11:話題のニュース 2018/10/01(月) 13:25:33.27
中央日報

徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が今月10日から済州(チェジュ)で開催される大韓民国海軍国際観艦式に参加する世界45カ国の海軍に「日本の海上自衛艦旗は戦犯旗」という内容のメールを送った。これに先立ち海上自衛隊は「旭日旗は降ろせない」という立場を表していた。

徐教授は1日、「日本はドイツとは違い、戦後、誠意を込めた謝罪どころか、戦犯旗を海上自衛隊の旗としてまた使用するなど破廉恥な行動を続けてきた」とし「ドイツは戦後、ナチスの旗の使用を法でも禁止したのに対し、日本は敗戦後しばらく使用しなかったが、また戦犯旗を復活させた。帝国主義思想を捨てられなかったという証拠」という内容のメールを送ったと明らかにした。

徐教授は「日本が行動しなければ世界の海軍にこうした事実を広く知らせ、日本が旭日旗を二度と使用できないよう世界的な世論を形成しなければいけない」と強調した。

韓国海軍は最近、国際観艦式に参加する日本など15カ国に公文書を送り、艦艇には自国の国旗と太極旗(韓国の国旗)だけを掲揚するよう要請した。事実上、海上自衛隊に旭日旗を掲揚するなと要求したと日本政府は受け止めている。

旭日旗は旧日本軍が使用し、侵略戦争と軍国主義の象徴と見なされている。海上自衛隊は1954年の発足当時から自衛艦旗に旭日旗を採択した。日本政府は先月28日、自国のメディアを通じて「非常識な要求」と主張したのに続き、29日にも「礼儀を欠く行為」と明らかにするなど反発の程度を高めている。

これに対し徐教授は「もし韓国側の要求を無視して日本海上自衛隊が戦犯旗を付ければ、
世界の主要メディアにこうした事実を知らせ、『国際的な恥』をかかせる計画」と明らかにした。

https://japanese.joins.com/article/640/245640.html?servcode=A00&sectcode=A10
本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/01(月) 18:32:23.35

DoaY9-dXgAATQKY


ノーベル医学・生理学賞に本庶佑さん 京大特別教授
2018年10月1日 18時36分 NHK

ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に、免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発などに貢献した京都大学特別教授の本庶佑さんが選ばれました。

日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて26人目で、医学・生理学賞では、おととしの大隅良典さんに続いて5人目となります。

K10011653631_1810011835_1810011836_01_02


本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/10/01(月) 17:04:33.60
2018年10月01日15時21分 [中央日報/中央日報日本語版]

今月10日に韓国で開かれる済州(チェジュ)国際観艦式の「旭日旗掲揚問題」について、専門家は「国内的に『法制定』を、国際的には『世論造成』をするべきだ」とするツートラック戦略を要求した。

旭日旗掲揚問題は先月末に本格的に大きくなった。韓国海軍が15カ国の参加国に対し、艦艇に自国の国旗と太極旗を掲揚するよう要請したが、日本が「旭日旗」を掲げると主張しているためだ。

先月28日、小野寺五典防衛相は「自衛艦旗(旭日旗)の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する」としながら「(済州観艦式に参加する場合も)当然、掲げることになる」という立場を示した。海上自衛隊幹部は産経新聞を通じて「『降ろせ』というのは非常識かつ礼儀を欠く行為で受け入れられない」と主張した。

このような発言によって、韓国では日本を非難する世論が急激にふくらんだ。

だが、専門家はこのような状況で「政府は感情的対応を自制しなければならない」と求めた。反日感情を前面に出した行動が、最悪の場合、日本の逆攻勢となって跳ね返ってきかねないという懸念のためだ。

世宗(セジョン)大学の保坂祐二教授(政治学)は「国際秩序は法で動く。『旭日旗を掲げるのなら来るな』のような対応は外交的失敗になりかねない」とし「日本はこれを普遍化して国際法を守らない信用できない国として韓国を追い込みかねない。一歩間違うと日本の戦略に飲み込まれてしまう可能性がある」と分析した。

国立外交院日本研究センターのチェ・ウンミ研究教授は「現在、日本は朝日対話に関心を傾けている。来週には『金大中(キム・デジュン)・小渕共同宣言』20周年を迎える日もある」とし「現時点で日本は旭日旗問題が自国に何の利益ももたらさないと判断している」としながら、韓国政府側の慎重なアプローチを求めた。

専門家は国内・国外で別の戦略を展開すべきだとみている。保坂教授は「今からでも旭日旗など日本の軍国主義を象徴するものは国内で使用できないようにする法案を作るべきだ」とし「それでこそ次に同じような問題が生じた場合、日本に根拠を出すことができる」と助言した。

