1:ななしさん 2019/10/16(水) 19:21:16.20
9月の韓国人旅行者 58%減少 日韓関係悪化の観光影響が鮮明に

先月、日本を訪れた韓国人旅行者は、推計で20万人余りで去年の同じ月と比べて58.1%の減少と、半分以下に落ち込みました。日韓関係の悪化による観光への影響がより鮮明になっています。

日本政府観光局によりますと先月、日本を訪れた韓国人旅行者は、推計で20万1200人と去年の同じ月と比べて58.1%減少しました。

韓国からの旅行者は、8月は48%減りましたが、先月は、さらに減少幅が拡大した形で50%以上のマイナスとなったのは東日本大震災が起きた2011年の5月以来、8年4か月ぶりです。

これは日韓関係の悪化で日本への旅行を控える動きや航空便の減便が続いているためで観光への影響がより鮮明になった形です。

一方、先月、日本を訪れた外国人旅行者は全体で227万2900人と5.2%増加し、主要な国からの旅行者がいずれも増えるなか、韓国の減少が際立っています。


政府は、2020年に外国人旅行者の数を4000万人に増やす目標を掲げていますが、国と地域別で去年は2番目に多かった韓国からの旅行者の急激な減少が続いていて今後の影響が懸念されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012134831000.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/16(水) 16:09:16.59
聯合ニュース 2019.10.16 15:39

【ソウル聯合ニュース】韓国で、日本による植民地時代に強制徴用された被害者への支援やアジアの平和定着に向けた民間レベルの後援財団「アジア平和未来財団」(仮称)が設立される。

同財団の設立準備委員会は16日、ソウルで記者会見を開き、財団設立計画を発表し、市民の参加を促した。

委員長を務める孫鳳鎬(ソン・ボンホ)ソウル大名誉教授は「苦痛を強いられた強制徴用被害者を放置するのは社会正義に反する。日本政府による補償がきちんと行われていない状況だが、市民が少しでも関心を持ち支援してほしい」と設立の趣旨を説明した。

財団の後援金は▼韓国と東南アジア諸国の強制徴用被害者支援▼日本による侵略戦争で苦痛を受けた被害者への支援および追悼碑の建立▼アジア諸国の青少年および大学生による合同交流プログラムの運営――などに使われる予定だ。

日本政府にも過去の歴史に対する謝罪・賠償を促していく。

同委員会は、ナチス・ドイツによる強制徴用被害者への賠償に向けドイツ政府と企業が2000年に設立した「記憶、責任、未来」(EVZ)財団について言及し、日本政府に対策を講じるよう求めた。

パク・チョルスン副委員長は「財団は純粋性と透明性という原則の下に運営される」とした上で、財団の活動が政府とは無関係の民間レベルのものだと強調した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191016002300882?section=society-culture/index

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/16(水) 13:52:50.69
NHKニュース 2019年10月16日 13時24分

政府関係者によりますと、16日午前、石川県の能登半島沖の日本海で、北朝鮮籍とみられる船から乗組員が海に転落したという情報があり、政府が確認を急いでいます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012134281000.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/16(水) 11:38:26.28
キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長が白馬に乗って白頭山に上がったと朝鮮中央通信が16日報じた。

no title

no title

no title

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/16(水) 09:51:17.38
チョ法相の辞任について、菅官房長官は15日の記者会見で「他国の内政に関することであり、政府としてはコメントを控えたい」と述べ、論評を避けた。

日本政府内では「文政権の支持率が下がれば、日本に対してさらなる強硬姿勢をとる可能性がある」(外務省幹部)との見方も出ている。

2019/10/15 22:14
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20191015-OYT1T50142/

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/15(火) 18:19:41.29
日韓の関係悪化や過熱するナショナリズムにどう向き合うのか。外交を担う政府を監視する立法府の姿勢が、改めて問われている。臨時国会のスタートに合わせ、国会に求めるものを、近現代史を研究してきたノンフィクション作家の保阪正康さんに聞いた。

臨時国会では、立法府つまり国会が行政府から本当に独立しているのか、三権分立が機能しているか、が問われる。試金石となりうるのは、日韓問題だ。

日本政府は1965年の日韓基本条約・請求権協定に基づき、元徴用工の補償問題は「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取ってきた。韓国政府も同じ立場だったが、昨年10月の韓国大法院(最高裁)が覆した。

