1:ななしさん 2020/07/09(木) 14:10:47.29
東京都で9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに220人以上確認されたことが関係者への取材で分かった。1日当たりの感染者数としては4月7日の206人を超え、これまでで最多となる。

都内では感染者が多く発生している新宿、豊島区が、ホストクラブなど「夜の繁華街」関連の関係者の集中的な検査を進めている。都内では20~30代を中心に夜の街で感染する例が相次いでいるほか、会食や家庭を通じた感染にも経路が広がりつつある。都は夜の街への外出や県境をまたぐ移動を控えるように都民に呼びかけている。

NALJhPl0

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61323380Z00C20A7CC1000
本文を読む

cpd1703150500010-p11:ななしさん 2020/07/09(木) 12:36:08.44
機械翻訳

ドア大統領「私たちは、日本と他の道行く」

記事入力2020.07.09。12:15

ムン・ジェイン大統領が日本の不当な輸出規制1年を迎え、危機をうまく克服したとしても、素材・部品・機器産業で日本と別の道を行くと明らかにした。過去日本などに依存していた守勢的対応で、私たちが牛部長グローバル大国になって、世界中のサプライチェーンの安定に寄与して協力する長さという説明だ。

ドア大統領は9日午前、大韓民国素材部品機器産業現場の一つである京畿道利川のSKハイニックスを訪問し、このように明らかにした。ドア大統領は「日本の不当な輸出規制措置が1年目続いています。私たちの経済に大きな打撃になるだろうという懸念があったが、官民が渾然一体となって、今まで一件生産滞りなく危機をうまく克服してきた」とし、「その成果を国民に申し上げ、「素材・部品・機器2.0戦略」を新たに見たい」と述べた。

彼は「K-防疫」が世界の標準になったかのように「素材・部品・機器産業」でも、世界をリードすることができると主張した。この日発表した「素材・部品・機器2.0戦略」が、これまでの成果をベースに、「水洗的な対応」でさらに一歩進ん「跳躍」に政策を転換する内容とした。

特にドア大統領は、「私たちは、日本と他の道」を歩く」とし「大韓民国は危機をむしろチャンスにして、「グローバル先端素材・部品・機器大国」に跳躍していく」と述べた。彼は「彼と一緒にグローバルなサプライチェーンの安定に寄与し、国際社会と協力していく」とし、 "これが私たちが行こうとする、「韓国の道」」と強調した。

大統領は共存協力の果敢な投資を決定したSKハイニックスをはじめ、過去1年間、素材・部品・機器の自立のために頑張ってくれた企業と力を合わせてくださった国民に深く感謝ドゥリンダゴ挨拶した。

ドア大統領は、わずか1年で、日本に依存していた「フッ化水素ガス」と「不和ポリイミド」の国産化に成功し、「フッ酸液」を二倍以上生産できるようになったと「EUVレジスト」もグローバル企業の投資を誘致して供給安定化を成し遂げたと主張した。政府も2組以上の「小部長特別会計」を新設し、集中投資し、許認可期間を大幅に短縮するなど、特定の国に依存だったサプライチェーンを新しく構築した自評した。大統領は、需要の大企業と素材・部品・機器を供給している中小企業間の新たな「共生協力モデル」も定着したと評価した。

ドア大統領はこの日に締結される「電子業界国内復帰活性化」、「容認半導体クラスターの造成」、「外国人投資企業と国内小部長企業間の共生協約」など、「共生協約」を提示しながら、「何よりも、「してみるとなったよ」自信を得たことが大きい」と強調した。


本文を読む

1:ななしさん 2020/07/09(木) 03:06:17.53
Record China 配信日時:2020年7月8日(水) 6時0分

2020年7月6日、韓国・デジタルタイムスは「来年2月を予定していた韓国型ロケット『ヌリ号』の打ち上げが延期になる公算が大きくなった」と伝えた。新型コロナウイルスの影響と、一部部品の開発・製作遅延により、開発日程に支障が出ているという。


記事によると、ヌリ号は来年2月と10月の2回にかけて全羅南道(チョルラナムド)高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げられる予定となっている。しかし、韓国内の中小企業が製作している一部部品で信頼度評価の基準に満たないなどの問題が発生し、開発が進んでいないという。韓国航空宇宙研究院は「ヌリ号は既に1、2段目の性能試験段階に入っているが、部品の供給の遅れにより試験が計画どおりに行えない状態になっている」としている。

また、昨年2月に大田(テジョン)のハンファグループ工場で発生した爆発事故により生産が6カ月間ストップしたエンジン主要部品の製作も、遅れる可能性が高い状況だという。