韓国国防安保フォーラム大量破壊兵器(WMD)対応センターのヤン・ウク・センター長は「旭日旗使用などは第2次世界大戦が終わった直後、すぐに問題提起されるべき部分だった。残念だ」とし「現在としては旭日旗使用が『帝国主義の象徴』として使用されるべきではないという国際的世論を作り出すことが急がれる」と話した。

https://japanese.joins.com/article/654/245654.html?servcode=A00&sectcode=A10

本文を読む

tmb240_20181001100407-11:話題のニュース 2018/10/01(月) 10:11:46.34
2018年10月01日10時04分 [中央日報/中央日報日本語版]

ノルウェーノーベル委員会が今年のノーベル平和賞受賞者を今月5日(現地時間)に発表するという外信報道が伝えられると、韓国社会は陣営によって賛否両論と甲論乙駁が熱くなっている。

何と言っても関心の焦点は、今年、韓半島(朝鮮半島)平和ムード造成に寄与した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長、米国のドナルド・トランプ米国大統領が平和賞を受賞するかどうかだ。現在では3人全員が受賞者になる可能性があり、2人にも、1人だけにもなる可能性がある。3人全員、受賞から漏れる可能性もある。

ノーベル委員会は2月に推薦を締め切ったが、最終受理した331人の候補名簿さえも秘密だ。発表前なので推測が乱舞している。英紙インディペンデントはこれに先立ち今年3月、「バラク・オバマ前大統領ができなかった北朝鮮問題をトランプが解決すればトランプが平和賞を受賞する可能性がある」と予想した。BBC放送は「文大統領が米朝首脳会談を成功させて韓半島の核戦争の危険を減らすことができれば平和賞をもらう可能性がある」と見通した。

4・27板門店(パンムンジョム)南北首脳会談直後、英国のあるブックメーカーは平和賞受賞筆頭に文大統領と金委員長を予想した。2人の指導者は板門店共同警備区域に引かれた軍事境界線を共に行き来し、「徒歩の橋」対話で強い印象を残した。予想第2位にはトランプ大統領と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が挙げられた。ただし、今年5月、米国下院議員18人がトランプ大統領を2019年平和賞候補に推薦したことから来年に持ち越される可能性もある。

賞金が900万クローナ(約11億ウォン)の平和賞は、人類と世界平和に寄与した個人と団体に1901年から授けられてきた。赤十字創始者であるアンリ・デュナンをはじめ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師、マザー・テレサ、ダライ・ラマ、ミハイル・ゴルバチョフ、ネルソン・マンデラなど、名前を聞いただけでも納得できるような受賞者が多い。

だが、全6分野のノーベル賞のうちで平和賞ほど賛否両論が激しく飛び交う賞も珍しい。受賞者の適格については絶えず議論の的となった。ミャンマー民主化活動家のアウン・サン・スー・チー女史がその一例だ。反独裁闘争と人権運動の功労で1991年に平和賞を受賞したが、2015年に実権を握った後は少数民族(ロヒンギャ)の虐殺を黙認したという批判を受けた。平和賞剥奪要求まで出るほど、一瞬の光栄の後にそれよりも大きな不名誉を得た。オバマ前大統領の場合も、2009年就任3カ月で「核兵器のない世界」を宣言したという地味な功労だけで平和賞を受賞して適格論争が起こった。その後、イラク戦争およびアフガニスタン戦争終戦宣言、イラン核交渉妥結で遅まきながら体面を保った。

韓国社会でも平和賞は深刻な問題だ。金大中(キム・デジュン)元大統領が史上初めての南北首脳会談が開かれた2000年にノーベル賞を受賞すると、元国家情報院の職員は「金大中政府時代、国家情報院がノーベル賞受賞のための秘密工作をした」という疑惑を2003年から繰り返し提起してきた。昨年、文政権となってからは国家情報院改革委員会が「李明博(イ・ミョンバク)政権時に国家情報院が金大中平和賞取り消し工作をした」と暴露した。ノーベル賞をめぐって情報機関まで登場するほど、韓国でノーベル賞は揮発性の強い政治・社会イシューになった。今回も同じだ。今年3月、ある民間団体は「文在寅大統領ノーベル平和賞推進委員会」結成のための発起人会合を開こうとしたが、直後に青瓦台(チョンワデ、大統領府)に反対請願が投稿されて取り消すハプニングが起きた。

本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/10/01(月) 13:30:00.28
【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は1日の国会答弁で、済州島で今月開かれる国際観艦式に参加する日本の海上自衛隊が旭日旗を掲げる問題について、「日本は旭日旗が韓国人にどのような影響を与えるか繊細に考慮しなければならない」と述べた。

自衛艦旗として使用されている旭日旗は旧日本軍で使われ、韓国では侵略戦争や軍国主義の象徴として多くの国民が強い反感を持っている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/01/2018100101670.html
本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/01(月) 11:02:12.49 I
中央日報日本語版