これだけをみれば、安倍政権が言う「韓国は約束を守らない」というのも、その通りだと思う。

しかし、65年当時、韓国は軍事体制下であり、東西冷戦のさなかだったため、条約や協定があいまいさを残していたことは否めない。

ここに目をつむったまま、日本政府が「私たちが正しい」と主張しているだけでは、「協定を認めない」とする韓国政府と平行線のままだ。


https://www.asahi.com/articles/ASMB35WFSMB3UTFK011.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/15(火) 22:09:25.40
聯合ニュース 2019.10.15 19:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に出席するために訪日する際、大統領専用機の空軍1号機を利用する。複数の国務総理室関係者が15日、伝えた。

22~24日の日程で訪日する李首相は当初、空軍2号機を利用する予定だったが、変更されたという。

1号機と同様に、2号機も大統領専用機だが、1号機の搭乗可能人数が180~200人であるのに対し、2号機は30~40人で機体が小さい。

今回の李首相の訪日は国民の高い関心を反映してか、同行記者団の規模が大きく、韓国首相の同行記者団としては過去最大になる見通しだ。現在までに国内30の報道機関から約50人が同行取材を申請した。

韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決、日本の対韓輸出規制強化、韓国の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定などで韓日関係が1年近く悪化を続ける状況の中、今回の訪日を機に関係改善の糸口を見いだすことができるか注目される。

特に李首相と安倍晋三首相の会談が実現すれば、昨年10月に韓国大法院が初めて強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じて以降、約1年ぶりの首脳級会談となる。

文大統領は大統領と首相が役割を分担する「ツートップ外交」の重要性を強調しており、李首相は昨年7月から海外歴訪の際には空軍1号機を利用している。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015003400882?section=politics/index

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/15(火) 17:31:21.44
2019.10.15 10:42 中央日報

LGディスプレイが韓国国内のディスプレー・パネル工場で使用するフッ化水素全量を国産化した。日本が韓国を対象に半導体・ディスプレー核心素材の輸出を規制してから103日目だ。

業界によると、LGディスプレイは14日、エッチング・洗浄工程に使われるすべてのフッ化水素を国産に変えた。国内の有機発光ダイオード(OLED)パネルと液晶表示装置(LCD)パネルの生産ラインで使用されていた日本産液体フッ化水素全量を国産製品に変えたのだ。9月初めに国産フッ化水素を初めて生産ラインに投入してから約1カ月ぶり。

https://japanese.joins.com/JArticle/258559

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/15(火) 18:36:18.43
「永遠の隣人との関係」
毎日新聞

古来、朝鮮半島における独立国の存在は、極東の島国たる日本の安全にとって要の役割をしてきました。

(中国の底力を過小評価して大陸に攻め込んだ何度か大失敗を例外として。)韓国がなければ中国のプレッシャーを直に受けることになります。

「韓国併合」という大失政の後遺症が癒えるには時間がかかるであろうし、それなりの経済的負担を覚悟しなければならないでしょう。日韓基本条約ですべてが解決されたという安倍政権に認識は、おめでたいというか、歴史知らずというべきでしょうか。


韓国の人たちの「反日感情」の先には、中国に従属した「統一朝鮮」の成立しかありえないでしょう。その道へ進むように煽ってどこに日本の安全があるのでしょう。

ここは、多少のことは冷静に受け止めるべき時期だと思うのですが。


https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191011/pol/00m/010/001000d
本文を読む

1:ななしさん 2019/10/15(火) 16:21:51.49
【ソウル聯合ニュース】セルビアを訪問中の韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は15日、台風19号によって日本で大規模な被害が出たことについて、大島理森衆院議長と山東昭子参院議長宛てにお見舞いの書簡を送った。

文氏は「台風と暴雨により多くの人命被害と損失を受けたという知らせを受け、悲しみを禁じ得なかった」として、「韓国の国会議長として、深い哀悼の意を表する」と記した。また、「日本政府と国民が力を合わせ、被害を早期に収拾し、被災者が一日も早く傷を癒やし、平穏な日常を取り戻すことを願う」として、「韓国国会も最善を尽くして支援する」と強調。その上で、「改めて日本国民に心より見舞いの意を表する」とした。


文氏に先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と李洛淵(イ・ナクヨン)首相もそれぞれ哀悼のメッセージを送っている。

文氏は来月4日に東京で開催される主要20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席するため、日本を訪問する予定だ。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015001800882?section=japan-relationship/index

本文を読む

このページのトップヘ