1:ななしさん 2018/12/22(土) 19:53:37.67
レーダー照射、沈静化図る韓国 抗議非公表、日本に求め
朝日新聞

石川県の能登半島沖で20日、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から射撃用の火器管制レーダーを照射された問題で、韓国政府が問題の沈静化を図りたい姿勢を示した。ただ、レーダー照射についての韓国の説明に日本側は納得していないようだ。

韓国の軍事関係筋によれば、韓国の国防、外交両省は21日午後、それぞれソウルの日本大使館の抗議を受け、釈明をした。

外交省は国防省と協議するとしたうえで、日本側に抗議の事実を公表しないよう求め、問題の拡大を防ぎたい考えをにじませたという。

国防省は、駆逐艦が付近の海域で操業中に遭難信号を送ってきた北朝鮮漁船を捜索中だったと説明。レーダーは捜索用に使用したもので、P1哨戒機には向けていないと説明したという。(以下有料)

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDQ36H5LDQUHBI00G.html

本文を読む

0bf6bcf21:ななしさん 2018/12/22(土) 16:45:24.38
レコードチャイナ

2018年12月21日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、今年最も人気だった旅行地ランキングで、韓国では日本の大阪が、日本では韓国のソウルが1位となった。

オンライン旅行会社「エクスペディア」の調査の結果、韓国人が今年最も多く訪れた旅行地は例年通り日本だった。

1位は大阪、2位以下には福岡、東京、沖縄、札幌が続き、鹿児島や静岡、宮崎などの小都市も注目を集めたという。韓国人の予約率の上昇が著しかった地域は名古屋。日本の小都市は韓国人以外の観光客からも人気が高かったという。

一方、日本人が今年最も多く訪れたのはソウル。台北やバンコクを抑えての1位となった。ただ韓国の中でもソウル以外の地域は注目度が低く、有名リゾート地の済州島も47位にとどまった。

また、エクスペディアを通じて最も多く韓国を訪れた観光客は日本人だった。後には米国、香港、台湾、シンガポール、タイ、マレーシアが続いた。

これに、韓国のネットユーザーからは
「なんだかんだ結局、日本と韓国は両思い(笑)」

「大阪の繁華街に行くと3分の1が韓国人」

「日本は政治では遠い国だけど、民間では近い国だよね」

「日本人がたくさん来るのはうれしいこと。中国の団体客だけに頼らず、観光客は多様な方がいい」

「韓国人は日本が大好きなんだから、本心を隠さずに正直になろうよ」
などの声が上がっている。 また
「韓国ではなかなか長期の休みが取れないことも日本旅行が人気の理由。2泊3日や3泊4日で海外に行こうとしたら日本を選ぶしかない」

「済州は中国人旅行客であふれている時代があった。だから日本人があまり来なくなった」
などと分析する声も寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b668340-s0-c30-d0058.html

本文を読む

00502391_201812211:ななしさん 2018/12/22(土) 12:55:48.61
2018年12月22日 12時09分

20日、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇から射撃管制用のレーダー照射を受けた問題で、レーダーの照射は複数回にわたって確認され、一定時間続いていたことが防衛省への取材で分かりました。

20日の午後3時ごろ、石川県の能登半島沖の日本海の上空で、警戒監視の任務に当たっていた海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を受けました。

防衛省によりますと、海上自衛隊が当時の状況を調べたところレーダー照射は複数回にわたって確認され一定時間続いていたことが分かったということです。

射撃管制用レーダーはミサイルなどを発射する際に目標に照準を合わせて追尾するために使われるもので、今回、哨戒機はレーダー照射を受けて回避する行動をとったということです。

自衛隊の複数の幹部は、上空を飛行する航空機に対し複数回、かつ一定時間レーダーが照射される状況は偶然とは考えにくいとしたうえで、「韓国軍とは従来から良好な関係にあり、状況を詳しく知る必要がある」としています。

防衛省は当時の状況についてさらに詳しく分析することにしています。

本文を読む

1:ななしさん 2018/12/22(土) 10:19:42.42
産経新聞

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に対して行った火器管制用レーダーは「攻撃予告」ともいえる危険な行為だ。韓国側は「海自の哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」などと釈明するが、照射された側が先に攻撃したとしても、国際法上は何ら問題が生じないほどの事案だ。折しも日韓関係は、いわゆる徴用工訴訟の問題などで最悪の状況にあるが、さらなる冷え込みは避けられそうにない。

「攻撃直前の行為だ」

岩屋毅防衛相は21日夜のBSフジ番組で、レーダー照射に危機感を示した。

火器管制用レーダーは「FCレーダー」とも呼ばれ、ミサイルや火砲を発射する際、目標の距離や針路、速力、高度などを正確に捕捉し自動追尾する「ロックオン」に用いる。発射ボタンを押せば攻撃可能な状態だ。防衛省幹部は「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」と語る。

複数の韓国メディアは韓国国防省関係者の話として「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海自の哨戒機を狙ったわけではない」と報じた。しかし、海自幹部は「意図しなければ起こりえない事態だ」と怒りをにじませる。

日韓関係を考えると、レーダー照射は最悪のタイミングで起きたといえる。

徴用工訴訟では、韓国最高裁の確定判決で賠償命令を受けた新日鉄住金に対し、原告代理人が24日までに回答を得られなければ、年内に韓国の資産の差し押さえ手続きに入る考えを示す。防衛関係でも、自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛問題や、韓国軍による竹島(島根県隠岐の島町)周辺での訓練など、韓国側の不適切な行為が続いている。

