが、なぜ問題が起きているかを知る過程で他国のことを取り上げることもある」と説明する。

改定案に公共が道徳の指導の場にもなると記述されたことについて、嶺井正也・専修大教授(教育政策論)は「市民社会としての公共ではなく、国家を中心に据えた内容に収れんさせていないか。現行の現代社会を、国が求める道徳的な内容に組み替えた科目と言える。学習内容が細かく定められた中で、教育現場での工夫がどれだけ認められるかが課題だ」と指摘する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000116-mai-life

元スレ:・【毎日新聞】政権の意向を反映、竹島と尖閣を「固有の領土」と明記。教員から「政治的中立」を巡り不安の声 by 金秀蓮[02/17]

1日1クリックで応援してね → 

本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 荒波φ ★ 2018/02/17(土) 08:50:23.82
平昌五輪:飲食店悲鳴、100人単位の「ノーショー」続出
2018/02/17 05:08 朝鮮日報

江原道江陵市内で焼き肉店を営むアン・ジュヒさん(46)は11日夜、ある予約客に急いで電話をかけた。この予約客は午後7時に10人で予約を入れていたため、テーブルに前菜を並べて待っていたが、7時を過ぎてしばらく待っても現れなかった。

何度も電話をかけてやっと連絡がついたが、予約客は「別の店で食べている」とだけ言って電話を切った。「申し訳ない」の一言もなかった。アンさんは「予約が入っていたため、来店したほかの客を帰してしまったが、私がばかだった」と話した。

冬季五輪の熱戦が続く平昌と江陵で、飲食店が「ノーショー(予約の無断キャンセル)」に悩まされている。予約をしたのに連絡もせず店に来ない客や、ぎりぎりになってキャンセルの連絡を入れてくる客が相次いでいるのだ。


特に、団体の観戦客が、複数の飲食店に予約を入れ、直前になって食べる店を決めるというケースが多い。

■公務員も大人数で「ノーショー」

平昌の横渓里にある焼き肉店は五輪開会式の9日夜に、四つの団体から計220人の予約が入っていた。4団体とも市庁や区庁関係者だった。しかし、当日になってみると誰も店に現れなかった。

それでも2団体は午後4時に電話でキャンセルを伝えてきたが、ほかの2団体(計70人)からは何の電話もなかった。副店長のキム・ドンソンさん(43)は「損害は500万ウォン(約50万円)以上だった」と話した。

平昌と江陵で今起きている「ノーショー」は大人数のものばかりだ。団体で観戦に訪れて店に予約を入れるものの、実際には姿を見せない。こうした大人数のノーショーは公務員が多いという。

ある飲食店のオーナーは「公務員たちが上層部の機嫌を伺いながら刺し身料理店や焼き肉店を複数予約し、食事時間の直前になって別の店を選ぶので、うちの店に現れない」と話した。

平昌の横渓里で韓国料理店を営むオ・ミョンウクさん(44)も、開会式のあった9日に大人数によるノーショーの被害に遭った。ある公共機関から110人の予約が入っていたのだが、直前にキャンセルされたのだ。

オさんの店はこの団体予約のせいで2日間ほかの予約を受け付けられなかった。

また、ある中央省庁が職員80人で予約をしておきながら、当日に突然キャンセルするケースもあった。この省庁の職員は、平昌のある飲食店に9日に貸し切りの予約を入れた。しかし予約当日に突然キャンセルした。

「ノーショー」ではないが、店側はやはり2日間、他の予約を断らなければならなかった。店の代表を務めるピョ・ヨンボクさん(66)は「国の仕事に携わる人たちでさえも、このように約束を簡単に破るものなのか」と怒りをあらわにした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501030.html

>>2に続きます。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/02/17(土) 02:33:43.70
マイナビニュース 2月15日

セクシーダンスで話題の韓国4人組ガールズグループ・LAYSHA(レイシャ)が、日本では初となる単独イベントの開催を発表した。
LAYSHAとは一体どのようなグループなのか。

2015年にデジタルシングル「Turn up the music」で韓国デビュー。EDMをベースにセクシーなパフォーマンスで注目を集め、翌年リリースの2ndデジタルシングル「Chocolate Cream」ではラッパー・NASSUNを迎え、重厚なHIP HOPベースの楽曲にセクシーなダンスパフォーマンスを掛け合わせた。

多くのK-POPガールズグループが歌番組などの放送活動をメインとする中、LAYSHAはライブ活動を重視し、どのステージでも全力で披露するパワフルなダンスが「セクシー過ぎる」と話題に。昨年12月には、ポップさを加えた新曲「Pink Label」を発表。韓国セクシーガールズグループ界のライブクイーンとの呼び声も高まっているという。

そして今回、武器であるセクシーダンスパフォーマンスはもちろん、「メンバーそれぞれの魅力的なキャラクターを1人でも多くの方に直接知っていただきたい!」という思いから日本で無料招待イベントを開催。メンバー全員との握手会も予定されている。

