1:ななしさん 2020/01/20(月) 13:33:20.04
1/20(月) 13:31配信
AbemaTIMES

 韓国メディアによると、韓国内で「新型コロナウイルス」が初めて確認された。中国人女性1人が陽性反応だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010016-abema-int

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/20(月) 09:28:49.60
「北に頬を叩かれ、米にうっぷん晴らし」…韓国党、与党・政府・青瓦台「ハリスたたき」批判
中央日報/中央日報日本語版 2020.01.20 08:48

「『茹でた牛頭、おじけづいた犬、バカの境遇』など北朝鮮の暴言には黙っていたが、友邦である米大使の一言には待ったかのようにかっと怒る」(自由韓国党のソン・イルジョン院内報道官)

韓国党がハリー・ハリス駐韓米国大使をいっせいに批判した与党・政府・青瓦台(チョンワデ、大統領官邸)を批判した。北朝鮮の暴言には沈黙していたが米国側の発言には唯一鋭い反応を見せるという主張だ。

国会外交統一委員会の所属ある韓国党議員は19日、通話で「口にできない毒舌を吐いたのは米国でなく北朝鮮」とし「米大使の発言を批判したことはあるが、北朝鮮に頬を叩かれても何も言えなかったが米国にだけうっ憤を晴らしたのが問題」と批判した。

党関係者も「同盟(米国)と北朝鮮に対する政府・与党の態度がとても明らかに分かれる」と話した。

これに先立ち、南北関係など韓半島(朝鮮半島)懸案についてハリス大使が話したことが数回論議につながり、与党はその都度に批判の声を高めた。

ハリス大使が昨年11月韓米防衛費交渉について国会情報委員長を務める新しい保守党のイ・ヘフン議員に会って「韓国が50億ドル(約5500憶円)を負担しなければならない」という趣旨で話した事実が知らされると共に民主党のイ・ジェジョン報道官は「傲慢すぎる。これまで大使に会ったことがあるが、こんなに無礼な人は初めて」と批判した。

17日には党・政府・青瓦台がいっせいに「ハリスたたき」に出た。前日、ハリス大使は外信懇談会で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新年記者懇談会を通じて言及した対北朝鮮個別観光に対して「制裁を触発し得る誤解を避けるためには韓米ワーキンググループを通じて議論するのが望ましい」として懸念を示した。

これを受け、民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は17日、ラジオインタビューでハリス大使を「朝鮮総督」に比喩して批判した。「私たちが大使が話した通りにまねるというなら大使が朝鮮総督なのか(聞きたい)」としながらだ。

統一部のイ・サンミン報道官はブリーフィングで「対北朝鮮政策は大韓民国の主権に該当する」とし、青瓦台関係者も「極めて不適切だ」と警告のメッセージを送った。

反面、北朝鮮の相次いだ「毒舌」に対しては温度差が明確だというのが野党の認識だ。野党は政府・与党が南北関係を意識して対応を最大限自制するのではないかと考えている。


本文を読む

1:ななしさん 2020/01/20(月) 07:40:35.65
[大弦小弦]コスタリカの奇跡

「無防備こそ最大の防御だ」-。

インタビューに答える市民や大統領経験者らが目を輝かせ、誇らしげに自国の平和政策について語る姿にぐいぐい引き込まれた。映画「コスタリカの奇跡」が沖縄市のシアタードーナツでアンコール上映中だ

▼世界有数の紛争地域に位置しながら、1948年に軍隊を廃止。翌49年に憲法に規定し、70年余り常備軍を持たずに平和を維持してきた中米の国の歩みを追ったドキュメンタリー

▼軍事費を医療や教育、環境に充て、国民の幸福度の最大化を図ってきた。その結果、人々の幸福感や環境の豊かさを測る「地球幸福度指数」(2016年)で3回連続世界一になった