済州(チェジュ)で開催される国際観艦式で日本海上自衛隊が自衛艦旗(旭日旗)を掲揚する立場を表したことに対し、韓国与党が批判した。

共に民主党の朴ギョン美(パク・ギョンミ)院内報道官は30日午前、書面ブリーフィングで「非常識をもちろん、一抹の良心さえも見られない日本の傍若無人にあきれる」とし「戦犯国として世界の平和を一瞬にして壊し、数えきれないほど殺傷行為を犯した日本が旭日旗を誇っているのは、日本が永遠に二等国家にとどまるしかない理由でないかと思う」と指摘した。

続いて「日帝治下で強制徴用、日本軍慰安婦として連行されて生涯を苦痛の中で暮らしている生存被害者がまだいる中、過去侵略に対して謝罪と反省をする兆しもない日本が、帝国主義の象徴である旭日旗を付けて我々の領海に入ってくるというのは厚かましい」とし「経済規模に見合った強大国の姿を見せるのか、もう一度戦争犯罪を起こそうとする潜在的加害国の悪いクセを見せるのか、全世界が注目することになるだろう」と日本に圧力を加えた。

韓国海軍は観艦式参加国に協力公文書を送り、韓国の国旗と自国の国旗を掲揚するよう要請した。これは旭日旗掲揚に対する韓国国内の世論悪化を考慮した措置と解釈される。しかし日本政府はこれを「非常識な要求」「礼儀を欠く」として反発している。

朴ギョン美(パク・ギョンミ)共に民主党議員
no title

https://japanese.joins.com/article/632/245632.html

関連スレ
【旭日旗】韓国『与党』、「(日本海軍の)非常識は基本、一抹の良心も無い傍若無人・・・あきれ返る」[09/30] ★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538308223/
本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/10/01(月) 07:22:49.19
KBSニュース(韓国語)

<アンカー>
来る10日に開催される済州(チェジュ)国際観艦式を控え、日本の自衛隊艦艇に旭日旗を掲げたまま入港しないで欲しいという我が海軍の要請に対し、自衛隊の関係者が「無礼だ」という反応を見せたという報道がありました。

我が国とアジア諸国では旭日旗が日本の軍国主義の象徴と見なされるだけに、これに対する怒りの声も大きくなっています。海軍が昨日(9月30日)、旭日旗の掲揚は不可であるという立場を固守する事にして、日本側と今後も協議すると明らかにしました。

<レポート>

去る2月、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを控えて行われた南北女子アイスホッケー統一チームの評価試合。

当時、独島が描かれた韓半島旗(朝鮮半島旗)が掲揚された事に対し、日本政府は『独島領有権』を取り上げて「非常に遺憾だ」と明らかにしました。結局、開幕式では独島が省かれた韓半島旗が登場しました。

ところが、今回は国際観艦式で一斉に軍国主義を象徴する『旭日旗掲揚』問題が浮上すると、すぐに日本では『妥協不可』の立場を固守しています。


<小野寺防衛大臣(先月28日)>

「自衛隊艦隊旗の掲揚は義務化されていて、国連海洋法でも軍隊の船舶の国籍を示す外部表記に該当すると判断しています」

海軍は昨日、「既存の立場の変更はなく、日本側と今後も協議を続ける」と明らかにしました。事実上、掲揚不可の方針を再確認したものです。外交部も、旭日旗に対する(韓国)国民の情緒を積極的に考慮して欲しいと言う立場を日本側に伝えました。国際観艦式が開かれる済州は太平洋戦争末期、住民を対象に日帝が犯した蛮行の傷痕がそのまま残っている場所です。

<ソン・ヨンギル(共に民主党北東アジア平和協力特別委員長)>

「日帝が作った飛行場の跡が今も残っていて、格納庫も残っていて、地下トンネルも数か所残っています。ここに旭日昇天旗をつけた自衛艦が来るという事は適切ではありません」

青瓦台(大統領府)国民請願掲示板にも旭日旗使用に憤慨する市民の声が相次いでいます。しかし青瓦台は現在の所、国際関係などを考慮した場合、日本の観艦式参加を阻むほどの強硬対応をする問題ではないという立場です。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=056&aid=0010624670

本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/09/30(日) 13:43:02.93
朝鮮新報

原告の請求を全面棄却


大阪朝鮮学園が原告となり日本国に対して高校無償化制度の施行規則に基づいた指定の義務付けを求めた裁判(大阪無償化裁判)の控訴審判決が9月27日、大阪高裁で言い渡された。高裁は原告が勝訴した一審判決を取り消し、指定義務付けを却下するなど、原告の請求を全面的に棄却する著しく不当な判決を下した。

