1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/25(日) 18:31:40.39
ビッグデータ分析、日本人の対韓印象は「肯定」が「否定」の2倍以上、「イメージ改善には大衆文化活用を」とも―韓国紙
Record China 2018年2月25日(日) 16時20分

2018年2月24日、オンライン上のビッグデータを活用して日本人の韓国に対する印象を分析したところ、「肯定」の感情が「否定」より2倍以上高いことが分かった、と韓国紙が伝えている
。記事は「否定的なイメージの改善のためには大衆文化を積極的に活用することが必要」とも強調している。

no title

韓国の文化体育観光部はビッグデータ分析企業RSNに「ビッグデータ活用 国家イメージ調査」を依頼。日本人が過去2年(15年9月~17年8月)の間、ツイッターやブログ、コミュニティーなどオンライン上で韓国に対して言及した内容を分析し、このほど公開した。

中央日報が報じた調査結果によると、肯定的な感情が含まれていたものは40.2%、否定的なものは15.9%(中立的な言及は43.8%)。分野別では大衆文化(45.2%)、文化遺産(40.8%)、経済(40.6%)、社会(39.9%)の順で肯定的な言及が多かった。一方、否定的言及は日韓関係(19%)、政治(18.8%)、社会(18.7%)、外交・安保(17.5%)の順だった。

肯定的な言及が多い大衆文化は、アイドル・スポーツ・音楽・グルメ・ファッションなどが該当する。言及量の相当部分を占める芸能人に焦点を当てると、男性ボーカルグループの防弾少年団(BTS)、東方神起、EXO(エクソ)、BIGBANG(ビッグバン)、女性グループのTWICE(トゥワイス)の順で多かった。特に昨年5月以降は防弾少年団とTWICEのカムバック時期と重なり、割合が大きく膨らんだという。

日韓関係のキーワードとなったのは慰安婦、反日、反韓、領土問題、在日韓国人など。言及量(全体9360万件)だけでみると、日韓関係が全体の28.4%と最も高かった。特に慰安婦合意、少女像などが話題になるたびに言及が増えた。

外交・安保分野は北朝鮮の核・ミサイル挑発とも相まって、言及量が増加。韓国の外交・安保に関しては「中国」が最も頻繁に登場し、日中韓関係をひとまとめにして見る傾向も現れた。政治分野では韓国の政治家に対する言及量や好感度が高くない中、文在寅大統領については進歩的理念、宥和政策など肯定的な面の好感度が一部確認することができた、としている。

調査結果について、RSNのパク・ウンジョン部長は「K-POPは韓国大衆文化の中心で全般的なイメージを先導し、友好的なファンダム(熱心なファンたち)形成を通じて、ソーシャルメディアで肯定的な世論を形成している」と指摘。「韓国に対する否定的なイメージの改善のためには大衆文化を積極的に活用することが必要だ」と説明している。(編集/日向)

http://www.recordchina.co.jp/b573407-s0-c30.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: たんぽぽ ★ 2018/02/25(日) 13:56:44.26
 スポーツ報知

カーリング女子で銅メダルを獲得した日本代表「LS北見」が25日、平昌で行われた一夜明け会見に登場した。五輪期間中に大フィーバーを起こした第5エンド終了後のハーフタイムに補食を摂る「もぐもぐタイム」と北海道弁の「そだねー」について問われると、スキップ・藤沢五月(26)は「なまっているのも、みんな北海道出身なので、私たちは『なまっているんだな』っていうのは気付かなかった(笑い)」。控えの本橋麻里(31)も「まずはカーリングというスポーツを見てもらえて、さらにカーリングにのめりこんでもらえれば」と話した。

 今大会、「もぐもぐタイム」に高確率で登場した「イチゴ」について、大のイチゴ好きであるセカンドの鈴木夕湖(26)は「他の国だとすっぱいイチゴなんですけど、韓国のイチゴはおいしかった。お気に入り」と絶賛していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000128-sph-spo

カー娘・鈴木、“もぐもぐタイム”韓国のイチゴ「びっくりするぐらいおいしかった」
http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180225/pye18022511260043-n1.html

DWwUHnRVMAANqKy

d344af43b60ce1e083684f146afec372

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/02/25(日) 13:00:49.99
ゴゴ通信 2018/02/25 12:23:44