▼難局もあった。80年代には中米が冷戦の戦場となり、米国に再三、再軍備を迫られながらも拒否。当時の大統領が中立宣言し、切り抜けた

▼隣国ニカラグアから侵入された際は国際司法裁判所に訴え、解決させた。積極的な外交と国際法を頼りに敵をつくらない国家安全モデルを構築。その考えが広く国民に浸透する

▼戦力不保持を掲げる憲法を持つわが国の来年度の防衛費は5兆3133億円で6年連続で最大を更新。周辺国を刺激していないか。国のトップが憲法改正を声高に叫び、平和憲法の理念を骨抜きにしようとする今こそ、理想を現実にしたコスタリカから多くを学びたい。(石川亮太)

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/523578

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/19(日) 13:33:33.29
昨年末イングランドのプロサッカープレミアリーグ(EPL)チェルシー戦で人種差別を受けた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)が再び人種差別の犠牲になったのではないかという指摘が出た。

最近2019-2020欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグが運営する公式インスタグラムに、「絵文字を使ってこのトッテナムのスターを描写してみよう」という内容の投稿が掲載された。

投稿には孫興民の写真4枚と孫興民が韓国出身であることを現わす「kr」も表記された。

該当の投稿が掲示されて1週間過ぎた18日現在で1万6000人を超える世界のサッカーファンがコメントを残した。

同じ期間に同じスペースに上げられた他の投稿などに2000件前後のコメントがついたのと比較すると「孫興民絵文字」の投稿は多くの人々の関心を引いている。

問題は該当の投稿を通じて孫興民に向けた人種差別的行為が行われている点だ。

コメントを登録したサッカーファンの相当数が孫興民を表現する絵文字に「細い目」を選んだ。

no title

目をつり上げて細くするのは東洋人を見下す時に使う代表的な人種差別的動作だ。

赤いボールの絵文字とともに「レッドカード」「赤は彼のカードの色」と書いたコメントも登録された。

このように絵文字を通じた差別行為が続くと韓国のネットユーザーは該当投稿に
「細い目の絵文字が本当に腹が立つ」

「2020年なのに人種差別している」

「管理しないならこうした投稿をなぜ上げるのか? 選手とファンは心が痛い」

「人種差別する人は恥ずかしいと思え」
などのコメントを残した。

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/19(日) 22:56:57.94
東亞日報 January. 18, 2020 08:58

「ヤン・クムドクが来た。安倍晋三首相はひざまずいて謝罪せよ」

jzXYaGN

17日午前8時半、東京の外務省前。日本政府を糾弾する元慰安婦のヤン・クムドクさん(91)の声が鳴り響いた。「一言の謝罪もなく75年が流れた」という垂れ幕を持った約50人が、元徴用工に対する賠償判決の履行を韓国語と日本語で求めた。

毎週金曜日、外務省と戦犯企業の三菱重工業本社(東京千代田区)で開かれるこの集会の名前は「金曜行動」だ。韓国の元徴用工のために日本の市民団体の会員や弁護士らが2007年から開いた同集会がこの日、500回を迎えた。「水曜デモ」に影響を受けて始まった集会は、これまで勤労挺身隊と元徴用工に対する日本政府の謝罪と賠償に声を上げてきた。

500回目の集会は、日本全国各地の市民団体の会員だけでなく、ヤンさんをはじめとする「三菱勤労挺身隊光州(クァンジュ)訴訟弁護団」など韓国の市民団体会員約20人も参加した。「韓日連隊」の形で行われたのだ。

安倍氏と茂木敏充外相宛てに面談要請書を送った彼らは、三菱重工業を訪れて対話を求める書簡を伝えた。元徴用工のように元慰安婦被害者が戦犯企業の三菱重工業関係者に会ったのは約10年ぶり。三菱重工業側はこれまで法廷訴訟中だとして被害者側との面談を避けてきた。ヤンさんは、三菱重工業側との非公開の面談で、「75年が経っても謝罪がない」とし、「今年中に解決されなければ、私の無念の思いを世界に伝える」と話したという。