日本初の単独イベント「LAYSHA 1st SHOWCASE IN JAPAN [Pink Label]」は、3月15日に東京・渋谷のSOUND MUSEUM VISIONで開催(18:30開場/19:00開演 20:00終了予定)。3月11日23時59分までにエントリーサイトで発券が必要となる(先着順、上限枚数に達し次第終了)。

LAYSHAはYoutubeにコメントをアップし、「私たちのチャームポイントはセクシーダンスです」とアピールし、「私たちが日本のみなさまに初めて披露するイベントなので一人でも多くの人が来てくれたらいいなという気持ちで一生懸命準備しています!」「たくさん期待していただければうれしいです」と呼び掛けている。

https://news.mynavi.jp/article/20180215-584867/

 
no title

no title

no title

no title

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/2/5/2525a6d4.png

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

b0003330_135750681: (^ェ^) ★ 2018/02/15(木) 18:23:36.22
2月15日 AERA.dot

なぜこの社会では、平和を求める語りが、馬鹿げたもののように扱われるのだろうか。
2月10日にオリコンが配信した記事で「綾瀬はるか、夢は『世界平和』 壮大過ぎる願いに周囲があ然」と題したものがあった。記事の中では、実現させたい夢として「世界平和」を挙げた女優・綾瀬はるかの発言が、突拍子のない発言のように扱われていた。彼女の真摯な発言を、ある種の笑い話にするような論調は、読んでいて不快だった。

自分も特定秘密保護法や安保法制など、平和を遠ざけるような政治の動きに対して、声を上げてきたが、その度に、そのような行動を冷笑するような言葉を浴びせられてきた。平和という理想を語ることは、頭の中が「お花畑」であるかのようにあざ笑う人々が、この社会には数多くいる。
先ほど挙げた記事の論調には、この社会の「平和」に対する空気が反映されているように感じる。

北朝鮮情勢に対するこの社会の人々の認識にも、そのような風潮を見ることができる。
2月13日に発表されたNHKの世論調査では、「五輪での南北融和の動き」に対して、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が21%なのに対して、「あまり評価しない」が37%、「まったく評価しない」が28%だった。この社会においては、融和に向けた動きは否定的に捉えられているというのが現状だ。

このような状況は、北朝鮮情勢をめぐる日本政府の対応を後押ししているように思う。2月9日に行われた日韓首脳会談の中で、安倍首相は、米韓合同軍事演習を冬季五輪後に予定通り実施するよう求め、「北朝鮮のほほ笑み外交に目を奪われてはならない。対話のための対話では意味がない」などと文在寅大統領をけん制した。それに対して、文大統領は、演習の実施は内政の問題だとして不快感を示すとともに、日本政府が対話に向けて動き出すことを願うと語っていた。

北朝鮮と韓国、そしてアメリカの動きを見ていくと、このような日本政府の対応には違和感を覚える。2月10日、北朝鮮の金与正氏は、文大統領に対して、南北関係の改善への意志を示した親書を手渡すとともに、大統領の訪朝を求めた。
文大統領は、米朝の早期の対話が必要だとの認識を示しつつも、訪朝に向けた環境を整えていく意志を表明した。アメリカのペンス副大統領も、北朝鮮に対する厳しい姿勢を崩してはいないが、北朝鮮が望めば対話を行う可能性を示唆している。

そのような対話に向けた動きが進もうとする中で、「対話のための対話には意味がない」として、一貫して強硬な姿勢を貫いている日本政府は、国際社会の動向から取り残されているのではないかと思う。
「朝日新聞 映像報道部」のTwitterアカウントが、2月9日に投稿した写真には、それが象徴されているようだった。平昌オリンピックの開会式で、手を取り合う金与正氏と文在寅大統領。そしてそれには目もくれず、ひとり遠くを見つめる安倍首相。日本政府は、南北関係の融和に向けた動きを、真摯に受け止めるべきではないだろうか。 (略)

【写真】手を取り合う金与正氏と文在寅大統領に目もくれず、ひとり遠くを見つめる安倍首相
bandicam 2018-02-17 01-59-43-179


朴槿恵大統領(当時)の弾劾訴追案が可決された2016年12月9日、私はソウルにいた。その時、現地の人々は歓喜しているというよりも、むしろこれからの韓国社会がどうなるのかということに憂慮していた。ある人は、今後の懸念として、「韓国では、政治家が北朝鮮に対して融和的な態度をとれば、北朝鮮のスパイなどと非難される。韓国では進歩主義的な政治家であっても、強行的な姿勢をとることを求められる。今後どんな人がトップになるのかが重要だ。」と語っていた。

その言葉を聞いていたからこそ、文大統領が、南北融和に向けた取り組みを進めていることは、本当に尊いことだと、私は受け止めている。彼の行動を、あるいは彼を大統領に押し上げた韓国社会の人々の意志を、無下にするようなことはしてはいけないと思う。対話から生まれる平和の可能性にも、私たちは目を向けるべきでないだろうか。(諏訪原健)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00000022-sasahi-pol
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★2018/02/16(金) 10:08:40.68
NAVER/京郷新聞(韓国語)