・韓国テレビ局SBSが「君が代」を流し批判殺到
・他曲はCMやリプレイで流さず
・「君が代は戦犯国歌だ」と主張

韓国テレビ局SBSが2月24日のスピードスケートマススタート競技のメダル授与式で高木菜那選手が金メダルを獲得。その授与式の模様を放送し「君が代」を流したことにより批判が殺到している。

SBSのアナウンサーは「日本国歌が流れます」と説明。SBS以外のテレビ局KBSは同時間帯にCMを流し、MBSはマススタートで金メダルを獲得したイ・スンフンのリプレイ映像を流した。
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/b/0b5ed127.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/b/5/b542716c.jpg

韓国メディアが説明するには「君が代」の歌詞は戦犯の象徴であり、日帝主義と過去の歴史を称賛する内容。日本植民地時代の頃、日本人は私達(朝鮮人)に君が代を歌うように強要したと主張。

SBSが君が代を流したことにより多くの視聴者が不快感と失望を感じたとしているが、SBSは2位になったキム・ボルム選手を映したかった意図もあるのではないだろうか。

このことは韓国のネットメディアも取り上げ、SBSを批判している。

http://gogotsu.com/archives/37558

※韓国語ソース
http://www.insight.co.kr/news/141789

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

dsada1: ろこもこ ★ 2018/02/25(日) 07:52:45.08
産経新聞

北朝鮮の参加により、スポーツの祭典と民族の祭典が入り交じった歴史的な平昌五輪が閉幕を迎えようとしている。韓国では自国の選手への熱狂的な応援のほか、日本人選手の活躍は複雑な思いで注目され、称賛もされた。韓国にとって五輪でも、日本は相変わらず特別な存在のようだ。(平昌・江陵 名村隆寛)

中継席と観客がひとつに


日本との対戦で韓国が最初に盛り上がったのが、14日の女子アイスホッケー1次リーグ最終戦。韓国は北朝鮮との合同チーム(コリア)を結成したが1対4で日本に敗れた。第1ピリオド早々に2点を日本に先取され、韓国MBCテレビはやや落胆気味に中継していた。だが、第2ピリオドにコリアが1点を返すや、中継席はまるで観客席のような騒ぎとなった。

「歴史的な南北の初ゴールです!」とアナウンサーが叫び、男女の解説者と立ち上がってハイタッチするわ、絶叫するわのはしゃぎよう。この様子はテレビで実況中継。中継席と観客、リンク、視聴者が一体となった。

歴史的なゴールを決めたグリフィンは米国人を父に、韓国人を母にもつ選手。試合後、「運良く入った」とゴールの瞬間を淡々と振り返っていた。韓国メディアによると、南北初ゴールのパックは記念に保管されるという。

コリアは敗れ、日本に五輪初勝利を許した。しかし、韓国では日本からの初ゴールがクローズアップされた。もし、日本に勝っていたならこれほどの騒ぎでは済まなかっただろう。

日本の失敗は蜜の味?

南北統一チームが初ゴールを決めたことで、韓国では日本に負けたことはさほど問題視されなかった。ただ、韓国は韓国人選手と同じぐらいかそれ以上に日本選手の成績を気にする。その好例が同じ14日に江陵で行われたスピードスケート女子1000メートル決勝だ。

世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が銀メダルを取ったのだが、決定の瞬間、韓国のテレビ中継は「小平選手が金メダル獲得に失敗しました!」と力を込めた。金メダルはオランダ選手。韓国がからんでいないトップ争いにでもこうだ。韓国メディアにありがちのことだが、まるで韓国人選手の勝利よりも、日本人選手の敗北がうれしいかのような実況中継だった。

安心感さえ伝わってきた現場からの中継は、神聖なスポーツの場でも拭えない日本への複雑な思いや切なさがにじんでいた。

日の丸掲揚は見たくない

17日、江陵で行われたフィギュアスケート男子フリーでは、羽生結弦(ANA)がソチ五輪に続き金メダルを獲得。圧巻の演技は韓国でもたたえられ、にわか羽生ファンも生まれた。