500回になるまで集会を引っ張ってきた日本の良心勢力の多くは70歳以上の高齢者で、概ね健康が思わしくない。歩くことができず車椅子に乗った参加者もいる。右翼勢力の脅迫など多くの困難の中、集会を率いた「名古屋三菱朝鮮女子勤労挺身隊訴訟支援団体」の高橋信共同代表は、「韓国の市民団体が、韓国大法院(最高裁)の元徴用工判決を引き出した」と強調した。同団体の寺尾光身共同代表は、「一日も早く問題が解決され、金曜行動をしない日が来ることを願う」と話した。

東京=キム・ボムソク特派員

http://www.donga.com/jp/home/article/all/20200118/1955469/1/

本文を読む

be9a8797-s1:ななしさん 2020/01/17(金) 17:04:33.74
金泳三元大統領次男、文大統領また批判「現政府が持続すれば国は滅びるようだ」
中央日報/中央日報日本語版2020.01.17 14:16

故金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の次男で東国(トングク)大学言論情報大学院碩座教授の金賢哲(キム・ヒョンチョル)氏が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を狙って「政府が一方的に引っ張っていくのは維新時代にもあったことだ。経済も不動産も手がける政策はことごとく滅びる道を進んでいる」と批判した。

金氏は16日、中央日報の電話インタビューに対して「文在寅大統領に対する失望感が非常に大きく、(フェイスブックに)少し書きすぎたが、そう書くしかほかに方法がなかった」と話した。

これに先立ち、金氏は今月14日の大統領による新年記者会見の後、自身のフェイスブックに「大統領という者が記者会見気取りで国民を犬豚として見て蔑視しているのに、私たちが黙っていれば、本当に彼らは私たちを下に見て、私たちを単なるノリゲ(おもちゃ)として扱うようになる」としながら「世の中は北朝鮮体制に似た全体国家に転落するだろう」と書いた。

--文在寅大統領と縁があるのではないか。

「2012年と2017年の大統領選挙で私が文在寅大統領を助けた。2017年の選挙では直接遊説までして回ったが、その当時統合と和合を必ず成し遂げてほしいと約束した。だが、初めの政権就任の辞でそのような言及をしただけで、その後は正反対の道を進んだ。それからは不満ばかりだ」

--それでフェイスブックにコメントを載せたのか。

「ご存知のように、現政権は政策を初志一貫してかたくなに押し進めている。脱原発もそうで、所得主導成長政策もそうだ。政治は野党との間に塀を作ってマイウェイを進んでいる。検察改革も、尹錫ヨル(ユン・ソクヨル)捜査チームの交代を通じてどれほど大きな詐欺劇か明るみになったではないか。一連の出来事をそのまま見過ごすわけにはいかなかった。結局、現政権が一日でも長く持続すれば国が滅びるのではないかという気がした


本文を読む

1:ななしさん 2020/01/19(日) 01:56:52.74
韓国で再び持ち上がる「核武装論」、過去とは違う’不気味さ’とは
徐台教 | ソウル在住ジャーナリスト。「コリアン・ポリティクス」編集長
1/17(金) 14:21

●名だたる論客たちの主張

議論の口火を切ったのは、過去の盧武鉉政権時代の06年12月~08年2月に外交部長官を務めた宋旻淳(ソン・ミンスン)氏だ。

昨年11月、韓国紙『中央日報』への寄稿文で米国が韓国に防衛費負担金50億ドルを要求していることに言及しながら「米国の戦略資産開発と展開による負担について韓国がお金で支払うのではなく軍事力増強で寄与するべき」と述べ、その上で「韓国オリジナルの偵察・監視体系と朝鮮半島に戦域を限定した戦術核能力を持つ必要がある」とした。

宋元長官は同12月にも『毎日経済』とのインタビューで、「北朝鮮が核を持っている事だけでも私達の行動を変えられる。核を持った北朝鮮と平和は共存できない」としながら、「核武装をする力量を備えるべき。原子力を平和的に利用しながら武器を作れる選択肢を広げていかなければ」と主張した。

また、朴槿恵政権時代の14年2月から15年10月まで外交部第一次官を務めた趙太庸(チョ・テヨン)氏は、昨年12月にやはり『中央日報』への寄稿文で「核」に言及した。