政府主導の専門評価団は、ヌリ号全般の開発・実験現況を踏まえて、打ち上げ日を9月に最終決定する計画だという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国独自開発のロケット打ち上げの延期を残念に思う人は多いと思うが、延期の分だけ準備を徹底し、必ずや成功してほしい。危機を機会に変える韓国の力を信じている」「日程など少しくらい遅れても、成功を願っています」「ゆっくりでもいい、完璧な成功を」「韓国の宇宙産業が日々発展していることを誇りに思うよ」「どうか焦らないで。初めてなんだから、ゆっくり、確実に進めてほしい」など、激励の言葉が殺到している。

一方で、「あちこちに現金をばらまいてるくせに、こういう所に投資をしないからこうなる」「金正恩(キム・ジョンウン)委員長に教えてくれとお願いすれば」などの厳しいコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

https://www.recordchina.co.jp/b819053-s0-c10-d0144.html

本文を読む

index1:ななしさん 2020/07/08(水) 13:59:42.54
2020年の韓国人像は。

その答えを得るために、東アジア研究院(EAI、院長ソン・ヨル)と成均館(ソンギュングァン)大学東アジア共存協力研究センター〔EACC、センター長・李淑鍾(イ・スクジョン)〕、中央日報が「2020年韓国人のアイデンティティ」研究を行った。2005年から5年周期で調査し、今年で4回目となる。

(1)「大韓民国国民でありたい」

韓国人10人に8人(80.2%)が「私は他のどの国の人であるよりも大韓民国の国民でありたい」と答えた。
以前は70.4%(2005年)、72.8%(2010年)、74.9%(2015年)だった。「大韓民国を誇らしい」と感じる分野も増えた。民主主義の成熟度もそのうちの一つで、2005年には肯定的な回答が42.2%だったが、今年の調査では74.3%に増えた。これに比べ、経済的達成度に対する評価は横ばいだった。2008年世界金融危機を成功裏に克服した後の2010年には64%だったが現在は68.3%だ。

(2)多民族・多文化国家よりは単一民族・単一文化国家

開放性にはつながっていない。「多民族・多文化国家になるべきだ」という回答者は2010年60.6%だったが、今年の調査で44.4%に出てきた。「多文化が国家競争力に役立つ」という認識(47.8→50.4→51.8%)ではあるが、「外国人を受け入れることに限界がある」(48.9→56.9→57.1%)と感じた。脱北者、結婚移民者、国際結婚家庭の子女などマイノリティ(少数者)に対して感じる心理的な距離も遠くなった。

(3)周辺国に対する敵対感が強まった

日米中に対して敵対的な感情を有しているという人が増えた。中国の場合、40.1%で2015年(16.1%)より24%ポイント増加した。日本も58.8%から71.9%へと13.1%ポイント増えた。結果的には北朝鮮(65.7%)よりも悪くなった。THAAD(高高度防衛ミサイル、中国)・輸出規制(日本)など一連の葛藤のためとみられる。米国に対する敵対感も強まり、2015年4.8%から今回の調査では10.2%に増えた。


本文を読む

1:ななしさん 2020/07/08(水) 22:29:44.08
2020年7月7日、韓国・イーデイリーによると、韓国のソウル高裁が、世界最大規模の児童ポルノサイト「ウェルカム・トゥ・ビデオ」(Welcome to Video)を運営していたソン・ジョンウさんに対する米国の犯罪人引き渡し要請を拒否した。これを海外メディアが一斉に批判的に報じている。

記事によると、米ニューヨークタイムズは6日、ソウル高裁の決定について「米国への引き渡しが性犯罪抑制につながると期待していた韓国の児童ポルノ反対団体を大きく失望させた」とし、「『ウェルカム・トゥ・ビデオ』を利用した米国人は懲役5~15年を宣告されたが、ソンさんはたった1年半で解放された」と伝えた。


英BBCのローラ・ビーカーソウル特派員は自身のSNSに「韓国検察は、空腹のあまり卵18個を盗んだ男に1年6カ月の実刑を求刑したが、これは世界最大の児童ポルノサイトを運営したソン・ジョンウと同じ量刑だ」と指摘したという。ビーカー特派員が言及したのは、今年3月に新型コロナウイルス事態の影響で仕事を失ったソウル近郊に住む40代の男が、10日以上の絶食の末に卵18個を盗んだ事件のこと。検察はこの男に対し、「窃盗の前科がある」との理由で懲役1年6カ月を求刑していた。

ソウル高裁は同日、「『ウェルカム・トゥ・ビデオ』をめぐる児童・青少年の性搾取物に関する捜査が韓国内で進行中であるため、米国に引き渡すと捜査に支障をきたす可能性がある」との理由でソンさんの引き渡しを不許可とした。