競技以外で羽生が注目されたのは、演技の後、観客席からリンクに投げ込まれるくまのプーさんのぬいぐるみの多さ。「あんなに多くのぬいぐるみを羽生選手はどうするのか」と韓国では不思議がられていた。羽生が常にぬいぐるみを競技開催地に寄贈するということがその後、当地では報じられ、そのさわやかさと好青年ぶりが好感を持たれていた。

一方で、また韓国らしい反応もあった。韓国は前日が旧正月に当たり、羽生の金メダル獲得は旧正月の連休のさなか。ネットには「正月に日の丸が掲揚されるのは見たくない」「日本の国歌を聴かされるのか」といった民族感情むき出しの書き込みも見られた。

1日1クリックで応援してね → 

本文を読む

DWRtK1PVwAABPyj1: シャチ ★ 2018/02/25(日) 09:58:35.06
2/25(日) 9:16配信 スポーツ報知
 
野球評論家・張本勲氏(77)が25日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、平昌五輪スピードスケート女子500メートルで日本女子初となった金メダリストの小平奈緒(31)と銀メダルの李相花(28)=韓国=との友情に「これが一番ね、この五輪で感銘を受けました。負けた人には健闘を称え、勝った人には敬意を表する。美徳なんですよ」と感動したことを明かした。

小平は、レース後に韓国国旗を手に泣き崩れた李に自ら歩み寄って抱擁した。このシーンを振り返り「あの受けた李選手も立派ですよ。負けたから悔しいから泣いているんじゃないんですよ。あの覚えたての韓国語を小平が使ったんですよ。よくやったよと、それで感激して涙出したんです」と示した。


その上で「変な話ですが、今、日韓こじれているじゃないですか。大会前もいろいろありました。
ちょっと韓国は評判悪かったんです。しかし、李選手の言動を見て、こんな立派な選手がいる国なのかと。見直してくれるからね。李選手にありがとうとお礼を言いたい」と明かし、李へ「あっぱれ上げてください」と讃えた。

さらに張本氏は李に「本当は金に値する言動なんです。委員会も2人に金を上げたらいいんですよ。そんな粋な配慮ができないかね。例がなければ例を作ればいいんですよ」と持論を展開していた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000089-sph-spo

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/02/25(日) 02:21:15.89
オリコン

韓国発の6人組ガールズグループ・GFRIEND(読み:ジーフレンド)が、5月にキングレコードから日本デビューすることが22日、わかった。


no title

2015年に韓国でデビューしたGFRIENDはソウォン、イェリン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジからなる6人組。身近さ、親近感が売りで、清純な外見とパワフルなダンスは「パワー清純」と称される。韓国国内では新人賞を総なめ、歌番組では2016年1年間で24冠を達成し、歴代ガールズグループの記録を塗り替えた。

デビューから1年でミニアルバムの売上枚数は約200倍に増加、今年1月に開催された初の単独コンサートのチケットは発売3分で完売するなど飛ぶ鳥を落とす勢い。韓国公式インスタグラムで日本ティザーサイト開設を告知したときには1日で12万いいね!を記録するなど、満を持しての日本デビューとなる。

リーダーのソウォンは「待ちに待った時間がとうとう来ました! 私たちが日本でみなさんと一緒にできるようになりました! とても期待しています。頑張って良い姿で会いに行きますね!」と意気込んでいる。

韓国では大手事務所に所属しないとほとんど成功しないと言われるなか、小規模な事務所(SOURCE MUSIC)に所属し成功を収めている数少ない例に。ひたむきに活動する姿は多くのファンから共感を呼び、「奇跡のストーリー」と言われている。

■GFRIENDメンバーのコメント

▽ソウォン(リーダー)「みなさん、待ちに待った時間がとうとう来ました! 私たちが日本でみなさんと一緒にできるようになりました! とても期待しています。頑張って良い姿で会いに行きますね!」

▽イェリン「こんにちは! GFRIENDのイェリンです。日本のデビューがまもなくですが、それまで期待いっぱいしてください! その期待に応じられるように頑張りますので期待お願いします!」

▽ウナ「みなさん~~~私たちGFRIENDがみなさんの期待に応じられる姿で会いに行きますのでもう少しだけ待ってくださいね!」

▽ユジュ「GFRIENDのユジュです。待ちに待った日本デビューが来ました! どきどきする気持ちで一生懸命準備中なのでみなさんも期待いっぱいしてくださいね! 早くみなさんと良い思い出たくさん作りたいです!」