趙氏は金正恩氏が同11月25日に、韓国との軍事境界線に近い昌麟(チャンリン)島で砲撃訓練を現地視察したことを挙げ、「この挑発にしっかりと対処しなければならない」とした。なお当時、韓国国防部はこの訓練に対し「18年9月の『南北軍事同意書』に違反するもの」と抗議している。

趙氏はコラムで「北朝鮮に決然とした対応の意志を見せる必要がある」としながら「米韓軍事訓練の再開に向けた協議をすべき」と主張、さらに「最近、一角で戦術核の再配置、核武装の主張がある。北朝鮮の核保有が韓国の安全保障のニューノーマルになる最悪の場合に備え、当然すべてのオプションを検討するべき」とした。

また核武装化に先立ち「米国と2015年に新設された『米韓抑制戦略委員会(DSC)を活性化させ、NATO式の核共有についても議論できる」との提案も行った。米国が核を含むあらゆる戦力を動員し同盟国を守る「拡張抑止」を強調しようとの主張だ。

主張を引用した外交官2人の特徴は、保守・進歩派政権にかかわらず深く北朝鮮との非核化交渉や南北対話に関わってきた人物であるということだ。それだけに重みがあると言わざるを得ない。

特に筆者は宋氏の主張にショックを受けた。

これまで同氏の発言や書籍から、個人的に韓国で最もクレバーな人物の一人と考えていたからだ。何を思ってこんな主張をするのか、同氏にインタビューすることは様々な事情により叶っていないため分からないが、意外だった。

他にも、著名作家のチャン正一(チャン・ジョンイル)氏も『韓国日報』への連載コラムで核武装を二週にわたって取り上げている。

さらにこうした議論について、やはり外交官出身で少壮派の論客として売出し中のチャン・ブスン関西外語大教授がSNSで賛同の意を示すなど、活性化の兆しが見える。


本文を読む

1:ななしさん 2020/01/15(水) 09:37:28.62
韓国で、日本企業に強制労働させられたと主張するいわゆる元徴用工らの訴訟を支援する弁護士団体と市民団体は14日、南西部、光州(クァンジュ)で記者会見し、元徴用工や遺族計33人が三菱マテリアルなど日本企業6社を相手取って損害賠償を求める訴訟を光州地裁に起こしたと明らかにした。
被告企業は他に、三菱重工業と川崎重工業、西松建設、日本コークス工業、北海道炭礦(たんこう)汽船。


同地裁では昨年4月にも元徴用工ら54人が日本企業9社に同様の訴訟を起こしたが、聯合ニュースによると、日本側が訴状の受け取りを拒否し、裁判は開かれていない。

団体側は、日本政府や日本企業に向けて「過去を反省しないままでは、韓日友好や関係改善は困難だ」と主張。
徴用工訴訟の原告側弁護士らが提案している、韓日の学者や政財界関係者による協議会を速やかに設立するよう求めた。

https://www.sankei.com/world/news/200114/wor2001140023-n1.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/18(土) 10:04:49.38
与党・共に民主党で最高委員を務める薛勲(ソル・フン)議員は「大使は朝鮮総督なのか」と発言した。母親が日本人で米海軍提督出身でもあるハリス大使を「朝鮮総督」と呼んだのだ。

与党を支持するネットユーザーの間からは、ハリス大使を「チョッ○リ(日本人の蔑称)混血人のグンパリ(兵士の俗称)」「米国籍の倭寇」など侮辱的な言葉で非難する声が相次いだ。

index

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/18/2020011880008.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/19(日) 02:01:47.95
韓国客減に底打ち感 九州の観光地/筑邦銀行・佐藤頭取一問一答/など【1/18九州経済ニュース】

1/18(土) 6:00配信 西日本新聞経済電子版

◆韓国客減に底打ち感 九州の観光地

◆「SBI傘下入りではない」 筑邦銀行・佐藤頭取一問一答

◆福岡、熊本市でICT活用講座 起業家向け、4月から

◆「ひと」東武住販(山口県下関市)荻野利浩社長 中古住宅の市場活発化

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000001-qbizs-bus_all

本文を読む

このページのトップヘ