1:ななしさん 2019/11/18(月) 15:43:31.36
日韓合同でりゅうぐう観測 来秋にも、北大の特殊望遠鏡で
11/18(月) 10:00配信共同通信

探査機はやぶさ2が着陸、調査した小惑星りゅうぐうについて、日韓合同チームが地上からの観測を来年秋にも新たに始めることが18日、分かった。北海道大付属天文台(北海道名寄市)が持つ特殊な望遠鏡で、はやぶさ2のカメラでは見えないほど微細な砂粒の有無を調べる。観測データの解析に韓国側が加わる予定で、小惑星の形成過程を知る手掛かりが得られると期待される。

チームの取りまとめ役でもあり、韓国の学生と共にデータ解析に当たる石黒正晃ソウル大教授(太陽系天文学)は「はやぶさ2が調べきれなかった謎を解明したい」と意気込んでいる。(ソウル共同)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000029-kyodonews-soci

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/18(月) 10:03:57.69
2019/11/18 09:20/朝鮮日報日本語版

VOA、元高官・軍人にアンケート調査
米専門家「GSOMIA破棄は自滅行為…米国にまで害及ぼす深刻なミス」

米国の元高官や軍人、専門家20人を対象にアンケート調査をした結果、19人が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に反対したと米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が15日(現地時間)、報道した。

エバンス・リビア元米国務省首席国務次官補代理はアンケートで、「韓国のGSOMIA破棄決定は非常に不幸で無分別だ。北東アジアにおける韓米日の安保を損なう上、米国が主導する域内の安保構造を弱体化させる」と述べた。

ローレンス・コーブ元国防次官補は「GSOMIA破棄は誰にとっても助けにはならない、納得しがたい判断だ」と、ミッチェル・リース元国務省政策企画局長は「GSOMIA終了決定は近視眼的な行動で、韓国の安保を弱体化させるだろう」と述べた。


クリストファー・ヒル元国務次官補は「韓日とも最近の措置で後ろに退かなければならない」と、ゲイリー・セイモア元大統領府補佐官(不拡散問題担当)も「GSOMIA破棄決定を撤回することを願う」と語った。

ジェームズ・サーマン元在韓米軍司令官は「危機発生時の情報を共有しなければ韓日両国とも敗者になる」と言った。

外交的修辞語を使わない専門家グループの反応は一層冷たかった。

ランド研究所のブルース・ベネット上級研究員は「自分の足の甲を突き刺す行為」と、スタンフォード大学の研究者ダニエル・スナイダー氏は「韓国自身の安保利益に反する自滅的行為」と表現した。


韓国政府のGSOMIA破棄決定と説明が理解できないという反応も多かった。

青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長が11日、「GSOMIAは韓米同盟と全く関連がない」と発言したことについて、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副理事長は「私が知ってワシントンの政策関係者の中で、韓国のGSOMIA破棄を米国にとって大した問題ではないと考えている人物は事実上、誰もいない。ワシントンでは核心事案だと見ている」と述べた。


本文を読む

1:ななしさん 2019/11/18(月) 08:31:18.82
中央日報/中央日報日本語版 2019.11.18 07:40

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了期限がわずか5日先に迫っているのに両国政府は一寸の接点も見いだせないまま鋭い対立を続けている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日に青瓦台(チョンワデ、大統領府)を表敬訪問したエスパー米国防長官に「輸出規制措置をした日本と軍事情報を共有するのは難しい」と話したのに続き、日本も同日輸出規制を撤回しないという最終方針を米国に伝えたと報道された。

このまま行けば23日深夜0時にGSOMIAは発効から3年で歴史の中に消える。韓日関係は最悪に突き進み、韓米同盟も深刻な打撃を受けることが火を見るより明らかだ。

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)がワシントンの韓半島(朝鮮半島)専門家20人を対象に調査した結果、19人が「GSOMIA破棄は自分の身を切る自滅的失敗。韓国が終了決定を撤回すべき」と主張したのを見ても明らかだ。

それでも両国政府が水面下では妥協の糸口を見つけるために努める状況が相次いでいる点は幸いだ。文大統領が「日本が輸出規制を撤回すれば柔軟性を発揮できる」という立場を開いておいた中で青瓦台も「まだ(5日も)時間は残っている」というシグナルを発している。