▽シンビ「GFRIENDが日本でデビューします! 日本でデビューするのとても楽しみです。もう間もないのでもう少しだけ待っててね!」

▽オムジ「日本でGFRIENDが見せる姿とは!? どきどきする気持ちで期待してね? 一生懸命頑張りますので見守ってね!」

https://www.oricon.co.jp/news/2106223/full/
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/24(土) 21:40:25.87
日本大学生ら、民間人虐殺遺骸発掘現場でボランティア
オーマイニュース(韓国語)

「心が楽ではありません。」日本の大学生が牙山(アサン)民間人犠牲者遺骸発掘ボランティア活動に参加して韓国の歴史を全身で体感した。


東京にある「恵泉女学園大学」の学生14人が牙山(アサン)雪華山(ソラサン)の廃金鉱で遺体発掘作業を始めている。
no title

牙山市と韓国戦争期の民間人虐殺遺体発掘共同調査団は去る22日から雪華山(ソラサン)廃金鉱で遺体発掘を行っている。ここには1951年1月頃、附逆(反逆)容疑で不法銃殺された約200~300人の死体が埋まっていると推定されている。

日本の大学生らは作業着に軍手でクワをふるった。遺体発掘ボランティアをするためだ。前日は牙山に到着して夜遅くまで虐殺事件について予習する熱意を見せた。そのためか現場に到着した彼女たちの顔には緊張感があった。

この日、彼女らには密葬地で掘りおこした土砂から遺骨を見つける作業を行った。彼女たちは急な山の斜面の土砂の前に並んで一列に並んで畑を作るように用心深く土砂を扱った。それほどかからないうちに、あちこちから脚の骨や腕の骨など犠牲者の遺骨があらわれた。


日本の学生たちは人の骨に初めて接しながらも誰も恐れなかった。ナカムラ・モモコ氏(26)は「現場に初めて入る時は緊張したが、実際に遺骨に接すると何の拒否感もない」として「冷戦時代の国家暴力によるくやしい犠牲者という事件の実体をよく知っているからのようだ」と話した。

彼女は引き続き「むしろ日本が韓国を強制的に侵奪した余波で分断と戦争が起きて犠牲になったという考えで、日本人のひとりとして歴史に対する責任意識で心が重い」と明らかにした。


ムロタカコ(29)氏も「現場にきて懐かしくて平和な田舎風景に接して遺骨に対すると、韓国の山川ごとに辛い歴史が隠れている、と考えるようになった」として「これらの死の後に日本という国家があるようで心が楽ではない」と感想を明らかにした。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ぴこぐらむ ★2018/02/24(土) 22:57:41.02
「平昌五輪・スピードスケート女子・マススタート・決勝」(24日、江陵オーバル)
デイリー

決勝に進出した日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。銀を獲得したのは、韓国のキム・ボルム選手。キム選手は、19日に出場して敗退した「スピードスケート・女子団体追い抜き」(チームパシュート)のレース後のコメントを巡り、韓国で大バッシングを浴び、20日に涙を流して謝罪会見を行っていた。

この日はゴール後、国旗をリンクに置いて、スタンドに向かって土下座するようにひれ伏して、歓声に謝罪と感謝を示した。

この模様はフジテレビの中継でも放送され、経緯の説明も行われた。ツイッターでは「キムボルム」がトレンド入りし、日本の視聴者からは、笑顔のないキム選手について「銀とっても笑えないのか」「顔が暗すぎる」「切ない」「かわいそうになってきた」「許してやってほしい」との感想が相次いだ。

19日の「追い抜き」では韓国女子チームのうちキム選手ら2人が終盤にスパートをかけた結果、残りの1選手が大きく遅れた。チームワークが重視される競技だが、韓国では試合後のキム選手のコメントが、遅れた選手の実力に言及したように聞こえると批判が起こり大炎上。「国辱」とまで言われる騒ぎになっていると報じられていた。

PYH2018022416160001300_P2

DWzT0hQVoAIRPrz

news_1519483565_696235_m_1

PYH2018022416770001300_P2

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000141-dal-spo

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