1審判決は、司法が良心と法の支配に基づいて日本国の差別行政を糾し、大阪朝鮮学園への指定を義務付け、生徒たちに就学支援金を支給するよう命じた画期的な全面勝訴判決だった。しかし、2審判決は一転して「行政訴訟において国側を勝たすために書かれた、典型的な結論ありきの判決」(金英哲弁護士)となった。

1審で敗れた国側は、控訴理由書で自らの都合に沿うように教育基本法の抽象的な規定を数多く持ち出して行政裁量を広げつつ、朝鮮学校に影響力を行使する朝鮮総聯が反社会的な活動を行っているかのような印象を与えて、「不当な支配」のもとにある朝鮮高級学校の教育内容が教育基本法の理念に反する疑いがあるとする主張を展開した。

控訴審判決は、国側の主張を反映したかのように朝鮮総聯と朝鮮学校の関係性に焦点が置かれた。

判決は、両者の間に幹部レベルでの人事交流、財政的な支援、総聯傘下団体・事業体の教育への関与(傘下出版社が発行する教科書の利用など)があるという根拠を並べながら、朝鮮学校が「教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑い」があり、「就学支援金の管理が適正に行われないことを疑わせる相当な根拠があるということができる」とした。

このことから、朝鮮学校が教育基本法16条1項にいう「不当な支配」を受けている疑いがあるため、規程13条(適正な学校運営)適合性があるということはできず、文部科学大臣の裁量権の逸脱又は濫用があるということもできないとして、不指定処分は違法とはいえないと結論づけた。また規程13条適合性が認められないことから、規定ハ号削除の違法性に関する争点を回避した。

この日、法廷では大阪朝高の女子生徒21人がチマチョゴリを着て傍聴席の前列に座っていた。彼女たちこそが日本政府の差別を受けている当事者であるにもかかわらず、無償化裁判が「朝鮮学校の子どもの人権にかかる裁判であるにもかかわらず、裁判長はそのような視点を全く持っていなかった」(丹羽雅雄弁護団長)。

生徒たちの存在を無視するかのように、裁判長は判決の主文を冷たく言い放ち、その場を去っていった。法廷は一瞬、静まり返ったが静寂はすぐさま怒号に変わった。

「人間の心がないのか!」「恥ずかしくないのか!」


本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/30(日) 22:46:57.54
ニュース1

正しい未来党が30日、来月国際観艦式に参加する日本海上自衛隊が旭日昇天旗をおろして欲しいという要求に「礼儀のない行為」として掲揚する立場を守ったことに関連、「旭日旗を付けてくる日本こそ礼儀がない」と猛非難した。

イ・ジョンチョル報道官はこの日、口頭論評を通じて「日本が旭日旗を自衛隊旗で使っていることは自ら恥じなければならない」としてこのように話した。

彼は「同盟国の行事に対する最小限の礼儀を考えるならば、わが国軍の丁重な要請をむしろすんなり受け入れなければならない」として「自ら反省が足りない歴史をずっと思い出させるようにすべきか。これは決して自身と子孫の役に立たないだろう」と指摘した。

引き続き「軍国主義を徹底的に清算できない姿勢では決して尊重されず、拍手を受ける主導国にはなれない」として「礼儀は傷を与えた者が言う言葉ではない。傷を耐えた人が言える最大限の寛容だ」と付け加えた。

∇イ・ジョンチョル正しい未来党報道官
no title


関連スレ
【旭日旗】韓国『与党』、「(日本海軍の)非常識は基本、一抹の良心も無い傍若無人・・・あきれ返る」[09/30] ★2

【旭日旗】韓国外交部、日本に「旭日旗に対する国民情緒を考慮して欲しい」[09/30] ★4
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538311771/

本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/09/30(日) 18:40:11.96
KBSニュース(韓国語)

来月11日に済州島(チェジュド)で開かれる国際観艦式に日本の海上自衛隊が旭日旗をつけて参加する問題と関連して、外交部(日本の外務省に相当)が我々韓国国民の情緒を考慮して欲しいという立場を日本に伝えました。

外交部の当局者は、「韓国政府は外交ルートを通じ、日本側に旭日旗に対する我々国民情緒を積極的に考慮する必要があることを伝え、関連事項について意見を交換している」と伝えました。

外交部は最近、在韓日本大使館を通じてこのような立場を伝えた事が分かりました。

しかし、この当局者はこれに対する日本側の応答などを含め、「詳細については言及を控える」と付け加えました。

これに先立ち海軍も、国際観艦式の海上観閲に参加する15か国の艦艇に自国の国旗と太極旗をつけて欲しいという公文書を送っています。

これに対して日本の小野寺五典防衛大臣は28日、記者たちに「自衛艦旗の掲揚は国内法令上の義務であり、国連海洋法条約でも軍隊に所属船舶の国籍を示す外部表記に該当する」と表明して議論が続いてています。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=056&aid=0010624612

本文を読む

このページのトップヘ