日本もフッ化ポリイミドとフォトレジストに続き最近液化フッ化水素の韓国向け輸出を許可し、3大輸出規制品目を制限的ではあるがすべて解いたことが確認された。

韓国側の提訴で進行中の世界貿易機関(WTO)紛争過程で不当な統制と受け止められる可能性に備えた措置とみられるが、それ自体でGSOMIA問題解決に肯定的なシグナルを与える歩みで評価に値する。

韓日政府はこうした火種を活用して残る5日間に夜通し交渉でもして韓日米軍事協力が破局を迎えないよう全力を傾けなければならない。それでも時間が迫っているなら数カ月間GSOMIAの時効を延長する案を積極的に検討する必要がある。

韓日政府が「GSOMIAを○○した条件に限り○期間の間に最大限○回延長できる」と合意さえすれば良い。現在のように相手方の譲歩だけを強要してチキンゲームを継続すれば共倒れになるだけだ。


米国の公正な仲裁も切実だ。国務省とペンタゴンの首脳が総出動して韓国を圧迫したのに対し、日本は一方的にかばう姿を見せた。日本がこうした米国を背に高姿勢に出ているので韓国も妥協する名分を見つけられず強硬策を固守することになったのではないのか。

韓国の態度が変わるには日本も態度を変えなければならない。それを引き出すことができ、引き出さなければならない国は米国だ。やるべきことをすることを望む。


https://japanese.joins.com/JArticle/259664?servcode=100&sectcode=110

本文を読む

1:ななしさん ] 2019/11/17(日) 22:39:26.85
no title


※松尾貴史が言う「痛いところを突かれたネトサポの皆さん」とは?

おそらく「『安倍首相が苦境に陥ると芸能人が逮捕される』という指摘で痛いところを突かれた自民党ネットサポーターズクラブの皆さん」といった意味合い。

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 21:42:39.64
◆ テレビに同調、近隣国の悪口言う祖母 尊敬していたのに

(悩みのるつぼ) 相談者

 同居する80代の祖母が、ある近隣の国について、いつもバカにするようなことを言うので困っています。

 祖母は戦争中に親の仕事の関係でその国に暮らしており、終戦で日本に帰る際、嫌な目にあわされたそうです。「自分や家族はその人たちに親切にしていたのに、裏切られたようで心外だ」と語ります。

 私にはその国の知り合いもいるので仲良くしたいと思っていますし、戦争で反省すべきところは反省し、お互いを受け入れて仲良くやっていくのが両国のために重要だと思っています。

 ところが祖母は聞き入れてくれません。テレビでそういう話題が出てくるとすぐ「変な民族」とか「見るのも嫌」とか悪口を始めます。特に最近はテレビでわざわざその国を悪く言うことがはやっているせいか、同調して以前よりも悪口を言うことが多くなった気がします。

 最近ではそういう祖母を見るたびに嫌な気持ちになります。私のことをいつもかわいがってくれて、頭もよく、ずっと大好きで尊敬していました。しかし、これではネトウヨと同じです。最近では顔を合わせるのも避けたくなってきました。

 祖母が悪口をいうのを止められないか母に相談しても、「もう年だから考えを変えさせるのは難しい」と言われました。何か良い方法はないか、アドバイスをいただけないでしょうか?

■回答者 歌手・俳優 美輪明宏…

☆続きは有料記事
https://www.asahi.com/articles/ASMBT4FY3MBTUCLV00G.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 15:40:30.63
防衛費・GSOMIAと韓国に重なる悪材…米高官「関係は変わる」

トランプ大統領の在韓米軍防衛費分担金50億ドル要求に対し米国内でも批判が出てきたがトランプ政権の反応は変わらない。米国務省高官は「地域安保力学が変わり(韓米)関係も変わる」と話した。トランプ大統領が日本にも今年の4~5倍の80億~90億ドルを在日米軍分担金として要求しているが、5カ年合意が終了する2021年3月が交渉対象だ。いまは韓国だけ18~19日ソウルで開かれる分担金協定(SMA)3次交渉とGSOMIA終了を控えて悪材が重なった状況だ。

米国務省高官は15日、韓日中歴訪結果会見で、忠実な同盟に500%の増額を要求することがどのように善意の行動になれるのかとの質問に「この政権が指摘し続けてきた要点は北朝鮮と他の安保リスクが関連した地域安保力学が変わり関係も変わるということ」と話した。その上で「われわれは両国が業務量と財政負担を公平にするためSMAを再検討する。交渉細部事項と検討中の数値を明らかにするのは極度に愚かなことだが負担を分担することが両国の利益であり、韓米関係のバランスを取り自尊感を守って尊重するためのもの」と強調した。