外務省幹部は「韓国の意図は分からないが、日韓関係が悪化して喜ぶのは中国や北朝鮮だ」と嘆く。
本文を読む

1:ななしさん 2018/12/22(土) 10:00:20.76
田母神俊雄 認証済みアカウント@toshio_tamogami
韓国艦艇が海自対潜哨戒機に火器管制レーダーを照射したことで日本政府が危険だということで韓国に抗議したという。全く危険ではない。
火器管制レーダーは近年フェーズドアレイ方式で常時ほぼ全周に電波を出し続けている。だから周辺にいる航空機などには電波照射が行われてしまう。(続く)


 
韓国艦艇は海自の対潜哨戒機だけを狙って電波照射したのではないと思う。周辺にほかの航空機がいればそれらも電波照射を受けている。
しかしミサイルが発射されるには艦艇内の複数部署で同時に安全装置を外す必要がある。だから火器管制レーダーの電波照射が即危険だということにはならない。

 
各国の軍が訓練で火器管制レーダーの電波を空間に照射する。そして軍用機はレーダー警戒装置を持っているから電波照射を受けるとロックオンされた警報音が出る。
戦時であれば直ちにチャフやフレアをまいてロックオンを外そうとする。平時は突然ミサイルが飛んでくることはないから大騒ぎしなくてよい。


no title
本文を読む

1:ななしさん 2018/12/22(土) 10:02:11.00
2018/12/22-09:03 時事ドットコム

【ソウル時事】韓国駆逐艦が日本海で海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、22日付の韓国紙・朝鮮日報は、駆逐艦が北朝鮮の遭難漁船を捜索するため、一般レーダーよりも精密な火器管制用レーダーを稼働させ、哨戒機がその半径に偶然入ってきたとする韓国軍関係者の話を伝えた。

同紙によると、韓国軍関係者は「火器管制用レーダーを作動させたのは事実だが、日本の哨戒機を狙う意図はなかった」と説明した。また、日本側が「日本の排他的経済水域(EEZ)内で照射を受けた」と発表したことについて、「(駆逐艦が)遭難船救助のため、通常、作戦を行う海域よりも、東側に進んだのは事実だが、韓日のEEZの中間水域で起きたことだ」と反論。「日本の反応は多少、度を越している側面がある」という認識を示したという。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122203335&g=pol

本文を読む

images1:ななしさん 2018/12/22(土) 00:39:58.47
韓国側「誤解生じないよう、日本に説明する」
2018年12月21日 21時20分 
YOMIURI ONLINE

【ソウル=岡部雄二郎】韓国国防省は21日夜、海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射について、「通常の作戦中にレーダーを運用したが、日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない。誤解が生じないよう、日本側に十分に説明する」と声明を発表した。

韓国海軍関係者は読売新聞の取材に対し、「遭難した船舶がいたためレーダーを使用したところ、日本の哨戒機が瞬間的にレーダーの範囲内に入った」と述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20181221-OYT1T50136.html

本文を読む

1:ななしさん2018/12/21(金) 23:28:16.53
【ソウル聯合ニュース】韓国の艦艇が20日、能登半島沖海上で射撃する際に使う火器管制レーダーを海上自衛隊のP1哨戒機に照射したことについて、韓国国防部は21日、記者団に「わが軍は正常的な作戦活動中だった。作戦活動の際にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実
はない」と明らかにした。日本側の誤解との説明だ。(略)

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20181221003800882
本文を読む

00502391_201812211:ななしさん 2018/12/21(金) 21:15:17.17
ハンギョレ新聞(韓国語)

日本政府が韓国軍艦艇が東海で自衛隊哨戒機に向かって射撃統制のためのレーダーを撃ったとし強力に抗議した。

岩屋毅(イワヤ・タケシ)日本防衛相は21日夕方、東京防衛省で記者会見を開いて「20日午後3時頃、(本州中部にある)能登半島海域で警戒監視中だった自衛隊P-1哨戒機に韓国軍駆逐艦が火気統制用レーダーを撃った」と話した。

彼は引き続き「火気統制用レーダー発射は実際に火器を使う前にする行為だ。これは不測の事態を招きかねないきわめて危険な行為」として「事態の重大さを勘案して韓国政府に強く抗議した」と話した。

防衛省はホームページでも「韓国海軍広開土大王艦が海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機に火気管制レーダーを撃った」と伝えた。日本防衛省は駐日韓国大使館と韓国外交部に強い遺憾の意を伝えたことが把握された。

岩屋防衛相は今回の事態が発生したのは独島(ドクト、日本名:竹島)から「かなり距離がある場所」だったとし、レーダー発射は「P-1哨戒機が目で確認した」と話した。

日本は中国と領土紛争が続く尖閣列島(中国名:釣魚島)周辺海域で中国海軍が撃つ射撃統制用レーダーに頭を痛めてきた。

韓国国防部は「20日、独島北東側100キロ地点の公海で北朝鮮船舶が漂流しており、海上警察と海軍が10時間近く捜索及び救助作業を始めた。当時の気象が良くなくて波が高く海軍駆逐艦レーダーが完全稼動した。この過程で射撃統制レーダーまで稼動したもの」と釈明した。

東京/チョ・キウォン特派員、ユ・カンムン記者

http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/875429.html

関連スレ
【韓国国防省】「作戦活動中にレーダーを使ったが、(海自の)哨戒機を追跡する目的で使った事実はない」と表明
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1545393655/

本文を読む

AS20181007001282_commL1:ななしさん 2018/12/21(金) 21:37:23.32
共同通信

岩屋防衛相はBSフジ番組で、韓国によるレーダー照射が元徴用工判決など日韓関係の悪化に起因するかを問われ「そうであってほしくない。(元徴用工などの)問題が積み重なってのことではないと信じたい」と述べた。

https://this.kiji.is/448815125056324705?c=39550187727945729

本文を読む

このページのトップヘ