「日本人は韓国人を単に自分の下だと思っています。日帝強占期、いや豊臣秀吉の時からそうでした。これは直接経験してみないと分かりません」

最近、夕方の席で会った在日同胞2世が話した言葉である。
豊臣秀吉の話まで出てきたが、日本で生まれてて70年以上生きてきた彼の話を聞き流す事は出来なかった。

在日同胞が経験した日常的な差別と苦痛は当事者でなければ分からない。また他の在日同胞は、「日本人の“腹いせ”の対象が日本社会の力の無い人、特に在日同胞だ」と話した。

在日同胞は日本の植民地支配と南北分断の苦痛を誰よりも痛感してきた人々である。そのため平昌冬季オリンピックの意味は特別だったようだ。本国に平和と統一の火種が回復するように望む気持ちが伝えられた。しかし韓国と平昌冬季オリンピックに対する日本社会の冷たい視線に対する懸念の方が大きく見えた。

実際に最近の平昌冬季オリンピックを巡る日本政府と一部のメディアなど、日本社会の対応は偏向的という印象を消す事ができない。
北朝鮮の核・ミサイル開発による日本の危機感や対北圧力政策だけでは説明しにくい事が少なくない。

日本政府は『朝鮮半島有事の際』を想定した対応策や関連言及を、マスコミを通じて濾過せずに送り出している。訪韓前から安倍晋三総理が文在寅大統領に韓米連合軍事演習の速やかな実施を要求するだろうと憚りなく公言した。一部のメディアは『万が一の場合』としながら、平昌を狙った北朝鮮のミサイル攻撃を堂々と取り上げるなど、オリンピック開幕直前までも危機論を煽った。韓国の一部の保守団体のデモを繰り返し紹介したりした。保守志向の読売新聞は去る12日付で北朝鮮の応援団がつけた男性仮面の物議を報道して、『金日成が200人』というタイトルを付けた。

インターネットはさらに酷い。YouTubeで『平昌五輪』で検索すると愕然となる。韓国は北朝鮮の操り人形国だ、平昌は韓国国民にもそっぽを向かれてすぐに滅ぶだろう。『ヘイトスピーチ(差別・嫌悪発言)』に抵触する単語を使ってないだけで、『韓国嘲弄』と『嫌韓情緒』にあふれている。

問題はこのような退行的認識が一部のネチズンを超え、テレビ放送や出版など、メディア全体に拡散しているという事だ。
去る11日にフジテレビに出たあるパネラーは、「大阪に北朝鮮のテロリストが大量に潜伏していて危ない」という内容の言及をした。大阪には在日同胞が多く住んでいる。このような状況で日本社会が平昌冬季オリンピックを契機にして、朝鮮半島が置かれた状況を真剣に見る事を期待するのはハナから無理だったのかも知れない。

日本の政治学者の白井聡は『永続敗戦論』で、日本の保守勢力が1945年の敗戦後アメリカに深く屈服する一方、挫折したナショナリズムのストレスをアジアに全力を尽くして敗戦を否認する方式で解いていると分析した。彼はこのような歪みが日本と周辺国に実質的な危険として近付いていて破局を呼ぶかも知れないと警告した。

日本は戦後70年過ぎても過去の侵略と殖民支配に対する責任を十分に負っていない。むしろ歴史・領土歪曲主張を強化して、『戦争ができる国家』への改憲を急いでいる。何にでも難癖をつけ、「在日同胞のせい」と攻撃しようとする動きは後を絶えないが、相当数の日本人はこれに無関心である。

日本のテレビのワイドショーの司会者はオリンピック直前の韓国社会の『混乱』の様子を伝えながら、『韓国社会の閉塞感(ぎゅっと詰まった印象)』を原因に挙げた。最近の日本の過度な『韓国叩き』が敗戦以降の日本の『ねじれ』、『閉塞感』の噴出と言ったら偏向的と言うのだろうか。


東京=キム・ジンウン特派員

no title

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=032&aid=0002851037

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: たんぽぽ ★2018/02/16(金) 20:18:28.35
サンスポ

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日、冬季五輪開催中の平昌で共同通信のインタビューに応じ、北朝鮮の2020年東京五輪への参加では「IOCとして平昌五輪と同じようにアプローチしていく」と述べ、積極的に推進する意向を明らかにした。
26年冬季五輪招致を目指す札幌市については「いいポジションにいる」と高く評価した。

同会長は、北朝鮮問題では4年前から各国政府の関係者に接触し、情勢を分析してきたとし「東京へ向けても、厳格な政治的中立の立場で同様に行動する」と語った。開会式での韓国と北朝鮮の合同行進や統一チームの東京五輪での実現は「まだ時期が早い。平昌後に対話がどう進むか見守りたい」とした。

北朝鮮訪問については1月に同国オリンピック委員会から招待を受け、適切な時期を検討していることを明らかにした。(共同)

20ioc_01

http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180216/pye18021619440078-n1.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