彼は韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了に対しても「最近の北朝鮮のミサイル発射は韓日安保協力の決定的価値を強調したもの。北朝鮮の唯一の勝者は平壌(ピョンヤン)、モスクワと北京になるだろう」と話した。その上で「韓国高官にGSOMIAの集団安保への重要性を強調し協定を終了しないようにと話した。米国が核心の2つの同盟国の関係を仲裁はしなくても韓日が緊張を緩和して創意的解決策を見出すように促し続けるだろう」とした。

韓国はGSOMIAを22日に終了する立場だという質問には「韓国の強制徴用決定(補償判決)とそれに対するさまざまな対応で始まった両国の問題だが最も直近で米国が関連したものがGSOMIAだ。われわれが中間で仲裁するのはわれわれの利益にも、両国の利益にもならない」と話した。その上で「海軍のことわざで船首が傾いて再び上がるように韓国首相が天皇即位式に参加し、東アジア首脳会議で韓日首脳が笑う写真も公開された。本当に必要なことは関係が再び前に進むよう始動すること」と話した。GSOMIA維持が呼び水になり得るという意味だ。

トランプ大統領の防衛費50億ドル要求に対しては米国の官民で同盟関係毀損に対する批判があふれた。韓国系歯科医師が夫のグレース・メン民主党下院議員は15日にポンペオ国務長官とエスパー国防長官に公開書簡を送り、「韓米同盟は韓半島(朝鮮半島)と地域全体の平和と安保の土台。こうした攻撃的交渉はその価値を過小評価したもの」と主張した。その上で「善意の交渉を通じこれまで通り5カ年協定を結ぶべき」と促した。

同議員はツイッターにも「トランプ大統領単独で米国の安保と国際関係を不安にさせている。われわれと韓国の同盟に軍事費用分担金5倍をゆするのは逆風を浴びるだろう」と書き込んだ。

米民主主義守護財団のデイビッド・マクスウェル上級研究員は15日に米議会で開かれたアジア政策研究所(NBR)セミナー発表を通じ「韓国は安保のただ乗りではない。韓国は2012~16年に米国企業から200億ドルの軍事装備を購入し、世界最大の米軍基地キャンプ・ハンフリーズ建設費用100億ドルを払った」と話した。

韓国に対する無理な要求は今後日本とドイツとの分担金交渉に向けた試験台という分析も出ている。米外交専門紙フォーリンポリシーは7月にホワイトハウスのボルトン補佐官(国家安全保障担当、当時)とポッティンガー補佐官(アジア担当)が日本を訪問した際、当時在日米軍5万4000人に対する分担金として現在の4倍水準である80億ドルを要求したと報道した。共同通信は16日、日本の防衛省関係者の話として、米国の要求は2019年分担金18億ドルの5倍(90億ドル)と伝えた。現在の日米分担金協定は5年合意で2021年3月に満了するため日米交渉は来年春から始まる見通しだ。

ヘリテージ財団のブルース・クリングナー専任研究員は「アジアの同盟国に対するこうした要求は過度な金額だけでなく要求方式が最も近い同盟に反米主義を触発させかねない。同盟を弱めれば、抑止力と米軍駐留を縮小する可能性があり北朝鮮、中国とロシアを利するだろう」と警告した。

https://japanese.joins.com/JArticle/259660

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 16:57:31.66
【バンコク時事】

河野太郎防衛相は17日、韓国の鄭景斗国防相と訪問先のバンコクで約40分間、会談した。

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、河野氏は韓国側に破棄撤回を求めたが、鄭氏は日本の輸出規制強化措置で信頼関係が失われたとする立場を重ねて強調し、会談は平行線だった。

GSOMIAは期限の23日午前0時に失効する可能性が高まった。
 
河野氏は韓国軍駆逐艦による自衛隊哨戒機へのレーダー照射や、8月の韓国政府のGSOMIA破棄通告を念頭に「日韓の間にはさまざまな課題が生じ、防衛当局間でも非常に厳しい状況が続いている」と指摘。