ソンさんは特殊なブラウザを利用しなければ接続できない「ダークウェブ」で「ウェルカム・トゥ・ビデオ」を運営し、児童・青少年の性搾取物を流通させた容疑で2018年3月に逮捕、起訴された。「韓国史上最悪の性犯罪」との言われていたが、1審では懲役2年に執行猶予3年が宣告され、2審では懲役1年6カ月の実刑が宣告された。

これを見た韓国のネットユーザーからも「児童ポルノを見た人が15年で、それで儲けた人が1年半。そんなことあり得るの?」「韓国社会に裁判官は本当に必要か?。高い年収をもらってそんな判決を出しているなんて。AIの方がはるかに優秀だ」と驚く声が上がっている。

また「本当に恥ずかしい」「韓国は裁判官が犯罪者を養成し、犯罪を勧める国だ。世界中に笑われている」「ついに国際的に恥をかくことになった。法整備を始めるときだ」などと嘆く声も。

その他にも「性犯罪者たちは裁判官とこの国に感謝しているだろう」「裁判官も一緒に米国に送ってしまいたい」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/newsamp.php?id=819177&s=0&c=30&d=0058

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/08(水) 19:35:00.55
インド警察は、韓国LG化学傘下のLGポリマーズの化学工場で起きたガス漏れ事故に関連し、LGポリマーズの韓国人の経営トップを含む12人を逮捕した。

ガス漏れは今年5月にインド南部ビシャカパトナムの工場で発生し12人が死亡した。ガス漏れの危険性を無視したと指摘され、同社は殺人の嫌疑をかけられている。

現地警察幹部は「7日夜に最高経営責任者(CEO)と2人の役員を含む12人を逮捕した」と述べた。

LGポリマーズは、ロイターの取材に対し、何も話すことはないと電子メールで回答した。

政府諮問の事故調査委員会は今週まとめた報告書で、LGポリマーズの運用体制に不備があり、警告システムが作動していなかったと指摘、同工場を住宅地から離れた場所に移転させることを勧告した。


2020年7月8日(水)18時50分
https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2020/07/lg12.php?page=1

本文を読む

1:ななしさん ] 2020/07/08(水) 18:00:57.35
韓国、コロナ就職地獄が現実に…上半期の新卒就職成功率27%
2020.07.08 14:38
https://japanese.joins.com/JArticle/267884?servcode=400§code=400

大学生の就職内定率73% 去年同期比11ポイント減 コロナ影響
2020年7月8日 9時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012502441000.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/08(水) 14:20:47.55
韓国・ニュース1は7日、「新型コロナウイルス感染症の拡大から6カ月、コロナが韓国に残したものは『韓国は先進国だ』という事実だ」とし、「新型コロナによって韓国人は、韓国が先進国であることに気が付き、国へのプライドも高まった」と伝えた。

ただ、ネットユーザーからは反論も出ている。

記事はまず、「新型コロナウイルスへの対応で世界各国が弱点をさらした」「米国、英国、イタリアなどの先進国も社会保障制度の不備や医療システムの問題などが明るみに出た」と指摘。

一方で、韓国は「こうした先進国より少なくとも医療システムは上だと考えざるを得ない状況となった」とし、「今まで気付いていなかったが、韓国はすでに先進国になっていた」「新型コロナを機に、韓国は一流国だという認識を世界中に植え付けた」と伝えている。

まず世界に注目されたのは「韓国の診断能力」だとし、「先制的で攻撃的な検査のおかげで、韓国は初動防疫に成功できたと評価された」としている。「先端技術と結合した韓国の防疫システムは、海外メディアから連日、称賛を受けた」「世界に防疫の模範を示し、K防疫という新語が生まれた」「ドライブスルー検査は空前のヒット商品となった」などと紹介している。

さらに、「外国メディアの韓国称賛リレーはこれにとどまらない」とし、「『世界各国で生活必需品の買いだめが起きているが、韓国だけは例外』と外国メディアが先を争うように報じた」とも紹介している。英BBCは「(韓国)国民は毅然とした態度でコロナに対処している」と評し、「韓国は朝鮮戦争後、70年間南北分断の状況にあり、危機が生活化しているため、コロナの危機にも肝が据わった態度を見せている」と分析していたという。

また、「韓国の民主主義への称賛も相次いでいる」とし、「4月に国会議員総選挙投開票が行われたが、外国メディアは『韓国はコロナの中でも選挙を行う唯一の国』『韓国は世界の民主主義の灯火』『米国も見習うべき』など賛辞を送った、とも伝えている。

本文を読む

このページのトップヘ