関係改善に向けて、「韓国側の賢明な対応を求めたい」と語った。
 
鄭氏は「関係が行き詰まっていることは残念」と表明。会談後、記者団に「日本の輸出規制措置で、安全保障上の信頼が損なわれたので、GSOMIA終了を決めるほかなかった」と述べ、会談で従来の立場を説明したことを明らかにした。

2019年11月17日16時20分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111700080&g=pol

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 13:45:18.76
「日中韓」「中日韓」 なぜいつも韓国が最後なのか?日本を最後にすべき

日本と中国、韓国3カ国の代表が歴史について互いの意見を出し合う韓国のテレビ討論番組で、「この3カ国は、日本では『日中韓』、中国では『中日韓』と呼ばれているが、なぜ韓国はいつも最後なのか」と韓国の代表が疑問を呈した。

これに、韓国の代表者は「理解しがたい」と反論。中国は日本に対して歴史的にわだかまりがあるため「中韓日」とするのが自然なはずなのに、それでも韓国を最後に持ってくるのはどこか無理があるのではないかと主張した。

そう問い詰められた中国の代表者は「正直なところ…国の実力によるのかもしれない」とし、国力は国民総生産(GDP)で明らかだとの考えを示した。

「地理的には『日韓中』が自然だと思うが、なぜ韓国が最後なのか」と話を振られた日本の代表が「国力による順番ではないか」との考えを淡々と示すと、韓国の代表者たちは言葉を失った。

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183973&ph=0

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 10:07:24.64

no title

16日、日本の東京ドーム。 韓国と日本の2019WBSCプレミア12・スーパーラウンド4回戦が行われたこの日、両国を応援しに来たファンが長蛇の列を成した。

ところがその中で、一部の日本のファンが旭日旗が描かれた服を着たり所持しているシーンが捕捉された。

日本帝国主義時代の軍国主義を象徴する旭日旗が再び国際大会の現場で発見され、韓国野球委員会(KBO)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)大会組織委員会に正式に抗議した。

WBSCは、「現在、紛争の状況ではなく、IOCもこれを禁止していない事項なので制限することはできない」と説明した。

KBOは、「国民感情など、我々の意向を十分に話した。WBSCにこれに関連した問題が発生しないよう、配慮して欲しいという内容をNPB側に伝達するよう要請した」と話した。

WBSCは、「NPBと放送局側に問題の余地になるような映像が出ないよう、最大限に協力を求める」と答えた。

一方、旭日旗退治キャンペーンをして行ってきた誠信(ソンシン)女子大学校の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は自身のSNSで、「全世界に旭日旗がドイツのハーケンクロイツのような戦犯旗であることを、改めて知らせる良い契機にしなけばならない」とコメントした。

ソース:スポータルコリア(韓国語)
http://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2019111706205739

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/17(日) 08:52:37.45
MBC(韓国語)

<アンカー>
在日同胞たちは日本人と同じように税金を払っていても、日本政府から様々な差別を受けています。

その中で代表的なのが朝鮮学校に対する差別です。安倍政権は無償教育で唯一、朝鮮学校だけ除外したのです。新たに始めた幼児無償保育もやはり、朝鮮学校だけ排除しました。

このような差別を伝えるため、ある朝鮮学校が日本人たちに授業を公開しました。東京のコ・ヒョンスン特派員が行ってきました。

<レポート>
東京・大田区の初級朝鮮学校。解放直後の1945年10月、在日同胞らが民族教育のために設立した学校です。

4年生の国語の授業。

「かくして韓石峰(ハン・ソクボン)は全国で有名な書家になりました」

6年生の歴史では、許浚(ホ・ジュン)の東医宝鑑が中国や日本でも広く読まれたと教えています。

「特に日本では江戸時代の医師たちが必読書に・・・」
「楽しい歌を歌おう」

朝鮮学校は幼稚園から大学まで日本全域に合計65か所、僑胞の子ども数千人が在学中です。ところが安倍政権は、生徒1人当り一年間で最大250万ウォン程度の補助金を、朝鮮学校にだけ与えません。

下村博文文科相(2013年)>
「朝鮮総連と密接な関係にあり、教育内容、人事、財政にその影響が及んでいること・・・」

在日同胞たちは差別だと言いながら訴訟も起こしましたが、日本の大法院(最高裁)が去る8月に棄却しました。

「不当判決に反対~!」 (反対~!)


本文を読む

このページのトップヘ